2007年10月13日(土) 乾季到来!Chiluca攻略宣言

a0064654_23513495.jpgいやー、長かった、メキシコシティーの雨季。
10月に入り、ようやく雨が降らなくなり、更に、水はけの悪いChilucaもやっと下が乾き、普通にPar72でできるようになった。秋晴れの空の下、ボールがちゃんと転がって行くのを見るのがこんなに心弾むものだとは知らなかった。

先週の日曜日、今週末の土曜日と2週連続で、ホームコースとなったChilucaでラウンド。スコアは、非常に悪い。先週が98(49, 49)、今週が92(46,46)。原因は、練習不足でショットが下手になったことと、コースがよく理解できていなかったことの2点。

メキシコに来てから、打ちっぱなしというものにまだ一度も行っていない。もともと苦手なアイアンを中心に、悲しくなるほどショットが下手になった。ボールを芯で捉える確率が極端に低く狙った距離が出ない。また、スコアメイクの武器だったウェッジが寄らない。特に微妙なタッチを必要とするピッチショットが悪い。でも大丈夫。アイアンのフルショットについては、この間読んだ雑誌に書いてあった打ち方に変えたところ、今週から劇的に改善した。もう少し打ち込めば、ロングアイアンまで打てるようになるだろう。寄せは、ラウンド前にもう少し早めに行って練習するしかないが、練習すれば、確実に勘を取り戻せることは、経験上、よくわかっている。

コース戦略について。昨日のスコアを見ると、問題点が浮き彫りに。100Y圏外からのショット41はひどい。先週も39だったので、これがスコアメーキングの障害になっていることは明らかだ。100Y圏外ショットは、普通は36(Par4は2打目で、Par5は3打目で100Y圏内に送り込むのが標準、ショートホールは、ティーショットのみ)だから、これが36を上回っているということは、ミドルホールの場合、2打を終わってもボールを100Y圏内に送り込めていないということを意味する。この原因を考察したところ、コース戦略が欠落していることに思い当たった。コースを理解していないために、ティーショットを、打っては行けない場所に打っているのだ。Chilucaの場合、打っては行けない場所とは、ずばり木の下。フェアウェーをはずすと、木の枝の下に入ったり、斜面からラフまで転がって、グリーンが見えないところに止まったりして、2打目は出すだけ、というホールがたくさんある。これらのホールのティーショットを、なんでもかんでもドライバーを使うのでなく、ユーティリティーやアイアンなどの短いクラブで、タブーゾーンをかわして行くだけで、4打や5打縮まるだろう。また、数字には現れないが、パー5でも、1打目をレイアップすると、却ってパーオンの確率が高くなるホールがいくつかあることがわかってきた。

アイアン、寄せ、コース戦略。この3点セットが揃うと、Chiluca攻略は見えてくる。今からは、ポカポカ陽気の秋空、冬空が続くことが期待される。待ちに待った楽しい時の訪れだ。
[PR]
by gomanis | 2007-10-15 23:50 | ゴルフ


<< 2007年11月17日(土) ... 2007年9月29日(土) マ... >>