2009年6月20日(日) 第29回爆裂蟹コンペ@Carlton Oaks

a0064654_852782.jpg日曜日、早朝にメキシコシティーを出発し、サンディエゴへ。早出の目的は、爆裂蟹に参加するため。サンディエゴ時代にもっとも好きな集まりだったからね。特別な思い込みがあるのだ。

時は移ろい、今、この会にいる中で僕とかぶっているのはKへーとNちゃんの夫婦だけ。でも皆さん暖かく迎えてくれて、嬉しかった。車の送り迎え(僕は酔っぱらうので)、クラブを貸してくれる人、ボールマーカーやティーなど小物を貸してくれる人、さまざまな親切のおかげでゴルフをやらせてもらっているということをひしひしと感じ、持つべきものは良きゴルフ仲間という感を一層強くしたのだった。

他方、勝負は勝負。勝ちたい、という思いは常にある。しかし、、、H/C6、ではやはり無理だった。実力とあまりにかけ離れている。優勝ラインがネット70台後半になり、僕がグロスで80台前半が出せればチャンスがあるかと思ったが、そう甘くはなかった。

僕は出だし2ホール、パー、パーと幸先の良い滑り出しで、これは行けるかと思ったが、ドライバーで普段出ないスライスを連発、2打目以降リカバリーを目指すが、伸び悩んだ。後半は、アプローチが寄らず、思ったようにパーチャンスを作れなかった。終わってみれば88。悪くはないが、白ティーからだったことを考えるともう少し下に行きたかった。

優勝は、一緒の組で回ったNaちゃん。グロス93、ネット74という見事な成績だった。おめでとう!ドライバーが安定していて、微塵も崩れる気配がしなかった。最終18番も無難に水越えを果たし、堂々、このコースでの自己ベストを大きく更新しての優勝だ。

コンペのあとはお待ちかねの鶴橋宴会。ビールに焼肉、最高の日曜日となった。幹事Iさん始め、皆さん、本当にありがとうございました。

次回は、30回記念大会。僕らは夏休みを取って参加の予定。東海岸からTomo/トムも参戦だ。新しいサンディエゴの皆さんもそうは古株に優勝を渡したくないだろうから、今から特訓に励むことだろう。会場はBarona Creek、また、コースの知識と経験がモノを言うコースだ。闘志がめらめらと湧いてくるのを禁じえない。ふっふっふ。
[PR]
by gomanis | 2009-06-27 08:05 | ゴルフ


<< 2009年7月4日(土)、7月... 2009年6月13日(土) C... >>