2007年9月23日(日) Heron Bay ~お気楽アメリカンゴルフ

a0064654_456235.jpg会議の前に一日早くマイアミ入りし、会社のトーナメント参加。なんと今回で第136回目だという。毎月一回の開催としても11年以上続いている勘定になる。どこにもゴルフ好きはいるものだ。そして、その輪に昔からいるような顔をして溶け込む僕も相当のナニだ。

会場は、マイアミ空港から北に45分ほど走ったところにある、Heron Bay。昔は、PGAのツアーも行われたという本格的コースという触れ込みだが、改造されたのだろうか、リゾートサービスコースという印象だった。コース全体は、まっ平ら(これは、フロリダは、どこもそう)。芝の状態は、とても良い。コースの名前からして水がたくさんあるかと思ったら、ほとんど絡んでこない。むしろ、最大の障害は、98あるというクロスバンカー。ティーショットは、正確さが求められる。右にずれても左にはずしてもバンカーに入るように設計されている。あごのないクロスバンカーではあるが、入れてしまうと当然、パーオンは難しくなる。

かく言う僕もバンカーに入れまくり、なかなかスコアが伸ばせなかった。言い訳すると、貸しクラブであったので、ドライバーの癖を把握し、補正するのに時間がかかった。ナイキのIgniteというドライバーだったが、上から見ると、重心距離が長そうな馬面だ。つまり、普段使っているミズノMP001より、ヘッドが返りにくいのだ。そのせいで、ボールが、右へ、右へと出て行く。後半、インパクトにかけてかなり右脇を閉めるように腕を目標方向に伸ばすことを意識したら、ようやくヘッドが返りドローが出るようになった。あとは、ウェッジが、距離が合わず、寄せワンの機会があまり得られなかった。これは、慣れ親しんだウェッジで、しかも練習してないと、やはりなかなか寄らない。パートライは、わずか7ホール。スコアは、結局91(47,44)。Differentialは20.2と出たので、やはり、80前後で回らなければならないコースだったのだ。

a0064654_4562084.jpgただし、トーナメントのほうは、準優勝。馬券も獲得した。ウッシッシ。トーナメントは、面白い方式で、僕のような初参加者は、ハンデ54でティーオフする。ただし、途中、ホールごとのスコアでハンデが減っていく。ダボで-1、ボギーで-2、パーだと-3、バーディーは厳しく、-6となる。つまり、仮にすべてボギーならばH/Cは54-36=18となる。この場合、Grossは90なので、Netは72になる。全部パーの場合は、H/Cは54-54=0となり、グロスは72だから、Netはやはり72になる。半分パーで、半分ボギーの場合は、H/Cは54-45=9、この場合のGrossは81だから、Netは、やはり72になるのだ。要するにスコアが18ホールすべてパーからダボの間に収まっていれば、Netは必ず72になる仕組みになっている。僕は、バーディーは獲れず、トリも叩かなかったのでNet72となり、他の人があまり良くなかったので準優勝できたわけだ。優勝は、このトーナメントでH/Cを持っている人でNet70、二打差だった。

この日の空模様は、朝から怪しげな雲行き。いつスコールが来るかと不安だったが、幸い、最後まで持ち、快適なラウンドとなった。サンディエゴを出て以来、初めてのまともなパー72、18ホールのラウンドで楽しかった。おまけにカートでフェアウェーにもがんがん入れ、身体の楽なこと楽なこと。ホテルに帰って身体をもっと動かしたくなり、ジムで40分走ってようやく落ち着いたほどだ。やっぱりアメリカンお気楽ゴルフもいいな。
[PR]
by gomanis | 2007-09-27 04:56 | ゴルフ


<< 2007年9月29日(土) マ... 2007年9月22日(土) C... >>