Steele Canyon ほっと一息

日曜日、Steele Canyonのトワイライトでプレーした。同行は、カミサンと爆裂のFだんな、それに新しく赴任したばかりのKさん。この日のJamulは、青空が広がっているものの、ちょっと肌寒い天気だった。それでもCanyonの#3, $4, #5, #7あたりから見下ろす下界は燦燦と陽光を浴びて春の訪れを感じさせるのに十分だ。

最近の不調を振り返って、ラウンド前のルーティンを変えた。チェックイン後、まっすぐにレンジに向かわず、まず最初にパッティングの練習、それから球を打つことにしたのだ。単純な変更だが、こうでもしないと球を打つのに夢中になってパッティングの時間がなくなってしまう。

Medowから廻る。出だし躓いてダボ先行となったが、落ち着いてプレーし、44で上がった。途中、難関の#6ブッシュ越えのブラインドPar5で初めてパーを取ったのは嬉しかった。3打目を、グリーンよりかなり右めの安全ゾーンにレイアップするのがこのホールを攻略するコツのようだ。レイアップすると言ってもキャリーで170Yぐらい飛ばさなければならないので、かなりのプレッシャーではある。同行のKさんのコメントは『サディスティックなコースだねー』。

後半、いよいよここの目玉のCanyonにかかる。#1のフェアウェーは相変わらずレンジボールがたくさん落ちていて、自分のボールを見つけるのに苦労する。なんとかして欲しい。
#3打ち上げの182Y Par3、レスキューで上手くワンオンし、パー。#4はブッシュ越え打ち下ろし。右手は山、左手はクリーク、キャリーで200Yきっちり曲げずに飛ばすしかない厳しいホールだが、ここで今日イチのスーパーショットが出て助かった。それでも強いアゲンストに戻され、やっとフェアウェーに届いたのみである。ここも前回の反省から、グリーンの左手、下からアプローチできるところにレイアップし、無事ボギーで上がった。パーが取れなかったのは、下からのアプローチでもグリーンに乗ったあとアンジュレーションに戻され、グリーンの外までこぼれてしまったため。まぁ、上出来。この後も緩急、攻守、上手く使い分けるゴルフができ、43で上がる。合計87は、このコースでの自己ベスト。素晴らしい。

数字的には、ルーティンの変更が奏功したか、パットが30と素晴らしいでき。アプローチも17/19=89%と年間目標通りである。フェアウェーキープ率が61%と少々低かったのが反省点か。ペナルティなし、100Y圏外ショットは38だった。パーオンがひとつ、と地味なゴルフだったが、ダボを数個叩いたほか、大した反省ポイントもなく、Steele Canyon相手に健闘したと言えよう。ちなみにバンカーは、ついに一度も入らず、検証ならずであった。

いい時の成功要因は、心理面だと、改めて実感する。心の安寧がいいスコアを作る。立ち上がりで上手く落ち着いた心持に持っていくことが大切だ。そうすれば今回のようにうまくリズムに乗れる。平静さをかき乱しかねないミスショットはいくつか出るが、それに落ち着いて対処できるかどうかが鍵である。同行のKさんは、パットの名手だが、見ているとOBの後でもアプローチが上手くいかなくてダボオンでも、いつも上機嫌で同じようにパットのストロークをしている。あの境地に至りたいものだ。a0064654_20111427.jpg
[PR]
by gomanis | 2006-04-29 20:11 | ゴルフ


<< Torrey Pines 確か... とろろそば >>