Torrey Pines South 時差ぼけゴルフ

日本出張中、K子さんから土曜日3時、Torrey Pines Southあと1人募集中というメールが入り、喜んで参加することにする。LAXを11:30に出たので楽勝かと思ったが、Del Mar Fairか何かやっていてI5が渋滞、家に着いたときには2時になっていた。ありがたきは心優しきカミサンである。何も言わずとも用意万端整えていてくれるではないか。着替え、ゴルフバッグは勿論、ボール、おにぎりとしょうゆ漬け卵。しかもボールは、僕のトレードマークであるぐるぐる(僕と一緒にまわったことのある人は、見覚えがあるでしょう)まで描いてくれていたのだ。運転しながらおにぎりとゆで卵を頬張り、心の中で、ありがとう、頑張って80台出してくるよ、と誓うのだった。

誓ってはみたものの、2週間ぶりのゴルフ、練習も全然していない。時間もぎりぎりになったので、軽くストロークの練習のみで切り上げる。パッティングを練習する時間がまったくなくなってしまった。一緒にまわるT夫妻も、サーフィンの帰り渋滞に巻き込まれ、ぎりぎりに到着、あわただしいラウンドの始まりとなった。出だし、いきなりの4オン3パットでトリスタート。がっかりだ。#2もトリ、#3美しいショートは、左に引っ掛けダブルパー。最初の3ホールで6オーバーボギーという散々な始まりになってしまった。それでもティーショットはそこそこ当たっていたし、気分的には、ゴルフができることだけで楽しかった。時差ぼけでふわふわしており、叩いてもあまり口惜しくない(怒りも湧いてこない)という面白い現象もあった。前半、結局、ここから更に一打落とし52。後半もあまりパッとせず、眠くなってくるし、100切りも無理かというペースだったが、最終18番、運良くバーディーパットが入ってやっと47だった。とてもとても80台が出せるコンディションではなかったね。まぁ、時差ぼけ解消にはよかったかな、というラウンドだった。こんなことを言うと日本にいる人に申し訳ないけど。

K子さんは、ボディーターンの切れが良い。プレーのテンポも良く、構えたかと思うともう打っている。この日もペースよく97、立派である。T君は練習好きの急上昇株だ。身体が柔らかいのでオーバースイングになりがちで、その改造途中のようだ。大いに悩んでください。A子ちゃんとは初めてのラウンドだったが、切り返しのスピードが速く、フィニッシュも綺麗。上手くなるだろうなと予感させるものがあった。K子さん、T君、A子ちゃん、ありがとうございました。

そして誰よりも菩薩のようなカミサンに感謝である。ありがたや、ありがたや。
[PR]
by gomanis | 2006-06-28 12:43 | ゴルフ


<< Double Treeと前半戦総括 麻布ぽん 爆裂飲み会 >>