2009年5月25日(月)La Hacienda クラブコンペ

自分に腹が立ってしかたがなかった。土曜日から始まった3Rのクラブコンペ。こともあろうに予選カットになってしまったのだ。

僕が参加したのはBクラス。コンペは、スコアを競うのではなく、得点を競う。バーディーが3点、パーが2点、ボギーが1点。全部ボギーなら18点というわけだ。僕は、初日が15点、昨日の日曜日が17点、合計32点。予選通過ラインは35点だった。スコアも95、93と情けない限り。普通にやれば80台が出るはずなのに、最近、何週間も連続して90が切れない。それが今週も続いた。

最近の悩みは、ティーショット。とにかくフェアウェーに行かない。右や左の林に打ち込み、ずるずるとダボやトリになるパターンがめっきり増えた。このダボ地獄から抜け出さないとゴルフが嫌いになるかもしれない(ならないけど)。

コンペ自体は、楽しかった。知らないメキシコ人と非常に限られたボキャブラリーながら楽しく会話をし、ラウンド後は、酒を飲む。コンペといってもかなりいい加減だ。まず、OKパットがあるのには驚いた。それも1グリップでなくて、だんだんOKの幅が広がっていく。コンペは、相互にスコアをつけるものだと思って、最初は真面目にアサインされたプレーヤーのスコアをつけていたが、皆、キャディーまかせで、ラウンド後に確認もせずサインしあっている。ラウンド中も、平気でテキーラやウィスキーを飲む。いやはや、紳士のスポーツとはほど遠いのであった。それでもそれに慣れてしまうと、まぁ、これもいいかと思えるのが不思議だ。クラブのお祭だと思えばいいのだな。

ゴルフは、ドライバーの打ち出しの方向、球筋を改善すべく、もっともっと練習しなくては。
[PR]
by gomanis | 2009-05-26 10:33 | ゴルフ


<< 2009年5月31日(日) 久... 2009年5月14日(木)里子... >>