今年最後(?)のサンディエゴゴルフ、Temecula Creek Inn

a0064654_232958.jpg日曜日から出張なので、土曜日しかないということで、仲間を募り、Temecula Creek Innに繰り出した。8人、2パーティーで回ったのだが、寒い日のゴルフがこんなに辛いということを忘れていた。上海以来である。この日は朝の最低気温が2度ぐらいで、日が差さなかったので、多分5度とか6度までした上がらなかったと思う。めったに着ない長袖、そして固くなる身体。アイアンはダフるは、パットは距離が合わないで、散々なゴルフとなった。市村操一というスポーツ心理学者の本によると、ゴルフは、反省するより、成功したショットを記憶に刻むほうが上達するそうだが、今日のは、まさにそれ、反省して改善に結びつくことは、ひとつもなかったと結論づけ、都合よく忘れることにした。学ぶ点があったとしたら、10度以下の日は、ゴルフをしない、ということぐらいか。日本のゴルファーの皆さんには悪いけど。。。

a0064654_2322231.jpga0064654_2323187.jpg後半、心和むできごとがあった。同行のI君のクラブカバーだ。何も説明を加える必要はあるまい。可愛くて、楽しい気分になった。

一緒にまわっていただいたO夫妻、I君、ありがとうございました。

あ、ということで、もしかしたら大晦日に最後のラウンドをするかも。気温と体調しだいですね。
[PR]
by gomanis | 2005-12-19 23:00 | ゴルフ


<< 富家(Buga)韓国焼肉 クリスマスパーティー第一弾 >>