カテゴリ:我が家の食卓( 66 )

2006年8月27日(日)  納豆そば

a0064654_3141585.jpg爆裂の朝、Temecula Creekでサンデーブランチを食べようとしたら、11:30からしかやっていないと言われた。しかたがなく、家で納豆そばを食べた。これがカミサンに初優勝をもたらす原動力になるとは、このときは思いもしなかったが。

真ん中に卵の黄身が鎮座して、いかにも美味そうだ。
前にも納豆そばのことを書いたことがあるのを思い出して、読み返してみた。熱い思いで一気に書き上げた文章は勢いがある。納豆そばに関しては、これを越える文章はしばらく書けそうもないので、多少加筆の上再録して、今回の写真の説明文とさせていただきたい。

**************************************

世の中に、納豆そばを食べる家庭はどれぐらいあるのだろうか。時々食べている人は幸いである。蕎麦屋のメニューにもない、しかし、日本食ならではの傑作だと信じて疑わない。

茹でて冷たく水を切った蕎麦。その上に納豆、生卵、葱、三つ葉(あるいは貝割れ)、おかか、すりゴマ、刻み海苔、紫蘇、大根おろし、とろろ芋などのうち、家にあるものを載せればよい。もちろん、具の種類は多ければ多いほどおいしい。これに、そばつゆをかけまわし、掻き混ぜる。納豆が絡んだ蕎麦は、とても重い。それを我慢して、納豆がちゃんと糸を引くまで、混ぜて混ぜてかき混ぜ続けると、薄茶色の納豆の糸が細かく泡立ち始め、早く食べて、と言わんばかりの芳香を放ち始める。こいつを、どんぶりの底にたまったそばつゆを掬うようにそばと具に絡め、口中に運ぶ。このときは、親の仇に遭ったように大きく口を開け、気合を入れて大量に掻き込むべきである。ずるっ、ずずーっと蕎麦、納豆、生卵の甘み、それらを打ち消す香味野菜の味が口一杯に広がる。生きている幸せとはこのことかと思う瞬間だ。かき混ぜるのに費やした苦労が報われる。もう一度その快楽が味わいたくて、もう一口食べる。さらにもう一口。そばつゆが、ともすればどんぶりの底に溜まりたがるので、下から上に、上から下に、時々全体を大きくかき混ぜて味が均一に行きわたるように気を配りながら、一気に食べる。最後はどうしても納豆つぶが底に残るので、どんぶりを口につけ、箸でがーっと掻き込んで納豆そばの完食である。

時間にしてほんの5分。調理に、相当手間がかかっているわりに、納豆そばの快楽は、いつも一瞬にして終わってしまう。作ってくれるカミサンに感謝。
[PR]
by gomanis | 2006-09-10 03:21 | 我が家の食卓

2006年8月25日(金) BBQ

a0064654_225831.jpg夏は、なんと言ってもBBQだ。
サンディエゴに引越して来たときに、思い切ってBBQオーブンを買ってよかった。
夕刻、まだ日のあるうちにコロナビールの栓を開け、チップスなど齧りながら塀の外を見やると、青空に椰子の葉が揺れている。何度経験しても、この光景の中に自分がいる幸せを噛みしめる瞬間だ。



a0064654_2254056.jpg今日のBBQは、長期出張に来ているA君の慰労が主目的。裏のD家(浦野サム、絵須子さんとそのご子息Rの一家)と共同でやる。

前回やってカミサンも僕も超気に入った、海老とホタテのイタリア風漬け込みで始める。素材の風味を損なわない程度にオリーブオイルと香味野菜が効いていて、旨い。Rが海老が大好きだというので、僕のを一個分けてやる。

肉は、Rib EyeとFiletの2種類を用意。肉をおいしく焼くのは、なかなか難しいものだ。電子レンジで急速解凍したばかりの肉をおいしく焼き上げるのはとても難しいので、うちでは常温で時間をかけて解凍しておく。この状態の肉で、強火で5分、ひっくり返して弱火で10分焼くと、ミディアムレアに焼き上がるというのが経験則だ。この間、ふたは閉めたまま。もっと上手い焼き方をご存知の方がいたら是非教えてもらいたい。

ソースは、韓国スーパーで買ってきた焼肉のたれと、醤油の2種類。焼肉のたれは、コクがあり、甘みもあって勿論美味い。しかし、ホースラディッシュに醤油を垂らし、肉片に載せて食べるのもさっぱりして悪くない。ホースラディッシュの清冽な香りの後に肉の甘みが広がる。特にFiletにはこちらのほうが合うようだ。

a0064654_226766.jpga0064654_2261796.jpgサイドディッシュには、浦野絵須子さんが作ってくれた茄子のアンチョビ炒めとカミサンのサラダ。茄子は、ニンニクがまぶしてあり、とても香ばしい。サラダは、イエローペアという小さいトマトとアスパラガス。色合いが鮮やかだ。

さらに主食には絵須子さんがキムチチャーハンを作って来てくれた。ご本人は失敗作と謙遜していたが、なかなかどうしておいしかったですよ。


a0064654_2265464.jpgワインも十分いただき、お腹がいっぱいになった。気がつくと、あたりはすっかり宵闇に覆われ、空には星が光っている。カミサンが家に入って何かやっているかと思うと、ろうそくの灯ったケーキを持って再登場。実はこれ、数日前に誕生日を迎えた浦野絵須子さんのためのSurprise!の演出だったのだ。ストロベリーショートケーキにバラのデコレーション。絵須子さんもとても嬉しそうだった。

Labor dayをもって夏は終わりとされているようだが、サンディエゴに関しては、まだまだ80度以上のカンカン照りの日が続く。BBQオーブンはしばらく庭の真ん中に出したままにしておこう。
[PR]
by gomanis | 2006-09-10 02:29 | 我が家の食卓

2006年8月23日(水) 手巻き寿司

a0064654_1494098.jpgなかなか更新ができず、バックオーダー状態。アクセスしてもらっても、ずーっとカミサンに不評の焼きそばのドアップ写真のままであった。そんな中、今週、ぎょっとするほど急にアクセス数が増えた。カミサンの話だと、超人気のKoruさんのブログで、文中でリンクを張っていただいたからだそうな。ありがたや、ありがたや。Koruさんへの感謝の気持ちを込めて、そこから訪れていただく方のために、ゴルフネタはちょっと後回しにして、頑張って食い物ネタをいくつか(もう遅いかも知れないけど)。

2週間前の水曜日(飲酒日)は、手巻き寿司だった。手巻き寿司は、我が家では定番で、ひと月に一度は食べているだろう。ネタが、ミツワとニジヤの品揃えで決まってしまうのが悲しいところだが、週半ばのほっとするひとときだ。

今日のラインアップは茹で海老、ひらめ、いくら、烏賊、ウニ、それに初登場のアボガド。酢飯が中央に盛られた、小さいながらも本格的な飯台が食卓を華やかに見せる。海苔の缶、切子のお猪口。完璧だ。

海苔を好きな大きさに手で裂き、好きなネタでいただく。ご飯を極々少なめによそうのが、いろいろなネタを最後までおいしく食べるこつだ。白身も烏賊も美味いが、今日のネタで一番はなんと言ってもウニ。たっぷり載せて頬張り、目を閉じて嗅覚と味覚に集中して味わう。うーん、美味い。茹で海老も好きなので、毎回、入れてもらっているが、やはり、理想のものより小さすぎる。口中、海老という状態が好ましいのだが、ミツワ/ニジヤではこれが限度か。ただ、今日、初めてトライした、海老とアボガドを一緒に巻いて食べるのは、とろりと豊穣な味わいがあり、とても気に入った。今度から海老はこうして食べよう。

a0064654_1410257.jpg『男山』のきりりと冷やしたのをくいくい呑みながらの食事である。だんだん気持ちよくなってくる。

箸休めは、これまた初めての試みのビール漬。カミサンがどこかのブログから見つけてきた。確か砂糖と塩(例によって記憶が不確か)にビールをどぼどぼ入れ、それに野菜を漬け込むらしい。ビールが発酵を促し、いい具合に漬物になる、という原理とのこと。具は大根、胡瓜に人参。浅漬けのような淡白な漬かり具合で、ぱりぱりとした歯ざわりがとても寿司に合う。味は、ぬか漬けに似ていて、酒を飲みながら食べるにはちょうど良いのではないか。何より、新しいレシピに挑戦というのが嬉しい。

ネタを完食し、ご馳走様。いつもながら、飲酒日の食事は楽しいなぁ。

手巻き寿司の日は、マニスもあまり食卓にしつこく寄ってこない。
[PR]
by gomanis | 2006-09-08 14:15 | 我が家の食卓

8月15日(水)飲兵衛の食卓

a0064654_13333877.jpg話は戻って先週の話。

月・火・木曜日を休肝日と決めてから、水曜日は酒盛りの日となった。やはり根が好きなほうだから、反動が来るのだろう。料理のほうも、つまみ系の創作料理が出てきたりして、楽しみな日でもある。

まずはビールで乾杯し、枝豆をつまむ。この日の献立は、大皿に〆鯖と味噌豆腐の二点盛り。味噌豆腐は市販のものだが、凍豆腐のような歯応えで、薄い味噌味がチーズにも似た風味を感じさせる。ちびちび齧りながら日本酒をすすると、いかにも飲兵衛という気分になる。最近の定番になりつつある。

野菜が不足になりがちなので、サラダも一緒に食べる。これは赤キャベツが基本だが、初の試みとして焼き椎茸の細切が載っている。サラダは、一般に酒に合わないと思っているが、この椎茸の香りで、あまり違和感はなくなる。

本日のメインは、鶏肉の香味焼き。醤油味を基調に、BBQ用のスパイスをまぶして焼いてある。このスパイスは、鮭の板焼き用のもので、唐辛子のほか、いろいろな香辛料がブレンドしてある。アジア系ともメキシコ系とも言えない、エキゾチックな味のする、不思議な調味料だ。魚用なので、マイルドなテーストで、淡い鶏肉にもよく合うし、日本酒ともけんかしない。

男山をぐびぐび飲んで楽しい飲酒日を過ごす。
[PR]
by gomanis | 2006-08-24 13:35 | 我が家の食卓

8月11日(金) 納豆チャーハン

a0064654_13252015.jpgYumiちゃんのブログにに刺激を受けたこともあり、カミサンに納豆チャーハンを作ってほしいと前からリクエストしていたところ、金曜日の朝に作ってくれた。

最近、はまっている、健康によいという五穀米が使ってある。白米よりもパラパラしていて、チャーハンに合う。具は、卵、わかめ、ゴマに加え前の日のサラダの残りの赤キャベツ、それに雑魚が入る。納豆をチャーハンに入れると固まって大変なのではないかと思ったが、案外、簡単にばらばらになると言う。

納豆という、きわめて個性の強い具が入っているので、当然、この風味が圧倒的な存在感で全体を支配する。これにワカメやキャベツの食感が多彩さを添える。雑魚とゴマは、食感だけでなく、風味を豊かにする役割も果たしている。見た目は美しいものではないが、味のほうは、納豆好きの日本人には病みつきになる旨さである。

これで栄養をつけ、昼からTorrey Pinesに挑戦だ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-22 13:25 | 我が家の食卓

8月11日(金) すき焼き

a0064654_0204467.jpg週末の夜、すき焼きを食べる。すき焼きは、心躍るものがある。
まず、見栄えだろう。食卓の中央にでんと置かれた鍋は、平和で華やかだ。週末の到来を迎えるのにまことにもってふさわしい。

そして主役の肉。適度に脂の差した牛肉はジュウジュウ煙を上げ、出汁をかけられるとあっという間に全身色が変わる。火が通り過ぎないうちに鍋から上げ、溶き卵を絡めて食べる。この最初の一切れがたまらない。肉の旨みが口いっぱいに広がり、出汁の醤油味と生卵の甘みが絶妙のハーモニーをかもし出す。

前半で次に美味いのは、意外に葱だったりする。葱は入れっぱなしにしておくと、やがてくたっと煮つまり、輪切りにした断面の幾重にもなる層の間に出汁が染み込み、いい感じになる。これにも生卵が欠かせない。ほのかに残る粘膜のねばっとした食感と香味が、出汁を十二分に吸って深い味わいになる。肉を食べる間の箸休めとしてもよい。

一般に食べる、白菜とか春菊、椎茸といったものには個人的にはまったく興味がない。栄養のバランスで食べたほうがいいんだろうな、という程度だ。

仕上げに食べて、肉と同じぐらい美味いのは、白滝だ。熱々になるまで、出汁の中でぐつぐつ煮る。箸で一掴みを卵に絡めて食べると、非常にこしの強いそばを食べている感覚だ。しかもそばのように、噛んでいるうちにぐちゃぐちゃにならず、最後までプリプリしているところがまた良い。これも出汁をいっぱい吸ってそれ自体、濃い味に仕上がっているので、卵の甘みが一層引き立つ食材だ。残念なのは、白滝を食べるころには、卵もだいぶ出汁が混ざってしまっていて、元来の甘みをずいぶん失っていることだ。

昔は、ここで卵をもう一個割って2人で分けたりしたものだが、最近ではそこまではしない。カベルネを1本空け、ちょうどいい心持だ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-21 00:29 | 我が家の食卓

鶏団子鍋

a0064654_14141427.jpga0064654_14142798.jpg先週の話になるが、鶏団子鍋を食べた。カミサンが、ひき肉を使わず、鶏肉の塊から叩きに叩いて作ってくれたのだ。こうして作った団子は、肉汁たっぷりで堪えられない旨みがある。潰したところにいろいろ調味料を入れるのだろうが、今日の団子はいつにも増してしっとり粘りがある。訊いてみると、エノキを入れたのだそうだ。なるほど、よく見ると、細かいエノキが鶏肉の間に見え隠れする。クリアスープでいただく鶏団子、僕の大好物である。薬味に、いただきものの『ゆず辛子』を使ってみる。小匙に少々だけ入れてみるが、ゆずの香りの中に、鮮烈な辛みがある。鶏肉の出汁をきりっと立たせる逸品だ。

白ワインとともにいただく、大変美味しい鶏団子だった。ごちそうさま。
[PR]
by gomanis | 2006-08-17 14:14 | 我が家の食卓

海老とホタテとパスタとマニス

a0064654_14154467.jpga0064654_14165613.jpg出張で外食が続くと、家でゆっくり食べる食事が恋しくなるものだ。先週、日本出張から帰ってきた日の晩御飯は、前菜が枝豆、セロリと人参の野菜スティック、カンボゾーラチーズ。メインは、海老とホタテのオリーブオイル漬け込み焼き(こんな名前ありか?)とブロッコリーのパスタであった。

疲れた身体に、きりっと冷えた白ワインが心地よい。海老とホタテのソテーは、下味に秘訣があるのだろう、最近、よく登場するが、風味豊かだ。ブロッコリーのパスタは、茹で具合もほどよく、さっぱりとしておいしい。話をしながらゆっくりする食事は、格別のものがある。

そうこうしているうちに、目の周りがふわーっと熱くなってきて、猛烈な眠気が襲ってきた。時差ぼけにワインのダブルパンチだ。抗いようのない睡魔。一足先に寝させてもらう。

マニスが登ってきて番をしてくれたようだ。足にすりすりしている。愛い奴だ。
a0064654_14171584.jpg
[PR]
by gomanis | 2006-08-04 14:17 | 我が家の食卓

納豆そば

世の中に、納豆そばを食べる家庭はどれぐらいあるのだろうか。時々食べている人は幸いである。蕎麦屋のメニューにもない、しかし、日本食ならではの傑作だと信じて疑わない。

a0064654_23594325.jpg茹でて冷たく水を切った蕎麦。その上に納豆、生卵、葱、三つ葉(あるいは貝割れ)などの具が乗る。今日は、特別に茗荷が加わる贅沢バージョン。これに、そばつゆをかけまわし、掻き混ぜる。納豆が絡んだ蕎麦は、とても重い。それを我慢して、納豆がちゃんと糸を引くまで、混ぜて混ぜてかき混ぜ続けると、薄茶色の納豆の糸が細かく泡立ち始め、早く食べて、と言わんばかりの芳香を放ち始める。こいつを、どんぶりの底にたまったそばつゆを掬うようにそばと具に絡め、口中に運ぶ。このときは、親の仇に遭ったように大きく口を開け、気合を入れて大量に掻き込むべきである。ずるっ、ずずーっと蕎麦、納豆、生卵の甘み、それらを打ち消す香味野菜の味が口一杯に広がる。生きている幸せとはこのことかと思う瞬間だ。かき混ぜるのに費やした苦労が報われる。もう一度その快楽が味わいたくて、もう一口食べる。さらにもう一口。そばつゆが、ともすればどんぶりの底に溜まりたがるので、下から上に、上から下に、時々全体を大きくかき混ぜて味が均一に行きわたるように気を配りながら、一気に食べる。最後はどうしても納豆つぶが底に残るので、どんぶりを口につけ、箸でがーっと掻き込んで納豆そばの完食である。

時間にしてほんの5分。調理に、相当手間がかかっているわりに、納豆そばの快楽は、いつも一瞬にして終わってしまう。作ってくれるカミサンに感謝。
[PR]
by gomanis | 2006-06-20 00:01 | 我が家の食卓

義母来訪

a0064654_1295263.jpg土曜日から義母が来ている。サンディエゴはお気に入りの様子で、毎年来て一月ほど滞在していく。良い充電になるようで、いつも元気一杯で戻っていく。喜ばしいことである。

到着の日は、空港から昔住んでいたあたりに住む旧友宅に直行。再会を喜ぶ。
夜は、長旅の後なので、家で簡単に済ますことにした。Mオ君、Y子さんにもらった名古屋名物の手羽先を思い切って開ける。しょうゆ味、味噌味の二種類。味噌味が、名古屋独特のものらしい。箸で簡単に身が取れ、食べやすい。味噌が染み込んでいて、つまみとしておいしかった。義母ハンドキャリーの明太子。大ぶりで薄味、上品な味わいだ。これもハンドキャリー、旬の蚕豆。夏を感じさせる。サンディエゴのものは、キノコの炒めもの。
白ワインで乾杯する。母娘の和やかな会話に興じる姿を見るのは、なかなか心温まるものがある。

水曜日は、母娘合作の夕餉。これに預かれるのは、婿の特権だ。すっかり定番化した油淋鶏、まぐろのヅケは山芋と沢庵のさいの目つき。ともに、僕の大好物だ。義母の手になる浅漬け。瑞々しく、しゃきっとして、美味い。さすがである。贅沢なのは、日本の茗荷が入っていることだ。香り立つ、とはこのことだろう。この日もたっぷり食べて、飲んで、話し、幸せな夜であった。
a0064654_1302920.jpga0064654_1301371.jpg












a0064654_1323538.jpg
[PR]
by gomanis | 2006-06-18 01:33 | 我が家の食卓