牡蠣土手なし鍋

先週の金曜の夜は、牡蠣鍋だった。ウチで牡蠣鍋というと、クリアな出汁で煮てポン酢をつけて、というのが普通だが、今日は、土手鍋に挑戦。といっても市販の鍋の素らしい。昔、東京で一度だけ新橋かどこかの広島料理の店で本格的な土手鍋を食べたことがあるが、それ以来だ。土手鍋は、土鍋のヘリというか斜面に味噌を塗り、それが時間とともに出汁の中に溶け出すものだと思うが、ウチには土手鍋にに使えるような小さな土鍋はないので、普通のシチュー鍋で代用する。
牡蠣のほかに入れるものは、椎茸、水菜、えのきなど。ぐつぐつ煮えるそばから牡蠣を入れ、野菜を入れる。食べてみると、意外に味噌の味が濃い。しかし、牡蠣は風味豊かでとても美味い。野菜もたくさん摂れて健康的な感じがする。酒は、先日トムさんTomoさんが我が家にきてくれたときにお土産にいただいた、奥の松。福島の酒だが、強いキャラなので、味噌に負けない。ふうふう言いながらあっという間に牡蠣を全部平らげてしまった。ごちそうさまでした。
a0064654_16271636.jpg
[PR]
by gomanis | 2006-02-16 16:27 | 我が家の食卓


<< 有朋自遠方来、不亦楽乎 干物三種 >>