2009年7月10日(土)~19日(日) 夏休み、ペブルビーチ 夢のような3日間 最終回 リゾート比較

ペブルビーチ・ゴルフリゾートは確かによかった。しかし、他のアメリカのゴルフリゾートと比べてどうなのか?僕の限られた経験から、以下4箇所と比較してみる。
Kapalua(マウイ島, ハワイ)
La Quinta(Palm Springs, カリフォルニア)
Scottsdale(Phenix, アリゾナ)
PGA Village(St. Lucie, フロリダ)

まずは、ゴルフリゾートであるから、ゴルフ場の面白さ、多様さ、選択肢の多さが大事だ。
この意味からいうとPebble Beach、La Quinta、Scottsdaleが良い。Pebble Beachは、Pebble Beachの格、#6から#8への痺れるような流れ、#18という屈指の名コースに加え、Linksの荒々しさを持つSpanish Bay、それに美しいながらも手ごわいSpyglass Hillsとどれも挑戦しがいのある面白いコース。これ以外にもいくつかコースがあるらしい。La Quintaは何といってもPGA West StadiumとLa Quinta Mountainコースが双璧。でもこれ以外のPGA West Jack Niclaus、Greg Norman、La Quinta Duneもそれなりに面白い。勿論、PalmSpringsにはこれ以外のコースもゴマンとある。Scottsdaleは、もう何年も前に行ったので詳しくは覚えていないが、やはりPGA Stadiumほか、Course Rate、Slopeともに、やってやろうじゃないかと思わせる難コースが狭いエリアに目白押しでコースを選ぶに困るくらい。

Kapaluaは、Plantationは大変面白いが、VillageとBayは、ちょっと”噛み応え”に欠ける感じが否めない。PGA Villageは、箱庭のよう。綺麗だが、威圧感とか挑戦欲をかきたてる厳しさがない。

次に宿泊施設、ゴルフ以外のアクテイビティーを含めた、旅行先としての楽しさ、快適さ。
これでは、Pebble Beach、Kapaluaの勝ちか。Pebble Beachは、Carmel by the Sea、17 mile drive、Monteryという地元の観光地のほか、San Franciscoという偉大な後背地を持っている。宿泊も、5つ星級のホテルで行き届いたサービス、言うことなし。Kapaluaは、やはりマウイ島という超一級の観光地にあるのが有利。ハレヤカラ始め、豊富な観光資源がある。宿泊は、高いホテルに泊まるもよし、コンドミニアムもよし、選択肢が豊富だ。ただ、追記しておくと、ゴルフツアーに友人と連れ立って行くのならコンドミニアムのほうが、楽しい。リビング共用で寝室別というのが最高だ。プライバシーが確保される上に、暇なときにはリビングで集まってしゃべったり一緒に飲んだりできるからね。

La Quinta、Scottsdale、PGA Villageは、勿論、アメリカだから快適だし、宿泊も問題ないが、ゴルフ以外にすることがないという点で一段落ちるというのが僕の勝手な評価。勿論、La Quintaのカジノ、アウトレットでの買い物などを評価する人はいるのだろうが。

食事。はいはい、これはとても大事です。
a0064654_1416514.jpg
No.1は文句なくPebbble Beach。リゾート内においしいレストランがあるし、Carmel by The Sea, Montery、どこも料理のレベルが高いと思う。加えてSan Francisco。ダントツです。あとのところは似たり寄ったり。勿論、どこも悪くないが、アメリカの平均都市並、という印象。Kapaluaには、Eric'sという日本人の奥さんのいるイタリア料理屋があって毎回行っていたのだが、息子の代になって商売替えしたようでなくなってしまった。アラスカンキングクラブの味を覚えたのがこの店だった。

あとはKiheiに小磯という青森の人がやっているおいしいすし屋があるが、Kapaluaからは車で40分もかかろうかという遠さ。

La QuintaはPalm Desertのメインストリートにいくつか旨いレストランがある。Scottsdaleは、旨いすし屋があったが、それ以外はあまり印象にない。PGA Villageはチェーンのファミレスがメインだった。

値段
パッケージで一番エコノミカルなのはPGA Villageと真夏のLa Quintaだろう。一泊150ドルぐらいでゴルフが付いたように思う。La Quintaはその値段でUnlimited Golf。ただし、これはギミックで、110度の酷暑のなか、2Rできるゴルファーは皆無だ(僕でもしたことはありません)。Scottsdale、Kapaluaも同じぐらいかな。とにかく、ゴルフ+宿泊(コンドミニアム)で1日あたり70-100ドルぐらいの見当。この点、Pebble Beachは、ダントツに高い。今回のパッケージは、1人1,400ドルで2泊4ラウンド。ちなみに200ドルのバウチャーが付いたので、ネットでは1,200ドル。これでも不況のせいか、例年よりはだいぶ安かった模様。背伸びすればもう一度行ってもいいかな、という金額だが、やはり高いことは高い。

気候、景色
a0064654_14154450.jpg
これは、僕にとってはとても大事な要素。ゴルフは快適な天気の下でやりたい。特にPebble Beachのように寒いのは最低だ。また、楽しいゴルフの条件として綺麗な景色というのがあると思う。そして綺麗な景色に青い空は欠かせないのだ。青い空と目を刺すような緑の絨毯、リゾートゴルフはこうあって欲しい。この意味では、Kapaluaが最高かもしれない。何しろ青い空、緑の絨毯に加えて、蒼い海、その海に浮かぶ島々ととても贅沢な景色が味わえるのだ。それに寒くも暑くもない。La QuitaやScottsdaleといった砂漠の中にあるコースも澄んだ空気にゴルフ場を囲む山々の稜線がくっきりと見え、あぁ、ゴルフをやっていてよかったと思わせるものがある。PGA Westのクラブハウスからの眺望は、アメリカ生活の中でもっとも印象に残った景色だ。

最初はランキングを付けようと書き始めたのだが、こうして色々なゴルフリゾートの思い出をたどると、実は甲乙付けがたいということがわかった。Pebble Beachがもう少しお手ごろな値段で暖かかったり、La Quintaがもう少し涼しかったり、Kapaluaのコースがもう少し面白ければ完璧なのだが。。。
a0064654_14161156.jpg

あぁ、泣けますこの景色。携帯の壁紙に使っています。緑の絨毯どころでなく、緑の海ですね。ゴルフやっててよかった。
[PR]
by gomanis | 2009-07-31 14:17 | ゴルフ


<< 2009年7月24日(金) お... 2009年7月10日(土)~1... >>