2007年2月23日(金) 今週の食卓から

a0064654_159998.jpga0064654_1592522.jpg今週もおいしい料理がたくさん食べられた。まったくもって幸せなことである。

火曜日は、出張から帰りの夕飯。出張から帰った夜は、ご馳走の確率が高いような気がする。
ひらめのカルパッチョ。出張中肉が続いたので、今日は魚が食べたい、とのリクエストに応えてくれて、今日は魚介類コースだ。ひらめは薄味でとてもヘルシーな一品。オクラのガーリック炒め。僕はオクラが大好きなのだ。あの程よいネバネバと細身を齧る食感が良い。ガーリック炒めにすると、四川料理の干扁四季豆(インゲンのぴり辛炒め)に相通じる味になる。彩りも鮮やかだ。アサリの酒蒸。定番だ。身の大きさもほどよく、スープも大変美味い。殻で掬って飲むと、一層、磯の香りがするようだ。

この日、秀逸だったのは、イカのソテー。赤黒いソースが絡まっていて、イカ腸(ワタ)と一緒に炒めたような、こってりとした奥深さがある。どうやって作ったのかと感心して訊くと、秘密はオリーブペーストにあった。オリーブペーストとガーリックも使って炒めたのだそうな。ふーむ、これは、これは、美味い料理法を見つけたものだ。

a0064654_1594970.jpga0064654_20543.jpg一点だけ残念だったのは、ワイン。先日、風邪を引いたときにCVS Pharmacyへ風邪薬を買いに行ったら、Pinot GrigioとMerlotが なんと$1.99でSaleになっていたので、衝動買いしてしまったのだ。このPinot Grigioを開けてみたのだが、やはり値段なりの貧弱な味で、結局、ビールに切り替える羽目になった。あまりに安いワインは、それなりの味ということか。Merlotはどうだったのか? このあと出てきます。






金曜日は、昼間、カミサンが、友人の送別ランチを家ですることになり、相当時間をかけてオックステールの煮込みを作っていたので、夕食は、僕もそれを食べられることになった。

前菜は、最近、ヒット続きのサーモン巻きのサラダ。今日の具は何だろう?薄い黄色だ。クリーミーでコクのある不思議な味。カミサンに訊くと、クラムチョップ(アサリを細かく刻んだものか)とゆで卵で作った具材だという。これも、また、上手いことを考えたものだ。サーモンの香りとあいまって、大変リッチな味に仕上がっている。緑の野菜と一緒に食べるとちょうどよい。

a0064654_203521.jpga0064654_204892.jpgメインのオックステール。僕は、このこってり系の煮込み、シチューに目がないのだ。肉はとろとろに煮込まれており、ソースがたっぷり染みていて、旨い。オックステールというものは、大変多くの脂肪を含んでいるそうで、長時間煮ながら、表面に浮いてくる脂を300CCも捨てたのだそうだ。そうしても、これだけしっかりした、コクがある。コクのもう一つの秘密はワインだそうだ。赤ワインを一本使ったそうな。そう、前述のMerlotはこれに使われたのだ。賢明なカミサンは、Pinot Grigioの経験から、このMerlotも飲めたものではないと判断したのだろうな。ま、正解であろう。オックステールの煮込みには、もう一つ、技があり、こってりソースを中和するために、なんとかというエグミのある野菜が入っている。見た目は赤キャベツのような感じだが、別のものだ。名前は、教えてもらったが忘れた。これも奏功し、バランスの取れた、大変旨い煮込みに仕上がった。僕は、誘惑に勝てず、ソースまで全部飲んでしまった。ごちそうさま。

今週のビッグな出来事と言えば、僕がカミサンの誕生日を忘れていたことだろう。これだけ、いろいろ料理を作ってくれるなど、大変よくしてくれるカミサンをとても悲しませてしまった。痛恨の極みだ。世の奥様方からも非難轟々であろう。今夜は、ちょっと遅れてしまったが、改めてBirthday Dinnerだ。絢爛豪華な晩餐の話は、明日にでも。
[PR]
by gomanis | 2007-02-25 02:06 | 我が家の食卓


<< 2007年2月24日(土) M... 2007年2月18日(日)Su... >>