2007年7月16日(月) ホールインワン! そして自己ベスト更新!

“2007年7月9日(月) 残された時間はあと2ヶ月。悲願のシングル入りなるか!?”

というタイトルで

“早いもので今年も半分が過ぎてしまった。前半は、一時あれよあれよという間に下手になり、どうしたことかとおろおろしたが、後半になって禅ゴルフなどの本にも助けられ、調子を戻してきた。7月1日のSCGA Indexは11.7と、ほぼベストに近いところにいる。

そうこうしているうちに転勤が決まってしまった。離任日は8月31日。行き先はまだ明かせない。”

などと書き始め、いつものようにドラフトのまま放置しておいたところ、天地を揺るがすような(ちょっと大げさかな)大きな出来事が続けて起きた。

a0064654_15231813.jpgその一。7月11日(水)、カミサンがホールインワンをやってのけた。Cottonwoodsの3番ホール138Yを7Wで打ったのだそうだ。めったに会社に電話をしてこないカミサンが、急にかけて来て、開口一番、『ホールインワンが出た』と、言うので、聞いたこっちが『えぇー!!!』と驚いてしまった。カミサンは、とても冷静な人なので、今回も、電話の口調は、極めて落ち着いたものだった。むしろ僕や、一緒にその場に居合わせた“みんゴル”の仲間の反応を見て、徐々にことの重大さを実感し、興奮してきたのだそうだ。彼女らしい。その晩は、一緒に廻っていた仲間全員にお付き合いいただき、富家(Buga)でお祝いをした。これでカミサンのゴルフ熱が一度でも上昇してくれれば、とても嬉しい。

席上、ホールインワンと70台を出すのはどっちが嬉しいかという話になり、意見が分かれた。ホールインワンは、確率的には10,000ラウンドに一回か何かしか出ないらしく、希少価値から言えば、はるかに上らしい。一方、僕は、一発勝負のホールインワンより、70台を出すほうが嬉しいと意見を述べた。

そんな話をしていたら、

a0064654_15234088.jpgその2。7月15日(日)、今度は僕が自己ベスト更新。77(38, 39)の快挙!!!
場所はRancho Bernardo Inn、爆裂蟹コンペという絶好の舞台だった。同伴競技者は、TomoさんとK川君。前日、Encinitasの後半で39が出て、調子は非常に良かった。この日の朝は、Lake Hodgesへ行き、ショートアイアンを中心に軽くウォームアップ。あとはドライバーの方向性の確認。本番が始まると、いきなりのバーディースタート。後は、波に乗り、パー、パー、と続き、途中、ちょっともたついたものの、前半38で上がることができた。後半は、ボギー、ボギーで始まったが、そのあと巻き返し猛チャージ、最終18番をこの日2個目のバーディーで上がり、39。合計77。80を切ったのは、人生2回目。しかも前回はEast Lakeの、しかも白からで79だったので、エライ違いだ。SCGAのDifferentialは歴代ダントツ1位の5.8。嬉しくて嬉しくて、もう、恥も外聞もなく、会う人ごとに自慢しまくっている。昨夜は気持ちよく眠れたが、夢の中で何度スコアの浮沈のプロセスをホールを追って反芻したことだろう。それはそれは甘美な一夜だった。

このラウンドだけでなく、最近のゲーム、ショットについて、思うことを技術的側面を含め、稿を改め記録に残しておきたい。今週、時間が取れるかなぁ。

ここで話は冒頭に戻るが、これでTrend Indexは10.7となった。あと2回、一桁のDifferentialを出せば、念願のシングル入りだ。スケジュールを見ると、残りの日々、残されたラウンドは7~9回。サンディエゴゴルフの集大成と思って頑張ろう。皆さん、是非、応援よろしくお願いします。
a0064654_15235771.jpg
[PR]
by gomanis | 2007-07-17 15:29 | ゴルフ


<< 2007年7月13日 Brig... マニスの頭の中は? >>