Pala Mesa 復活の兆し

a0064654_1523275.jpg日曜日、久々にカミサンとぷらぷらゴルフに行った。行き先は、当日の朝Pala Mesa。最近、割と縁があるコースだ。ロケーションもうちから30分足らずと近い。

2人で回ることになった。久しぶりのことで、前半、カミサンは、気合が入らないと、結構ダボが続いたが、僕は、順調に43。40台前半は久しぶりで嬉しい。パットが18と相変わらずよくないが、パーオンが3つとショットは悪くない。面白いのは、前半のパーが4つのうち、パーオンからのパーは2つ、あとの2つはボギーオンからのパーである。また、4ホールで100Y以遠からのショットでグリーンを捉えており、これも悪くない。アイアンが調子いい。

ところが後半、崩れてしまった。9番ホールから、後ろから追いついてきたSingleがいたのでジョインさせたのだが、これがプロを目指しているという20台前半の若者。ミネソタから来たと言う。さすがに、ドライバーは300Y近く飛ぶし、アイアンは正確だし、パターもはずさないし、めっぽう上手い。今考えると、知らず知らずに精神的影響を受けたのかな。無意識に距離を稼ごうとしたり、無理なショットをトライした場面がいくつかあり、48叩いてしまった。後半、パーオンゼロ、100Y以遠からのグリーンオンもゼロ、しかもアプローチを3回しくじった。グロス91でDifferentialは18.7。シングルの道ははるか彼方だ。


しかし、ショットは向上しつつあるし、気持ちも楽に持てているので、いい成績の出だすのも近いだろう。今週末は、怒涛の2連荘である。あぁ、練習したい。
[PR]
by gomanis | 2006-02-08 15:23 | ゴルフ


<< 干物三種 ワカサギのから揚げ >>