2009年7月4日(土)、7月5日(日) 衝撃の事実 ~ぺブルビーチに向けて 2

前回、ビデオカメラでスイングチェックを始めたという話を書いた。その中で、衝撃の事実が浮かび上がった。

これを見て欲しい。

土曜日のラウンドで撮ってもらったものだが、なんとパッティングの時にボールが目の下にないのだ。あるべき位置よりずっと遠く、帽子のひさしの先ぐらいにある。これを撮ったときはたまたま入ったが、ボールはヒールに当たり左に転がり出している。いわゆる引っ掛けだ。いやー、自分ではずーっと左目の真下にボールを置いているつもりだったので、これには本当に驚くとともに、人間の感覚なんて当てにならないものだということがよくわかった。

日曜日のゴルフは、ラウンド前に練習グリーンでボールの位置からやり直し。パッティングの前傾姿勢を取り、左目にマーカーを当て、そのまま手を離して落としてみる。そこが左目の真下。ボールを置いてパッティングしてみると、かなり窮屈な感じがする。

でもこのお陰かどうかはわからないが、29パット。転がりが、力強い感じがした。この感覚に慣れなくては。

Barona Creekのことを書いたブログを読み返してみると、グリーンが、目がきつく難しいと書いてある。距離を合わせるのも難しいと。記録をひもとくと、このときのパット数は33。悪くはないが、今度のH/Cは、7。やはり30か31ぐらいで収めたい。今日、馬券表をにらみながら優勝スコアを予想したところ73で当確、74でもおおいにチャンスあり、75は厳しいと出たのだ。
[PR]
by gomanis | 2009-07-10 09:37 | ゴルフ


<< 2009年7月11日(土)、7... 2009年7月4日(土)、7月... >>