Auld  快挙、初の一桁Differential !!

a0064654_115157.jpgふっふっふ、ついに出たよ、一桁のDifferential。ターミナルの前で子供のようにわーいわーいと飛び跳ねてしまった。

O夫妻との3日め、舞台は厚く雲の立ち込めるAuld。一向に日が差さず、かなり冷え込んだ。このコースの特徴は、ランがたくさん出ることだ。フェアウェーが大変硬く、コースなりに飛んでいけば、距離が稼げる。ということで前練では、とにかくドライバーとウッドがまっすぐ飛ぶようスウィングを調整。ラウンド中のチェックポイントが明らかになり、安心した。時間がなく、アプローチの距離合わせができなかったのが心残り。

#1からドライバーでがんがん飛ばしていく。ここは、Carlton OaksやMaderasと違い、数ホールを除いて基本は攻めだ。#2でバーディーを取ると波に乗り、そのあともパーを4つ、前半40で上がった。後半なかなかパーが取れずいらいらしかけたが、心を鎮め、辛抱強くプレー。#15でやっとパーを取ると、ラストチャージ。#17バーディー、#18パーで後半も41、合計81で上がることができた。

a0064654_1152917.jpg100Y圏外ショットが31と今期新記録。ティーショットが飛んだ成果だ。パッティングも32と、まあまあ。ただ。短いのをはずしたのもいくつかあり、注意しないと頭を動かさないという基本が守られないことがあることがわかった。アプローチが14/17=82%、これが一番悪かった部分か。パーオンのチャンスをアプローチのショートで逃す場面が多々あった。

Mオ君は、前半、若干乱れたものの、後半5連続パーを含み39で上がった。さすが。
カミサンは執着しないゴルフで楽に96。Y子さんは慣れない3連荘で疲れが出たようだ。
最後までよく頑張りました。

それにしてもDifferential8.2は嬉しい。一夜明けても、ドライバーの快感を身体が覚えているのと同様に、心が8.2の喜びを覚えている。それは、ほかほかと満ち足りていながら、さらに攻撃欲をそそる愉悦だ。ますますゴルフにのめりこみそうだ。。。
[PR]
by gomanis | 2006-05-07 01:18 | ゴルフ


<< Redhawk Day4 Torrey Pines Th... >>