Riverwalk ブッチ・ハーマン、あなたは正しかった

タイガーウッズを育てた名伯楽、ブッチ・ハーマンは、良いスコアを出すための条件として、技術より先に、身体を鍛え、体調を整えることを筆頭に挙げている。

会社のコンペで幹事を勤めなければならない、しかし、その日はすでに来客とラウンドの約束をしていた。ダブルブッキングだ。あなたならどうしますか?

a0064654_205214.jpga0064654_20521163.jpg秘策を思いついたときは、自分の創造力にうっとりした。
2ラウンドすればいい!幹事特権で、空港から直行するかもしれない来客とラウンドするのに都合のいい場所にコンペを設定し、朝、早い時間にティーオフし、コンペを完了したあと、来客とゴルフに興じる。完璧な作戦だった。ただ一点を除いては。

最近、出張やらなにやらで忙しく、この日の朝も、どうしてもやってしまわなければならないことがあり、やむなく4時半に起きだした。眠い。そして、いつものごとく、軽い二日酔いで頭がぼんやりしている。一仕事終えて、コンペ会場Riverwalkに向かう。受付を始める前に自分の練習を終えてしまわなければ。

1st ラウンド。いきなりのダボスタートでがっかりだが、気を取り直して前半43で上がる。よくはないが、まだ希望の持てるスコア。しかし、じんわりと寝不足が効いてきていたのだろう。後半、ミッションの一番でブッシュ越えに失敗するとずるずるとダボを重ね、49たたいてしまった。練習ラウンドでここは攻めると決め、それを実践したのだが、結果、フェアウェーキープ率が33%と著しく悪くなってしまった。方向性が定まらなかったのは、腰の切れが悪かったからだ。また、頼みのアプローチもあまり寄らなかったなー。
ともあれ、コンペはこれで終了。いい気になってビールをがぼがぼ飲んでしまった。それは、それで楽しかったのだが。。。

日本からのお客さんを迎え、2ndラウンド。出だし、腰が回りきらず、右にプッシュアウト、赤杭。この後も全体にしゃきっとせず、身体が重かった。また、精神的ににも疲れが溜まり、集中力を欠いていたと思う。結局、1stラウンドと同じ92で上がる。多少の寝不足と二日酔いなんて、ティーグラウンドに立ちさえすれば平気さ、と思っていたが、そう、甘くはなかった。ブッチ・ハーマンは正しかったのだ。

次回は体調も整えて、と言いたいところだが、来週は日本出張、土曜日に戻ってきて日曜日のラウンドになる(カミサンと義母がつきあってくれれば)。今度は時差ぼけとの戦いだ。でも大丈夫、僕は筋金入りのゴルフナッツ。ティーグラウンドに立ちさえすればしゃきっとするはずだ(あれ?)
[PR]
by gomanis | 2006-06-16 21:00 | ゴルフ


<< 義母来訪 アボガドの前菜 >>