2009年7月11日(土)、7月12日(日) 夏休み、第30回爆裂蟹コンペ

a0064654_1545172.jpga0064654_15453833.jpg待ちに待った夏休みが始まった。着いて早々、Rancho Bernardoのベトナムフォーを食べ、大好きなMaderasでゴルフをし、夜は、Toshi-sanでおいしい寿司に舌鼓を打ち、翌日曜日には爆裂蟹コンペ、夜は鶴橋での宴会と、こんなに楽しくていいのだろうかと思うぐらいウキウキするイベントが続いている。

この楽しさは、サンディエゴの青い空もさることながら、”人”がもたらしてくれるものだ。MaderasでのTom/トモNaちゃn/Kへー、KKさんとの再会の瞬間は、人との縁ってホントにいいな、と心の底からほのぼのとしたものを感じさせるものだった。Quality of Lifeという言葉があるが、物質的なものもさることながら、メンタル面の充実、特に人との結びつきに勝るものはない。

爆裂蟹は、更に多くの新しい友人との輪を広げるコミュニティーだ。世代的に言って、ゴルフをやっていなかったら接点はなかっただろうと思われる人たちと知り合え、4時間あまりのラウンドを通じて、人柄がわかり、親近感やリスペクトを感じる。宴会でわーっと仲良くなる。素晴らしい。ゴルフ万歳である。

さて、勝負のほうだが、第30回爆裂蟹記念大会、見事優勝を飾ったのは、わがカミサン。Gross88、Net74。ベスグロも獲っての完全優勝だ。天晴れ、天晴れ。やはり、事前の練習が良かったのだろう。

74という優勝スコアは、ほぼ予測通りだった。僕は81で回らなければならなかったわけだが、実際には、これにはほど遠い92。パット35、ペナルティ2個、アプローチ13/20。この辺が技術の未熟さと戦略のまずさを物語っている。Barona Creekは、フェアウェーが硬く、長いショットを打つならよほど正確に打たないとブッシュまで転がって行ってしまう。またグリーン周りも難しく、容易に寄せワンを獲ることができなかった。得意な40ヤードを残すという戦略を実践しなかったのも敗因。

今日から北上していよいよぺブルビーチ。いざ決戦だ。

サンディエゴの皆さん、ありがとうございました。また今度会いましょう。メキシコにも遊びに来てください。
a0064654_15462311.jpg
[PR]
by gomanis | 2009-07-14 15:46 | ゴルフ


<< 2009年7月14日(火)~1... 2009年7月4日(土)、7月... >>