2010年6月27日(日) ゴルフ、今年前半を振り返って

昨日の会社コンペで、今年前半のゴルフが終了した。つまり、今年が半分過ぎてしまったということだ。月日の経つのは本当に疾い。

今年のゴルフは、満足の行く進歩を見せていると思う。グロス平均が、88.4。これは、マメに記録を取り始めた2003年以来最も良い数字。昨年通年よりも1.9打縮まっている。中身を見ると、改善したのは2点で、100Y以遠のショットとアプローチがそれぞれ0.8打と0.7打改善している。100Y以遠は、主にドライバー。その証拠にFWキープ率が昨年の52.8%から54.4%に上がっている。

技術的には、ベンホーガンの基本に返るのと、ヘッドの重みを感じてクラブを放り投げるようにスイングすることを心がけているのが奏功しているようだ。勿論、前にも書いたが、アイアンを、易しいXXIOに変えたのも大きい。易しいクラブが、スイングを力の入らない、良いものにしている。

他方、進歩が見られないのがパッティング。ここまでの平均は32.3。昨年から0.1打しか改善していない。僕のような寄せワンゴルファーは、これが28とか29でないとおかしいのではないか。問題は、いまだにストロークに安定性、再現性がないこと。転がりが一定でないので、ラインを読んでも実行が伴わない。これが、今、ラウンド中、一番辛いところだ。最近は、とにかくヘッドをボールの先まで走らせて、強い転がりを出すことが癖になるように練習している。転がりが一定になったら、ラインの読みが当たるか当たらないかだけの勝負になる。そうしたらどんなに楽だろう。

もう1つは、メンタルコントロール。これは、永遠の課題だ。いかに最初のホールをボギーで収め、心穏やかにラウンドを始めるか、ダボ、トリ、3パットの後、どうやって速く忘れて平常心を取り戻すか。これは、今後も”修行”が続く。

今年は、70台を5回出すという目標もあるのだが、一度も出ていない。80ちょうどが3回出ているのだが、あと1個のパーが取れない。これなど、明らかにマインドセットの問題。どこかで下手なゴルフをしている。1度、”勝ち方”がわかると割と容易に80が切れるような気がしているのだが。。。

後半戦、最初のラウンドは、今週の土曜日、ホームコースのLa Haciendaだ。楽しみ、楽しみ。
[PR]
by gomanis | 2010-06-29 19:59 | ゴルフ


<< 2010年7月22日(木)松茸ごはん 2010年6月6日(土)これは... >>