大晦日

2005年の打ち収めは、Arrowoodへ。YOSとK君が一緒である。この面子は、どうしても緊張感が漂う。今の爆裂で、1、2を争う二人である。僕も負けてはいられない。

もはや知り尽くしたArrowood、前半42と、ここ数ラウンドの中では出色のでき。アイアンの距離を欲張らず、身の丈なりのゴルフを心がけたのがよかったのだろう。バーディーも出て、大満足のフロント9だった。陽気もよく、健康で1年ゴルフできた喜びなど、噛みしめたりする。YOSは47と出遅れた。K君はさすがの40。

後半、一転、鉛色の雨雲が空を覆いだした。重ね着をし、冷気に備える。スコアのほうもダボ先行で前半の勢いがなくなってしまった。YOSが後半飛ばし始め、逆に名人K君がトラブルに見舞われ、スコアを崩していく。上がり3ホールになってついに、天気予報通り、雨が降り出した。しかも結構、本降り。雨着で体の動きは悪くなるし、手も滑りやすくなり、つらいゴルフとなった。でも、ここ一番で集中できボギーを拾い、なんとか47で抑えた。

最近の調子からいって89は、上出来。YOSが一番よく88、K君が僕と同スコア89だった。

サンディエゴに来て、すっかりゴルフにはまってしまったが、2005年は特に夢中になった年だった。年のなかばでO夫婦、H夫婦という爆裂の仲間がサンディエゴを離れてしまうという悲しい出来事もあったが、新たにA夫婦、K夫婦が加わり、爆裂の付き合いは、一層濃いものになったようだ。

a0064654_332355.jpga0064654_321284.jpg夜は、O家にお邪魔し、刺身サラダ&年越し蕎麦パーティー。Junちゃんのおでんは、とてもおいしかった。カミサンと同期入社のTさんも加わり、にぎやかな会となった。各自、2006年のゴルフに対する抱負を語る。僕の目標は、勿論、今年果たせなかったシングル入りである。頑張るぞー!!

新年のカウントダウンとともにシャンパンで乾杯。新しい年の到来を祝った。


ブログを読んでくださっている皆さん、いつもありがとうございます。今年も読み手のはっきりしないいい加減なブログになると思いますが、ゴルフ狂にして食いしん坊で飲兵衛の独り言にご興味があれば、時々のぞきに来て下さい。
[PR]
by gomanis | 2006-01-01 09:21 | ゴルフ


<< 元旦 再びCasanova、そしてさ... >>