<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Maderas 煩悩の108

a0064654_64747.jpga0064654_64364.jpga0064654_644298.jpg





土曜日、A家のNちゃんが一度行きたいと言っているというので、A家と一緒にMaderasへ。ここは、実は、うちから砂漠側にほんの10分入ったところの至近距離にある、メンバー制だが、ビジターもプレーできる、いわゆるPublic accessibleという高級コースだ。丘陵の中に18ホールが大変美しく配置されている。周囲には明らかに建売でない、豪邸が建つ。勿論、美しいだけでなく、チャレンジングに設計されている。さて、今日の主題は、コースではなく、この日叩いた108の分析である。108叩いたことは地団駄踏んで口惜しがったものだが、一夜明けてみれば、この原因解明ほど楽しい作業もない、というのが僕のゴルフの楽しみ方でもある。なかなか余人にはわかってもらえないが。

まず、数字から見てみよう。最初に目につくのが、パット数44。去年の平均パット数(プロと違ってパーオン後でなく、単純なパット数平均)が32.9、今年の目標パット数が32なので、ここで、なんと12打も上回ってしまっている。4パット1回を含め、3パットが数多くあった。このことから、これが主要な改善要素であるのは明らかである。次にPenaltyが6打ある。去年は、これを記録していなかったので比較できないが、感覚的にもひどく多かったのは確かだ。内訳は、赤杭x3、OB x1、その他x1である。そのほかに問題視しているのは、アプローチショットのミス。アプローチショットは、自分なりに100Y以内からグリーンを狙ったショットと定義している。これが、17回あって3回グリーンをはずしている。しかし、これは目標と比べ許容範囲内。また、フェアウェイーキープ率は、61%と、去年の平均を上回り、今年の目標65%にも近いので、重要な要素ではないとわかる。

次に数字の背景にある本当の原因の究明だ。これが次の戦略策定に役立つ。

まず、パッティングから。最初の3パットは1番ホールだった。この350Yあまりのやや打ち上げ左ドッグレッグホールで、ティーショットを打ち損じ、セカンドショットをグリーンまで200Y残してしまった。クリークが、左手前から斜めにフェアウェーを横切り、グリーンの右側に沿って奥に伸びている。ここで僕が使ったのはRescue、つま先上がりだったので、目標よりやや右を向いて打ったところ、思ったより右に出て、グリーン右手前に落ち、そのままクリークに入ってしまった。1打罰でドロップしたところから20YのアプローチショットをLob Wedge。寄せワンでボギーセーブできると思ったが、トップしてグリーンの向こう側まで行ってしまった。返しをグリーンに乗せたが寄せ切らず、10Yから3パット。この3パットには2つの教訓が含まれていると思う。ひとつには、ラウンド前の練習で距離感が把握されていなかったこと。Maderasほどのコースだと、練習グリーンとコースのグリーンは、ほぼ同じぐらいの速さにメンテされている。僕は、パッティングの距離感をフォロースルーの大きさで合わせるが、この調整が不十分だった。むしろ、先週のSCGAの感覚が残っていたといってもいい。身体はSCGAの感覚が残っている、でもSCGAより遅いというの頭でがわかっていて、結局、“幅”の把握なく、強く打ってホールをオーバーしてしまった。この距離感の微妙なずれには18ホールずっと苛まれ続けた。もうひとつの教訓は、精神的なもの。カミサンとよく話すが、大たたきしてやっとグリーンに乗せたときほど3パットの確率が高いのだ。これを中部銀次郎は、“引き算を望む素人の考え違い”と断じる。グリーンに達するまで費やした打数を帳消しにしようと、1パットで沈めようと、欲をかき、3パットしてしまうというのだ。反論の余地もない。それに加え、ラインの読みも、距離感の正確性も、平常心を欠き、通常よりずっと下手になってしまうのだ。44パットの始まりは、この1番ホールにあり、前述の2要因から終始抜け切れなかった。いくつかのパーパットをはずしまくり、苛立ち、あまっさえダボになるにいたっては、嫌気がさしてしまった。パットには、入る、という信念が必要だ。それが足りなかった。

次に6打罰の中身。これも振り返ってみれば1番ホールに凝縮されている。前述の通り、1番ホールで残った200Y。Rescueは僕にとってグリーンを狙うクラブではない。だから、2打目で狙ったのは、グリーンではない。しかし、Lob Wedgeに自信があったので、Rescueで打てば、どこかGreen周辺に落ちるであろう、そこからLob Wedgeで寄せワンパーが狙えるという打算があった。しかし、PWにもそこそこ自信はあるわけで、右のクリークへ行くリスクのあるRescueよりは、球筋の確実なアイアンでフェアウェーの左にレイアップし、多少距離は長くなろうとも、PWで3オンからボギーを確保するという選択肢もあったのだ。この判断は難しい。80台前半を狙うためには、Rescueが正解だったかもしれない。しかし、その失敗で長く後を引くようならば、今後はその選択肢は最初からない、とすべきだろう。

ひとつのホール内で起きた引き算の心理は、ホール間でも起きる。

5番ホール。左ドッグ打ち下ろし。挽回を狙って欲張ったティーショットは、フェアウェー左のバンカーに吸い込まれた。フェアウェーバンカーからの第2打、7IのショットによるOB。グリーンに少しでも近づくために、7Iを持ち、ナイスショットした結果、フェアウェーを横切り、はるかに飛び越え、OBになってしまった。この根底にあるのも、引き算の心理だ。80台をコンスタントに出すためには、”Stick on fairway”とこちらの雑誌、Goof Digestにも書いてあった。ティーショットはもっと右を向いて立つべきだったし、バンカーショットはナイスショットしても怪我しない、PWにすべきだったろう。

9番ミドルホール。半島に打ち、池を越えで左前方にあるグリーンに打ち上げる、美しいホールである。ティーショットでRescueをフックさせ、左池に入ったのは、下手くそなのだから仕方がない。しかし、ドロップ後の、つま先上がりのライの悪い3打目を無理に池越えを狙いに行き、再び池に入れたのはいただけない。帰任した爆裂一の名手、Mオ君が、大たたきしないためには、今1番やってはいけないことを考えると言っていた、とカミサンが時に思い出したように言っているが、このときに1番やってはいけなかったのは、3打目を池に入れることだっただろう。

ここまでで、スコアを崩した原因の80%まで解析できたと思う。ついでに、残り20%のアプローチのミスについて述べておく。前述の、アプローチで3回グリーンをはずした内訳は、再三述べている1番ホール、ドロップ後の4打目が最初だ。今、1番気に入っているFourteenのLob Wedgeによる、たかだか20Yのショットである。多分、ヘッドアップしたのだと思う。トップして、グリーンの反対側まで行ってしまった。池ポチャの後でなければあんな凡ミスはしたか。多分、落ち着いてパー狙いのアプローチが打てただろう。あとの2回は10番ホールのバンカーショットだ。このホールは330Yあまりととても短い。しかし、ティーショットをチョロし、フェアウェーながら、190Yの上りを残してしまった。間には、フェアウェーバンカーとグリーン手前にはガードバンカーが1つ。ここで、僕の採った選択はRescueのフルショット。ボールはクリーンに捉えられ、まっすぐピンに向かって飛んでいったが、打ち上げのためもあり、グリーン手前のバンカーに捕まってしまった。顎の高いバンカーで3打を費やした。ここも、Rescueを持った心理を振り返ると、フロントハーフで叩いた58をいくつかでも挽回しなくてはいけない、後半41で回りたいという心理と、短いチャンスホールなので1打目の結果に関わらずパーオンで当然、という欲が相乗効果となり、2つのバンカーに対するリスクが正しく認識されなかったということが言える。

こうして分析してくると、パワーポイントにまとめるまでもなく(仕事の性癖でLogic Treeに図表化したくてたまらないのだが)、2度と大たたきしないための施策は明らかである。
1. パターの悪癖(距離感、左右のばらつき)はラウンド前の練習でつぶしておくこと。パターの癖は当日にならなければわからない。
2. 目標スコアを明確にすること。それ以上も以下も狙わない。
3. 1打目を失敗したら、そのホールの目標スコアを速やかに修正すること。そして新しい目標スコアの達成に喜びを感じるようマインドをリセットすること。
4. Stick on Fairwayに執着すること。リスクに挑戦してもいいが、確率を冷静に評価すること。

なお、言うまでもないが、こんなことは、どのゴルフ雑誌にも時々載っている。実践するかどうかが分かれ目である。

大たたきしたときは、とても口惜しい。こんなはずではない、という気持ちになる。すぐにでも次のラウンドをして、いいスコアで回り、安心したい。そういう意味では、僕はとても恵まれている。土曜日は再びA家夫妻にご一緒いただけることになった。日曜日もゴルフということで、カミサンもOKしてくれている。今週は東京出張。金曜日に帰れば土日ラウンドが待っているのだ。あぁ、早くティーグラウンドに立ちたい。
今週練習できないのが残念だ。でも日本でFourteenの56度を買っちゃおうかなーとかも思っているのだった。わはは。
[PR]
by gomanis | 2006-01-24 06:05 | ゴルフ

晩酌のつまみ、田作り

a0064654_621186.jpg水曜日、日帰り出張から夜10時に帰宅すると、カミサンが、僕が一杯やるだろうと、つまみを用意してくれていた。田作り。こういうのは、嬉しい。一日合計7時間ぐらい飛行機の上にいた勘定なので、きゅっと一杯やるとさぞや生き返った心地がするだろう。田作りは、僕の好きな正月料理の一つ。からっと炒った雑魚に甘辛い飴を絡めたものである。かつて、製作過程の最初のところを手伝ったことがあるが、雑魚を長い間空炒りして水分を飛ばす、根気の要る作業だ。その水分をせっかく飛ばしたものにどうしてまた飴を絡めるのか、昔は不思議だった。今になってその理由がわかる。雑魚そのものは、香ばしく、かりかりした食感に仕上がっている。そこに味をつけるために濃い味のタレが絡めてあるのだ。香ばしさとかりかりした食感、それと対照をなす、魚肉のこくを倍増するタレ、この組み合わせにより、味の幅が広がり、味わい深さを創り出しているのだ。酒は、くろさわの冷酒。切子のお猪口でいただく。酒が進み、箸が伸びる。箸が伸び、酒が進む。出張の疲れを癒すためにきゅっと一杯と呑み始めたのだが、ついつい度を越してしまう。

浦野絵須子さんのご要望にお応えして大きめの写真にしてみました。
[PR]
by gomanis | 2006-01-24 06:02 | 我が家の食卓

The SCGA golf course

a0064654_15422045.jpg日曜日、Tomoさんご夫妻SCGAへ行った。昨年、Thanksgivingの爆裂ゴルフ3 ラウンドコンペ以来である。あの時は、ここは2日目の会場だった。めちゃくちゃ速いグリーンが印象深い。昨日と違い、雨の予報はないが、空を見上げると、雲が多い。しかも、空気がとても冷たいので、ウールのズボン、長袖のポロシャツにセーターという冬のいでたちである。

前半は2パー、2ダボで45。パーが先行したので、45まで落としてしまい、残念だった。
ショットは、悪くない。また、あの速いグリーンで17 パットと上出来だった。後半、11番でダボをたたくと、12番左ドッグレッグ池のミドルホールで痛恨のダブルパー。この後、流れを変えられず、結局53と大たたきしてしまった。98。不甲斐ない。

どうも、流れをコントロールするのが下手なところに根本的な原因があるような気がする。この辺を改善することを今年前半の課題としよう。また、今回は、秘密兵器のカムコーダーでスウィングを録画し、じっくり分析することができた。やはり、トップで右足に体重が乗り切っていないこと、ダウンスイングで頭が残っていないこと、コックを解くタイミングが早過ぎること、ダウンスイングで左脇がだらしなく開いてしまっていることなどが一目瞭然だ。これだけ欠点が明らかに見えれば、矯正するのも、そう難しくはないだろう。
練習あるのみ。

a0064654_15424050.jpga0064654_1543150.jpga0064654_15431294.jpg夜は、Tomoさんご夫妻を家にお招きし、スコアのことは忘れて飲み会。奥さんが一時帰国して1人ぼっちのNKも誘った。スコアのことは忘れてといっても話題はどうしてもゴルフのことになる。会うのは2回目なので、だんだん打ち解けてくる。メニューは、チーズのオードブル、枝豆、味噌豚、海老のオリーブオイル漬け、モントレーパーク漬け、メインは、チキンオーブン焼である。このうち、モントレーパーク漬けは、NJへ行ったY子さんの、またチキンは、Junちゃんのレシピである。爆裂の輪はこんなところにも広がっているのだと実感する。どれも、僕の好物ばかり。ワインも手伝い、また、腹が苦しくなるほど食べてしまった。ワインは4本空いた。Tomoさんはまったく酒を飲まないので、残りの4人が1人1本飲んだ勘定だ。よく飲んだものだ。ゴルフと飲み会、充実の週末である。
[PR]
by gomanis | 2006-01-17 15:43 | ゴルフ

Surfside

ゴルフから帰り、マニスに邪魔されながら一寝入りしたあと、久しぶりでSurf Sideに出かけた。しばらく外食していなかったので新鮮である。

a0064654_15551435.jpgまずは、ビールで乾杯。今日のお奨めに鮑蒸しがあるので、頼んでみる。鮑は、生のものは硬いばかりで美味いと思わない。蒸したものは、貝らしい歯ごたえがあり、非常においしかった。味はついており、それに肝を絡めていただく。カワハギの刺身で、肝を醤油に溶いて身をつけて食べることがあるが、あんな感じである。ただし、醤油には溶かず、直接鮑の身につけながら食べる。とても濃厚なので、大量に食べられるものではないが、前菜として少しつまむ分には、美味い。きりっとした日本の味を感じる。もう一品、鯵のたたきももらう。





a0064654_15561513.jpga0064654_15562587.jpga0064654_15563788.jpg
a0064654_15572747.jpga0064654_15574094.jpg








大七喜元(きもと)の冷酒に換える。握ってもらう。いつもの通り鰯、白身から。白身は、鯛の昆布〆があるというのでこれをもらう。うん、美味い。久しぶりだ。日本の寿司と同じとは言えないが、これは、これで、なんというか、サンディエゴの寿司というカテゴリーだと思えば、十分楽しめる。ミル貝、ウニ。この辺も安定した味。ミル貝はますます好きになってきている。前は、見向きもしなかったものだが。小肌、エンガワ、縞鯵、トロ。そろそろ〆ようと、納豆巻と赤だしを頼んだところで、カミサンが鯖を頼んでいないと言い出すので、納豆巻を一旦中断してもらって鯖をもらう。こうして書いていると今日は、青魚が多かったようだ。納豆巻を作るところを見ていたが、意外に、手間がかかるものだということを初めて知った。まな板の上で、結構、時間をかけて引き割り納豆状態になるまで丁寧に包丁でたたくのだ。一遍に全部たたけないので、何回かに分けてたたくようだ。更にこれにきゅうりの千切りが入る。納豆巻なんて、容器から出して握って切っておしまいと思っていたが、とんでもない思い違いをしていた。そういえば注意深く観察していると、鰯も小肌も注文を受けてから、切り身から皮を剥がしたり背びれ(のようなもの)を切り取ったりしていた。食べる側で美味いだのまずいだの好き勝手書いているが、板前は、たいしたものだと認識を新たにした。
a0064654_15582084.jpg

Surfside Sushi
4527 Mission Blvd, San Diego, CA 92109
858 273-2979
[PR]
by gomanis | 2006-01-15 16:07 | 美食

2006年初ラウンド Eagle Crest

a0064654_15195691.jpg年初から、なかなか機会がなく、うずうずしていたが、今日、ようやく今年初ラウンドができた。会社のコンペでEscondidoのEagle Crestへ。ここは、家から車で15分ほど北へ行ったところ。ワイルドアニマルパークの近くの丘陵地帯に作られたコースである。短いが、どのホールも狭い。

バックスウィングできちんと右足に体重を乗せること、アーリーコックしてヘッドスピードを上げることで飛距離を伸ばし、余裕を持ったゲームをすることを目標とした。それから、組み立ての基本は、FourteenのLob Wedgeによる寄せワン。ラウンド前の練習で、K君から、コックは前より良くなったが、リリースが早すぎるとの指摘を受け、改善。これは、青木功の本に書いてある、ダウンスウィングで右ひじを身体のの中にめり込ます意識というのと同義語であろう。こうすることにより、腕が地面と平行なところまで下りてきても手首は90度近くのコックを保ったままにすることができる。いわゆる、タメができる、と青木功は書いている。これで、同じ距離でも前より、一番手から二番手短いクラブをもつことができるようになった。

前半、1バーディー、3パー、ダボなしの40と非常に快調な滑り出し。戦略通りのゴルフができて、大変満足だった。パットがよければ、あと2つへこませることができたが、これは、たらればの話。

後半、天気予報通り、雲が厚くなり、気温が急に下がる。今にも降り出しそう空模様である。コックを使う打ちかたの課題は、ウッドだ。アイアンは、顕著に改善したのだが、後半になり、同じ打ちかたをウッドに応用しきれない場面が出始めた。狭いコースなので、ティーショットは基本的にSonartecのFWウッド(3W相当)を使っていたのだが、身体が硬くなってきたのか、クリーンに当たらなくなってきたのだ。それでもパー先行で頑張ったが、13番ロングでついにダボ。何ヵ所か広いところでドライバーを使ってみたが、手打ちになってしまい、実用に耐えるものではなかったので、短いのに戻した。この後、パー一個、ダボも一個で後半は44。計84で打ち初めを飾ることができた。ただしH/C differentialの方は、白ティーなので12.8しかつかなかった。

明日はSCGA。今日の調子で80台を目指したい。

1656 Cloverdale Road
Escondido, CA 92027
760-737-9762

TEE PAR YDS SLP RTG
Blue 72 6,417 136 71.6
White 72 6,035 125 69.3
W-White 72 6,035 135 75.6
W-Red 72 4,941 123 69.9
[PR]
by gomanis | 2006-01-15 15:22 | ゴルフ

水曜日の食卓

a0064654_1684230.jpg水曜日は待ちに待った飲酒日である。このところ、なぜか、水曜日というと日本酒が多い。今日の食卓も、和風。酢蛸、青唐辛子と雑魚の炒ったもの、油揚げの素焼き、それにサラダ。誕生日の残りのシャルドネで始める。酢蛸は、子供のころ大好きだった。こうして食べてみると、結構甘いものである。わさびを少しつけるとちょうどいい。青唐辛子の炒ったものは、大好物のひとつ。中国の湖南料理に、青唐辛子をまるのまま油で炒め、醤油をかけるというシンプルで、味わい深い一品があるが、それに通じる味だ。ピーマンは嫌いなのに、唐辛子は好きなのである。不思議なものだ。これにかりかりとした食感を添える、雑魚。ごはんのおかずにはならないが、酒のつまみとしては上の部類に入る。白ワインはあっというまになくなり、くろさわの冷酒に移る。油揚げの素焼きは、なにしろ、黄金色が目に鮮やかだ。これを辛子醤油でいただく。油揚げは、頼りなく軽く、口に入れるとこれまた頼りなくぱりっと崩れる。箸休めによい。サラダは、青菜、たまねぎ、トマトにかまぼこの小切りを載せたもの。野菜をわっしわっしと食べる。ウチは、飲酒日はご飯などの炭水化物は摂らないので、これで結構、低カロリーだと思う。翌日は、案外、体重が減っていたりする。何気ない、日常の食卓、またいいものである。
[PR]
by gomanis | 2006-01-14 16:12 | 我が家の食卓

誕生日

アメリカに来てから、いつも誕生日がトレードショーの出張と重なるようになってしまった。今年もそうだったが、サンディエゴに戻った夜に、一日遅れの誕生祝をしてもらった。
出張中にカミサンから何が食べたいか聞かれ、洋食、最後は美味いパスタで〆たいが、前菜は、今まで食べたことのない粋なつまみを、とお願いしてあった。カミサンもこんな抽象的な頼まれ方をされても困るのだろうが、これを通じて、新しい料理が見出されて定番化すれば、我が家にとってすばらしいことである。
a0064654_1647138.jpga0064654_16474110.jpga0064654_1647596.jpga0064654_16481581.jpgシャルドネで乾杯。マニスにも一口なめさせ、一応、参加させたことにする。さて、本日のメニュー。海老のソテーにふんわり卵と香味野菜添え。海老がいい具合に仕上がっていて白ワインによく合った。卵も口に柔らかく広がる食感がよかった。ジャガイモとアサリの炒め物。これは、確かに今までに見たことのない取り合わせ。アサリは、新鮮な剥き身が売っていないので、殻付のものを買ってきて、茹でて開いて身を取ってくれたのだそうな。ありがたや。この組み合わせは意外に合うな。牛肉としし唐。オーソドックスな味。しし唐でなく、ハラペーニョにしたらつまみとしてはもっと美味かったかもしれない。そしてマグロとアボガドの和え物。食材としては両方好きなのだが、今日は、新しい試みとしてビネグレットソースを使ってあった。僕は、どうもバルサミコが苦手である。。。でもこれだけ用意してくれたカミサンに感謝。手間をかけてくれたことが一番の誕生祝である。酒は、シャルドネに加えて、途中でメルローも開ける。海老は白ワインで、牛肉はメルローで、と誕生日ならではのハッピー状態である。
a0064654_1649420.jpg〆は、硬めに茹でたアリ・オリオ・ペペロンチーノ。小皿にあっさり盛りにしてもらい、麺の食感とにんにくの香りを堪能する。あぁ、いつ食べても美味い。デザートにチョコレートケーキも買ってくれていた。蝋燭を吹き消し、記念写真。食後酒は、いつものようにJack Daniel’sをだらだらと飲み、出張の疲れも手伝って溶けるように眠りに落ちた。
[PR]
by gomanis | 2006-01-11 16:51 | 我が家の食卓

しゃぶしゃぶ

a0064654_14452085.jpg元旦の夕食は、しゃぶしゃぶにした。おせちの後で肉が食べたかったのだが、洋食は、ちょっと、という気分だったのだ。この虹屋の牛肉は、口に入れた瞬間、思わずカミサンと顔を見合わせたぐらい旨かった。日本の上等な肉のような霜降りぐあいで、しかも臭さがまったくないのだ。厚さも申し分ない。サンディエゴ在住の方、是非お試しあれ。タレはポン酢とゴマだれの二種類だが、僕は、断然、ポン酢のほうが好きである。薬味は、自家製もみじおろしとわけぎ。ちなみに、この薬味入れは、日本に帰ってしまったY子さんの手作り陶器である。色合い、形ともにまことに味がある。土鍋がまた風情があってよい。普段は、大きすぎるので使わないのだが、今日は、正月ということで、特別。野菜は、水菜に椎茸。ワインを開け、正月から好調である。
a0064654_14412832.jpg
[PR]
by gomanis | 2006-01-03 21:26 | 我が家の食卓

マニスの雑煮

a0064654_1152059.jpga0064654_1153520.jpga0064654_1154485.jpgマニスにも正月は来た。特製の雑煮が振るわまれたのだ。一丁前に出し汁が使ってある。餅はないが、代わりに好物の鶏肉が入っている。それに彩を添えるにんじん。にんじんもちゃんと型に抜いてあるぞ。よかったな、マニス。

お行儀よく待ての後、5秒で平らげました。
[PR]
by gomanis | 2006-01-03 01:16 |

元旦

新しい一年の始まりである。我が家では、カミサンの定番おせち料理で元旦を迎える。今年は、年末まで旅行に行っていたので、端折った内容になったが、それでもよくこれだけ用意してくれたと頭が下がる。毎年、同じものを食べ、同じように過ごすところに価値がある。それを積み重ねることで、更に価値が上がるというものだ。

a0064654_0224576.jpga0064654_0225746.jpga0064654_0231977.jpga0064654_0233087.jpg






a0064654_0234034.jpga0064654_0234887.jpga0064654_023582.jpg黒塗りのお盆に、朱色の徳利が基本セット。昼なので一合だけだが、これは儀式だから形が大事。何はなくとも数の子。これが塩抜きしたり時間がかかる(らしい)が、今回は限られた時間で大変美味く仕上がった。一粒一粒の食感がたまらない。紅白膾、縁起物である。ゆずの香りがよい。煮しめ。鶏肉、椎茸、レンコン、にんじんなどが入る。今年の椎茸は、カミサンが絶賛するとおり、肉厚でとても風味が強くおいしかった。紅白のかまぼこに、鯵と小肌の酢〆。これは市販品であるが仕様がない。鰊の昆布巻き。フルバージョンだと、これに田作りと黒豆が入る。

a0064654_0241426.jpgこれらをいい加減いただいたあと、真打、お雑煮の登場である。うちは、出し汁に焼いた餅が基本。具は鶏、椎茸、三つ葉、それに今年はイクラのしょうゆ漬けが入った。お雑煮の出汁は、味わい深く、ほっとした気分にさせてくれる。いくらがコクを増すのには驚いた。

世界のどこにいようが、この料理の数々で正月気分が味わえるというものだ。
今年も健康で楽しく暮らせますように。
[PR]
by gomanis | 2006-01-02 07:08 | 我が家の食卓