2006年10月28日(土) Salt Creek 魚鳥屋

a0064654_14423595.jpg11月1日付けのSCGA H/C indexが出た。12.3と一歩後退。一桁台が消えてしまったのが痛い。感触はいいのだが、今一、好成績に結びつかない。

土曜日は、F家と一緒にSalt Creekへ。4人で気楽なラウンドだ。トロントから帰ったばかりで、サンディエゴの抜けるような青空と、ぽかぽかと身体に優しい陽光がことさらありがたく感じられる。

ドライバーからパターまで、全般に練習の成果が出て調子が良く、今日は悪くても80台前半かと思ったのだが、終わってみると92(48,44)、目標とした81と比べると11打よけいに叩いている勘定だ。どこで無駄に叩いたのか。

まずは、前半6番、鉄塔に向かって打つロングホールで9を叩いたことが挙げられる。ここは、チャンスホールで、最低、パーは取らなければならないところなので、まず、ここで4打、無駄に打っている。次に9番の打ち上げパー4。ここで8叩いてしまった。ここはインデックス1の最も難しいホールなので、ボギー予定。つまり、3打よけいに叩いたことになる。この2つのホールだけで、予定より7打オーバーしていることがわかる。技術的には、両ホールとも、ティーショットのミスが原因だ。引っ掛けとトップがそれぞれ罰打を招いた。テンポが狂ったのがそもそもの原因で、これを克服するのが、目下最大の関心事。

後半もショットは安定し、特に15番から18番まで4連続パーオン。しかし、そのうちパーを取れたのは2ホールのみ。情けない。16番では、2オン3パットでボギー、17番ではなんと1オン4パットでダボ。この2ホールのパッティングで3打無駄にしたという認識。ここまでで10打損した勘定なのだ。残りの1打のギャップは、上出来のティーショットで120Yぐらいまで行ってからパーオンできないホールがいくつかあったので、それらに帰するとしよう。

技術的には、かなりいい感じに仕上がって来ていて、ちょっとしたことで、目標値は達成できる自信のようなものがついてきたので、次のラウンドが楽しみで仕方がない。

ラウンド後は、せっかくここまで南下してきているということで、魚鳥屋へ。F家は初めてだそうな。相変わらず閑散としているのが残念だ。立地が、なんといっても不利だ。グリーンサラダ、トマトサラダ、どれも盛がいい。自家製ぬか漬けがあるというので、頼んでみると、これも大変いけた。納豆揚げは、油揚げで納豆を包み揚げた創作料理。ゲソ唐揚げは、皆が絶賛する美味さだった。a0064654_14425942.jpga0064654_14441257.jpga0064654_14443624.jpga0064654_14444881.jpg次に、ねぎ間、ハツ、レバー、つくねと焼き鳥に移る。前も書いたが、やはり、この店は美味い。肉の質が良いのだ。焼き加減もちょうど良い。前回はちょっと塩辛い感じがしたが、今日はそんなこともなく、いい塩梅である。手羽先、ちくわ磯辺揚げなども食べる。最後に主食を頼む。僕は、炒飯、他の3人は、『ぶっかけうどん』を注文。炒飯もぱらっと仕上がっていて、結構お腹が一杯だったのに、ぺろりと平らげてしまった。『ぶっかけうどん』は、うどんに生醤油たれと具(なめこと大根おろし)をかけたもの。うどんに腰があり、抜群の食感だった。たっぷりと飲み、食べ、極楽気分で帰館。Fさん、Kさん、ありがとうございました。


居酒屋 魚鳥屋
Izakaya Totoya
1335 3rd Av , Chula Vista, CA 91911
619-476-1400
[PR]
by gomanis | 2006-10-31 14:49 | ゴルフ


<< 2006年10月29日(日) ... 2006年10月27日(金) ... >>