2010年1月23日(土)、24日(日) 復活!状況を仮想した練習をすべし

というわけで先週はへこんだが、体調も回復し、勿論、不測の事態も発生せず、元気にラウンドした。

土曜日は88(42, 46)とまぁまぁのスコア。インスタートだったが、後半アウトの7番パー5で8を叩いてしまったのが46の原因。
翌日曜日。今度はアウトスタートで前半迎えた同じく7番ホール。ここまで3アンダーボギーと好調だ。この日はナイスパーセーブで4アンダーボギーと伸ばした。このあと、8番、9番もパーを獲り、前半39で終えることができたのだから大きなパーだった。

実は、この2日間の7番ホールは、共通項があった。ティーショットを引っ掛け、左の林に入れてしまったのだ。土曜日はドライバーで、日曜日は、刻もうとした5W。2日とも林の中でも斜面のつま先下がりの難しいライに止まり、大きなピンチを招いた。そこから土曜日はトリプル、日曜日はパー。3打もの差がついたのは、2打目の脱出ショットの出来、不出来の差。

林から出すショットは、低さのほかに方向性が大事だが、僕は低い球を打とうとするとどうも右にプッシュアウトしてしまう悪い癖がある。ヘッドが返りきらない間にボールに当たってしまうような感じなのだ。土曜日は、まさにこれが出て、狙ったところより右にある木にあたり跳ね返された。

日曜日は、朝、練習場で林からの脱出ショットの練習に時間を費やした。60Yほど先にある旗の右に出ないよう、低い球をアイアンで打つ練習を繰り返したのだ。その過程で、へそを目標方向へ向けるとまっすぐ飛んでいくことに気づいた。これを実践したのがこの日の7番ホール。狭い空間だったが、上手く狙い通り打てた。

状況を想定してしない練習は意味がないとよく雑誌などに書いてあるが、まさにその通り、と実感した。

ちなみに日曜日の後半は43。82は上出来だが、悔やまれたのが16番2打目。120Yのなんてことない距離なのだが、深いバンカーが常にプレッシャーをかけてくる。案の定、吸い込まれるようにバンカーに入り、一回で出ずにダブルボギー。これが乗っていたら初の70台も見えたのになー。ということで、次回は120Yのプレッシャーを想定した練習しよう。あとは、バンカーショット。

カミサンが留守なので、今週末もゴルフ三昧。ふふふな日々だ。
[PR]
by gomanis | 2010-01-28 00:44 | ゴルフ


<< 2010年2月22日(月) F... 2010年1月16日(土)、1... >>