8月18日(金) プチ夏休み Day 1 Torrey Pines North

a0064654_13293698.jpg仕事が一段落ついたので、遅ればせながら、一日ばかり休みを取って、楽しむことにした。カミサンがつきあってくれないので、一人でTorrey Pinesへ。久しくプレーしていないNorthを選ぶ。

ばらばらに来たアメリカ人3人と一緒の組になる。1番パー5の2打目がラフに行ってしまい、見つからない。大して難しいエリアとも思われなかったのだが、ラフは結構深く、残念なことにロストボールになってしまった。こういうとき、一人で来ていると大変困る。皆、知らない者同士なので、冷たいこと冷たいこと。誰も一緒に探してくれやしない。結局このホール10で上がる。いきなり4オーバーボギーだ。

自分でえらいと思ったのは、これでめげず、最善を尽くそうと、一所懸命にプレーしたことだ。 ドライバーのできは、全くよくなかったが、左右にぶれず、フェアウェーキープ率だけはよかった。また、アプローチとパットが好調で、地味ながら、丹念に寄せワンを拾っていった。

上がってみれば2番からは6パー、11ボギー、ダボなしの88。Differentialのほうは、最初のホールが2打アジャストとなり、86で12.3。一応“勝ち”と言える範疇に帰結した。前に、今の技量では、無難に始め、アンダーボギーを重ねていくしか勝ちパターンはないと書いたことがあったが、こういうパターンで“勝った”のはとても喜ばしい。今後の励みにもなるだろう。

今日のゴルフのもうひとつのテーマは、“身体いじめ”だった。朝5キロを走ったあとプルカートでセルフでまわると身体はどう反応するか、実験したかったのだ。もちろん、初めてのことだ。結果は、上り坂など、辛いところもあったが、割と楽に完走できた。スイングも、腰の切れが悪くなるなどの現象もなく、影響は見られなかった。これも嬉しい収穫だった。

a0064654_13301544.jpga0064654_13303585.jpg晩御飯は、庭でBBQ。コロナビールに椰子の木のある風景、最高である。カミサンの今日の創作メニューは、椎茸に梅干と何かをつめて刻み海苔を載せ、BBQで焼くというもの(何かは忘れた)。焼き時間はごく短く。椎茸がしっとりしているうちにいただく。さっぱりとしていて、きゅぅっと酸味も効き、しゃれた前菜となった。ほかには、海老の香味焼き。これは、最近定番になりつつある、オリーブオイル、香味野菜に漬け込んだ海老。ビールにもワインにも合う旨いつまみだ。





a0064654_13352091.jpgメインのステーキを食べていると、浦野絵須子さんから電話。餃子を作ったのでおすそ分けしてくれると言う。これは、ラッキー。最近、久々に絵須子さんの手料理が食べたいなどと勝手なことを言っていたばかりだったのだ。塀越しの受け渡し。これが、なかなかご近所さんならではで、よいのである。白い皮に焦げ目が食欲をそそる。醤油とラー油のたれで、カミサンとぺろりと平らげた。お味のほうは、勿論、絵須子さんのことである、裏切らない。大変おいしゅうございました。

中断していたステーキの残りもおいしく食べ、ほろ酔い気分で中に入る。ソファでマニスを侍らせ、背中など撫でているうちに金曜日の夜は更けていく。
[PR]
by gomanis | 2006-08-22 13:43 | ゴルフ


<< 8月19日(土) プチ夏休み ... 8月11日(金) 納豆チャーハン >>