有朋自遠方来、不亦楽乎

a0064654_16505917.jpg去年、サンディエゴからNew Jerseyに引越してしまったH夫妻が遊びに来た。だんなのYさんはシングルの腕前。奥さんのYちゃんは豪快なゴルフをするこれまたゴルフナッツである。土曜日、Yさんの希望でTemecual Creekに集結した。H夫妻滞在先のO夫妻、それにこれまた爆裂オリジナルメンバーのF夫妻とウチの8人である。

ゴルフ場に着いて姿を見つけると思わず嬉しくなり駆け寄る。2人とも変わらず元気そうだ。少し色が白くなったかな。男組、女組で回ることにする。Yさんは3-4ヶ月ぶりのゴルフと謙遜するが、相変わらずドライバーは高弾道でよく飛ぶし、アイアンもびしびし当たる。男4人でスキンズをやったが、適度な緊張感もあり、何しろ顔ぶれを見るだけで昔に戻ったようで、本当に楽しいラウンドだった。
僕のゴルフ分析は、このあとの稿でやります。

夜は、これまたH夫妻の要望で野球鳥へ。ゴルフの8人に加え、もう一組のF夫妻も加わり、一層にぎやかになる。焼き鳥をいろいろつまみながら、大いに飲み、語らい、笑った。こうして一緒にゴルフを通じて知り合った仲間と再会し、ラウンドし、酒を飲むのは本当に幸せなことだ。縁というものを感じざるを得ない。

Yさん、Yちゃん、またいつでもおいで。
[PR]
by gomanis | 2006-02-16 16:51 | ゴルフ


<< じわじわと快感が Temecu... 牡蠣土手なし鍋 >>