2010年3月28日(日)  ゴルフ、あっというまに上達する極意。

a0064654_10124013.jpgという本をこないだ日本で買った。この本は、良い。3/21の社内コンペが84、今日の社外対抗戦(といってもお遊びだけど)が80。絶好調だ。しかも、今回は、崩れる気がしない。この本のおかげだ。

技術を研鑽するのがベンホーガン本だとすると、この本は、90を切るか切らないかぐらいのゴルファーが、今持っている技術でシングルになれる本。いろいろ実践的な知恵が書いてあるが、僕がこの2日のラウンドで取り入れたのは、たった2つ。

1.スコアを目標にしない。自分の意思で達成可能なことだけを目標にする。

で、その目標として選んだのが、

2.全ショット、落とし場所をピンポイントで決め、そこに意識を集中する。

不思議なもので、これだけでスコアがまとまったのだ。でも考えてみれば良いスコアには理由があるようだ。落としどころに集中するという目標は、ある意味、簡単に達成できる。そこに落ちたかどうかは、問題ではないのだから。そして目標が達成できると気分がいい。気分がいいと良いショットが打てるという好循環。また、落としどころを選ぶと、マン振りが防げる。遠くを狙わなければいいのだ。マン振りしないと、スムーズに打てる。

これらは、本書に書いてあるたくさんのことから、たまたま僕の心に響いたことを採用したもの。読む人によって最適と思われるポイントは異なるだろうからそれを実践してみればよい。

ただし、本の帯には、「書いてあることだけ実践すれば、技術、ヒマ、才能なしでもあなたはでも確実にシングルになれます。」とあるが、これは嘘。ヒマ、才能は、その通りかもしれないが、技術は、確実に必要。初心者がこの本に書いてあることだけ実践してシングルになれるわけはない。

ショットの基本は大事で、それはやはり練習からしか生まれない。

a0064654_10131554.jpg
写真はCoral CC。見えにくいですが、雪を被った山がきれいでした。
[PR]
by gomanis | 2010-03-31 10:14 | ゴルフ


<< 2010年4月1日(木) ~4... 2010年3月24日(水)  ... >>