2006年11月4日(土) 牛肉の白ワイン煮

a0064654_15574739.jpgいやいや、東海岸から帰って来るのは大変だ。朝6時半(サンディエゴ時間3時半だよ)にホテルを出て、家にたどり着いたのが午後2時半(ニューヨークはもう5時半だよ)。フライト時間が長い上に、今日は、飛行機のメカニカルトラブルにも見舞われ、一度乗った飛行機から下ろされ、別のに乗り換えさせられるという目に遭った。身体は疲れていたが、今日は土曜日だ!昼寝の後はいそいそとLake Hodgesの練習場へ。何発かいいショットも出て、心地よい打感とともに帰宅。

出張から帰った日の楽しみと言えば、カミサンの手料理だ。今夜は、前菜が、クラッカーに茄子で作ったディップとフォアグラペースト。それから、マッシュルームににんにくとパセリバターソースを載せてオーブンで焼いたもの。このにんにくとパセリバターソースというのは、エスカルゴに使われるソースだと思うが、食欲をそそるいい香りがする。それがマッシュルームの風味をあいまって、なんともリッチな味わいになる。今日のワインは、Junちゃんに教えてもらった取って置きのNapaのカベルネ、Shaferで乾杯し、ほっと一息つく。a0064654_15581661.jpg

メインディッシュは、牛肉の白ワイン煮。初登場メニューだ。比較的クリアなスープに浮かんだ牛肉の塊。スープには、にんじんと、みじん切りにしたたまねぎがふんだんに入っている。カミサンが、にんじんがいい味に仕上がっているというので、肉の前ににんじんを味わってみる。普段は、まったく気にも留めないにんじんだが、こうしてみると、確かに味わい深い。オリジナルの甘みが味わえるのだ。主役の肉は、柔らかく、ジューシーだ。肉そのものの味を堪能するには、良い調理方法だろう。

Shaferを飲み干し、泥のように床につく。極楽、極楽。
[PR]
by gomanis | 2006-11-08 15:58 | 我が家の食卓


<< 2006年11月5日(日) R... 2006年11月3日(金) ニ... >>