Encinitas 得意技は伸ばすべし

a0064654_14394196.jpg朝からいただきものの旭川ラーメンを食べ、自信を持ってDifferential 一桁を狙って臨んだEncinitasだったが、87(46,41)、Differential 15.7に終わった。原因は例によっていろいろあるのだが、振り返って分析した結果、得意のLW(ロブウェッジ)の練習不足に根本的な原因があったと結論づけた。

1番ホール、2番ホールと連続パーで好調な立ち上がりだったが、3番ショートホールでグリーンの外、ほんの30Yからのアプローチが短かった。2パットでボギー。6番ミドルホールでも40Yほどを今度はトップし、ピンを大きく越えてしまい、そこから3パット、ダボを叩いてしまった。ともにLWでのアプローチショット、しかも自信のある30-50Yである。これをパーにできないと80台前半は望めない。

LWのミスショットは、連鎖作用を引き起こした。ミドルアイアンでの2ndショットが乱れ始め、多くのチャンスホールでティーショットは良かったのにパーオンを逃した。その結果、この日のパーオンは、わずかに2ホールのみ。前回のラウンドでは9ホール、パーオン率50%を達成したことを考えると、非常に悪いできだったと言わざるを得ない。

この日、パーを取ったのは7ホール。内訳は、パーオンから2パットが2つ、寄せワンが5ホールである。この5ホールのうち、LWは1つのみでその他は、全てAWでの転がしである。転がしの距離感が良かったのと対照的にLWが悪かった。

やはり、得意技を伸ばし、更に、できれば得意技を増やすのがシングルへの近道だろう。

a0064654_14422390.jpga0064654_14403712.jpgラウンド後は、一緒にまわったKさんx2とClaremont Mesaにある巴人重慶川菜で晩御飯。Junちゃん、YOSの夫婦も合流し、にぎやかな食卓となった。ここに来るのは二度目。

今日のオーダーは、罎子肉(豚肘の壷煮)干鍋大蝦、葱爆牛肉、塩煎肉、香炒A菜。罎子肉はとろとろとした肉にエキスの染み出したスープが美味かったが、そのほかは今一。揚げ物がからっとしていないのが、この店の難点か。前回もそう思ったのだけれど。Convoyの重慶川味も感動するほどはおいしくなかった。四川料理は、難しい。
[PR]
by gomanis | 2006-08-04 14:45 | ゴルフ


<< Cross Creek 辛くも... 海老とホタテとパスタとマニス >>