2008年9月30日(火) 札幌 鮨の福長(ふくちょう)

a0064654_9382952.jpga0064654_9392676.jpg
a0064654_9413757.jpg北海道旅行のフィナーレにふさわしい素晴らしい鮨だった。前菜で秀逸だったのは、白子とするめ烏賊の活作り。白子は、さっと湯通ししたもの。その甘いことと言ったら。。。 烏賊は、綺麗に透き通った活烏賊を生簀から出し、その場で捌いてくれる。エンペラと身は細切りに、脚は一本一本切り離し、長皿に盛られる。ぴかぴか透明に光る身は、魅惑的だ。腸(ワタ)は、直径1センチぐらい、輪切りにして、身の上に並ぶ。板さんいわく、新鮮でないと腸をこのようには切れないそうだ。どろっと溶け出してしまうとのこと。このように輪切りにされた烏賊の腸を食べるのは、勿論、初めてだ。生姜醤油につけていただくのだが、ねっとりと濃厚で芳醇な味だ。絶品。身の方は、こりこりしている。普通の烏賊の刺身のようなどろっとした感じは微塵もない。身が、きりっと立っているのだ。脚は、醤油皿につけるとビクンと動く。活きているわけではないが、新鮮であるがゆえの生体反応とのこと。3人で一杯の烏賊、かなりの量だ。

a0064654_942528.jpg嬉しいことに、この店には馬糞ウニがあった!今回の北海道旅行は、馬糞ウニを食べたいというのがそもそもの動機だったから、ついに念願がかなったわけだ。9月以降、馬糞ウニがなくなるわけではなく、日本海側で禁漁になり、供給量が極端に減るのだそうだ。でもここの店では、ありますよ、とこともなげに言う。まずは、塩水に浸したものを贅沢に小さじで掬っていただく。オレンジ色の、ムラサキと比べると身が締まった濃い味だ。

板さん自慢の飯蛸もいただく。湯で加減にノウハウがあるとのことで、柔らかくておいしかった。


a0064654_9431768.jpga0064654_944079.jpg
熱々のひれ酒にうっとりしながら握りに行く。お奨めに従い、ししゃも、さんまの青魚から。ししゃもの鮨というのは、生まれて初めてだ。いわく、本州の人はメスの卵をありがたがるが、地元北海道では、オスのほうが脂が乗って美味いとされているとのこと。この鮨も、オス。光もの特有の香りがあり、身は、確かに脂が乗っている。美味いものだ。カミサンは、これらに加え、かまトロを食べる。これも霜降りで美味そう。義母は、お奨めを無視し、自分の好みで中トロとボタン海老から。


a0064654_945071.jpg第2弾は、いよいよウニ、それにボタン海老をもらう。この朱色に輝くウニ、美味い。濃厚でとろりとし、甘い。ん?美味い。美味いのだが、初めての味とは思えない。どこかで馴染みのある味だ。よく考えてみると、サンディエゴのウニはこの味だったような気がする。そういえば、あの頃、いろいろすし屋について文句を言っていたが、ウニだけはサンディエゴのほうが下手な日本のすし屋より美味いよね、と言っていた。何のことはない。サンディエゴのウニは馬糞ウニだったのだ(多分)。どなたか、サンディエゴ在住の方、今度すし太田でもSurfsideでも行く機会があったら尋ねてみて欲しい。


a0064654_9453783.jpga0064654_9461458.jpg
金目鯛、ひらめなど堪能したあとは、隣の常連客の真似をして、筋子と数の子をつまみでもらう。うーん、イクラもいいけど、筋子をちびりちびりつまみながらひれ酒を飲(や)るのは、実に乙なものだ。子供の頃、父親が、筋子に酒をふりかけて、それをおかずに美味そうにご飯を食べていたのを覚えている。あの記憶で、筋子は旨いものだという刷り込みがなされたのだと思う。
数の子、昼間見た鰊御殿を思い起こしながらいただく。北海道で食べる数の子は、重みが違う。

最後に細巻と一緒に、自慢の蜆汁で〆る。本州の浅蜊ほどもある大粒の蜆だ。

3人で、“レアもの”の馬糞ウニを含め、たらふく食べて呑んで¥32,000、かなり良心的な値段。一見の客であったにも関わらず、常連客と分け隔てすることなく、もてなしてくれた。
なかなか良い店ではないか。
a0064654_947734.jpg

[PR]
by gomanis | 2008-10-07 09:57 | 美食


<< ブログ復活! 2008年9月30日(火) ジ... >>