ワカサギのから揚げ

a0064654_205336.jpg魚の揚げたのが好きである。

ワカサギの揚げたのは、子供のころから好きだったし、昔、マクドナルド入っても、ビーフバーガーよりはフィレ・オ・フィッシュバーガーを食べる回数が多かったと思う。今でも鯵のフライは好きだし、Fish & Chipsも好きだ。こっちのなんちゃってメキシカンで魚のブリトーを食べたときにはその香ばしさに思わずメキシカンを見直したりしたものだ。先週A家でご馳走になった鯖のから揚げも薬味の多彩さとあいまってスーパー美味かった。

というわけで、ワカサギが食べたい、ワカサギが食べたいと時に思い出したように、アピールしていたところ、水曜日(理由もなく大呑みの日になりつつある)に、突然、夢は実現した。99だかザイオンで見つけたと言っていたが、人差し指ほどの大きさの立派なワカサギである。頭もワタも取ってあって、まさに僕好み。居酒屋でもあるときはあるが、せいぜい5-6匹しか入ってない。家だと、30匹ぐらいを思いっきり堪能できる!塩をつけたり、レモンを絞ったり、醤油をたらしたり、ポン酢をかけたりしてカミサンと一挙に全部平らげた。

ワカサギのほかに、つまみで豆腐のモロミ味噌漬、これは、義姉からもらった珍味。あまり酒好きでないK君をしてワインを開けさせた絶品である。イカのソテー、野菜ときのこ炒め。

ソーヴィニョンブランも美味かったし、至福の夜だった。
[PR]
by gomanis | 2006-02-06 02:04 | 我が家の食卓


<< Pala Mesa 復活の兆し Steele Canyon >>