2008年3月17日(月) サンディエゴに帰ってきたゾ!! Vol. 4 1ラウンド1時間45分、22ドル!

a0064654_10384863.jpg月曜日は、カミサンはDesert HillsにあるOutletに買い物。僕は、買い物は苦手なので、その途中にあるPGA of Southern California Golf Club (今はEast Valley Golf Clubと改称したらしい)で一人でゴルフ。ここに来るとMオ君を思い出す。Mオ君と二人で回ったこともあったし、夫婦で2ラウンドしたこともある。懐かしいなぁ。
その名の通り、PGAが何らかの形で絡んでいる本格的なコース。遠くに見える雪山が綺麗だった。Legendsとthe Championsとふたつコースがあり、僕は、当然、難しいほうのthe Championsを選ぶ。

午後1時半のティーオフ。目論見通り、1人きりのラウンドだ。しめしめ。今日は、やってみたいことがあった。それは、リスクを恐れず、がんがん攻めていくキャラと、戦略的にハザードを避けながら攻めるキャラと、1人で2球ラウンドをすることだった。普段は、戦略的に行くタイプなので、攻めるキャラがどう出るのか、どちらが勝つのか大変興味深く、このアイディアを思いついたときには、思わずうっとりした。

アグレッシブに攻めていくキャラ(A君としよう)は、バンカー、ウォーターハザード、崖等一切恐れず、残りの距離だけで番手を決め、打っていく。戦略的なキャラ(S君)は、たとえば150Y以上でグリーン周りにバンカーがあれば手前から刻んでいく、一打失敗したらとにかくフェアウェーに出す、というようにコンサバにコンサバにゲームをすると決めてスタート。

出だし、1番ホール、A君のボールもS君のボールも同じぐらい飛んでフェアウェー。残り距離は160Y、グリーンは、ガードバンカーでしっかり守られている。A君は、5番アイアンで強打、しかし、ちょっと右にそれてバンカーにつかまった。バンカーから一発で出ず、4オン2パットのダボ。S君は7番アイアンで花道にレイアップし、LWでピンそば1歩に付け、見事寄せワンパー。この感じでS君の圧勝かと思われたが。。。

結果は、S君が96(47, 49)、A君が95(50, 45)。ま、どっちも冴えないと言えばそれまでのスコアだが、A君が意外にまとまったのが驚き。各項目の数字を見ても、それほど差がない。気がついたところでは、ペナルティーは、むしろS君のほうが多かった。これは、ボールが、行くはずのない赤杭に入ったりした技量の問題だから仕方がない。それからGIRもパートライの数もA君のほうが勝った。普段から、もう少し思い切ったゴルフをやってもいいのか、というのが、結論と言えば結論。ただし、反省点として、S君とA君のゲームプランにそれほど差がなかったというのも残った。たとえば、150Y打ち上げパー3、グリーン左に深いバンカー(入れてはいけないバンカー)という場面で、オナーのA君が6番アイアンでピンをデッドに狙って行ったがバンカーにつかまった。このとき、S君の選択したのはやはり6番アイアン。ピンの右を狙ったのが違いだったが、引っ掛けてやはりグリーン左バンカーにつかまってしまった。このホール確かA君が6、S君が8だったと思う。戦略に徹するのであれば、絶対にバンカーに届かない7番とか8番で刻み、寄せワンを狙うのがS君にさせることだったかも知れない。

18ホール、2人分のスコアをつけながらゲームを進行していくのは、結構頭の疲れる作業だった(いろいろ記録を取りながらプレーするので)。それから、グリーン上でも、旗の取り扱いとか、マーキングとか、全部一人でやると、面倒な場面がたくさんあった。これらも一因となって、特に後半、2人のゲームプランに段々差がなくなって行ったのかもしれない。

ともあれ、このゲームのおかげで、前の組をいらいらしながら待つこともなく、思う存分ゴルフに浸ることができた。ちなみにこの日のラウンド時間は、3時間半、2ラウンド分やったことを考えると1ラウンドあたりの所要時間は、1時間45分だ。グリーンフィーは平日料金で$45だったので、1ラウンドあたり$22.5。かなりお得なラウンドとなった。
[PR]
by gomanis | 2008-03-24 10:38 | ゴルフ


<< 2008年3月18(火) サン... 2008年3月18日(火) サ... >>