Cross Creek なんでこんなに寒いの??

a0064654_143241.jpgカミサンが、右手の筋を痛め、しばらくゴルフを休むことになった。とても悲しい。夫婦単位でゴルフをする人たちとばかりラウンドしているので、1人になると、途端に同伴競技者探しに困ってしまう。

日曜日はうまくYOS & Junちゃん夫妻とOさんと4人になり、Cross Creekへ。最近、Steel Canyon、Carlton Oaks、SCGAの難コースで立て続けに80台が出たので、ここCross Creekもやっつけてやろうと闘志を燃やしていた。ところが、運悪く、空模様がだいぶ怪しい。天気予報では午後から雨とのこと。少し心配しながらティーオフする。ダボスタートとなり、ちょっとめげるが、ここからへこましたことも何度もある。気持ちを切り替えて頑張ろう。だんだん雲が厚さを増していく。日が翳るとともに、気温が下がり始めたのがわかる。半そで、短パンで始めたが、さすがに耐え切れなくなって、上着を着た。ドライバーが右に大きくプッシュアウトしたり、入るはずのパターが入らなかったりと、違和感を覚えながら前半を終える。46。

後半に入ると、いよいよ寒さが増してきた。加えて、山間から吹きおろす風が一層強くなってきた。#10、#11のティーショットでまたもや、しかも連続でプッシュアウトし、ペナルティーを食らう。どうも振り遅れているようだ。気温は10度を切っただろう。感覚としては、いつかTemeculaでがちがち歯を鳴らしながら回った日と似たようなものだ。とても辛い。鼻水が垂れてくる。アドレスで身体が縮んでいることがわかったので、できるだけすっくと立つように心がけたらそれから球筋は改善した。しかし、距離があまり出ない。パターも入れごろの距離がすべて入らず、後半20パット。最後は、雨具のパンツを履き、暖を取る。苦行のラウンドとなった。でも#18の第2打、Rescueで古木と林の間の空間を打ち抜くショットは、快感だった。グリーンを少しオーバーしてしまったけれども、ピンに向かってボールが飛んでいくさまは、美しかった。また、このホールの攻略法がわかったのは収穫。

結局、後半48と崩れ、トータル94で終わった。この天候では仕様がない。天気のいい日に再挑戦しよう。それにしても5月のサンディエゴでこんな寒いとはどういうこっちゃ?? 夏空よ、早く来い!

YOSはショートホールで2バーディ、見事だった。Junちゃんはドライバーが安定し、しかもよく飛んでいた。Oさんは、着実に進歩している。次回以降に期待。
夜は、冷えた身体を暖めようとConvoyの重慶川味へ。カミサンもJoinし、火鍋を囲んだ。

a0064654_1432272.jpg


重慶川味
Dede's Teajuice City 4647 CONVOY ST SAN DIEGO, CA 92111-2329
[PR]
by gomanis | 2006-05-26 14:38 | ゴルフ


<< Major Marketのロブスター Chula Vista 魚鳥屋 >>