2006年8月25日(金) BBQ

a0064654_225831.jpg夏は、なんと言ってもBBQだ。
サンディエゴに引越して来たときに、思い切ってBBQオーブンを買ってよかった。
夕刻、まだ日のあるうちにコロナビールの栓を開け、チップスなど齧りながら塀の外を見やると、青空に椰子の葉が揺れている。何度経験しても、この光景の中に自分がいる幸せを噛みしめる瞬間だ。



a0064654_2254056.jpg今日のBBQは、長期出張に来ているA君の慰労が主目的。裏のD家(浦野サム、絵須子さんとそのご子息Rの一家)と共同でやる。

前回やってカミサンも僕も超気に入った、海老とホタテのイタリア風漬け込みで始める。素材の風味を損なわない程度にオリーブオイルと香味野菜が効いていて、旨い。Rが海老が大好きだというので、僕のを一個分けてやる。

肉は、Rib EyeとFiletの2種類を用意。肉をおいしく焼くのは、なかなか難しいものだ。電子レンジで急速解凍したばかりの肉をおいしく焼き上げるのはとても難しいので、うちでは常温で時間をかけて解凍しておく。この状態の肉で、強火で5分、ひっくり返して弱火で10分焼くと、ミディアムレアに焼き上がるというのが経験則だ。この間、ふたは閉めたまま。もっと上手い焼き方をご存知の方がいたら是非教えてもらいたい。

ソースは、韓国スーパーで買ってきた焼肉のたれと、醤油の2種類。焼肉のたれは、コクがあり、甘みもあって勿論美味い。しかし、ホースラディッシュに醤油を垂らし、肉片に載せて食べるのもさっぱりして悪くない。ホースラディッシュの清冽な香りの後に肉の甘みが広がる。特にFiletにはこちらのほうが合うようだ。

a0064654_226766.jpga0064654_2261796.jpgサイドディッシュには、浦野絵須子さんが作ってくれた茄子のアンチョビ炒めとカミサンのサラダ。茄子は、ニンニクがまぶしてあり、とても香ばしい。サラダは、イエローペアという小さいトマトとアスパラガス。色合いが鮮やかだ。

さらに主食には絵須子さんがキムチチャーハンを作って来てくれた。ご本人は失敗作と謙遜していたが、なかなかどうしておいしかったですよ。


a0064654_2265464.jpgワインも十分いただき、お腹がいっぱいになった。気がつくと、あたりはすっかり宵闇に覆われ、空には星が光っている。カミサンが家に入って何かやっているかと思うと、ろうそくの灯ったケーキを持って再登場。実はこれ、数日前に誕生日を迎えた浦野絵須子さんのためのSurprise!の演出だったのだ。ストロベリーショートケーキにバラのデコレーション。絵須子さんもとても嬉しそうだった。

Labor dayをもって夏は終わりとされているようだが、サンディエゴに関しては、まだまだ80度以上のカンカン照りの日が続く。BBQオーブンはしばらく庭の真ん中に出したままにしておこう。
[PR]
by gomanis | 2006-09-10 02:29 | 我が家の食卓


<< 2006年8月27日(日)  ... 2006年8月23日(水) 手... >>