<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

8月20日(日)プチ夏休みDay3 Carlton Oaks

5月ぐらいに、会社の若い人たちが(なんか抵抗あるな、この言い方)ゴルフを始めたのを知って、一度一緒にやろうと誘ったところ、是非やりましょう!という話になっていた。なかなか日程が合わなかったが、ついに先週末、実現。場所の選定をお願いしたところ、なんとCarlton Oaksを取ってくれた。ここは、僕の7大好き好きゴルフ場のひとつ(他の6つはTorrey Pines South、Steele Canyon、Maderas、Redhawk、Cross Creek、SCGA)なので、嬉しい。しかし一方で、Perry Dye(Pete Dyeの息子)の設計によるこの難攻不落のコース、皆さん大丈夫だろうかと、不安もよぎった。

a0064654_15194821.jpgラウンドは午後からなので、まずは腹ごしらえ。しっかり食おうということで、富臨(China Max)の飲茶へ。点心3品と、好物の銀芽肉糸炒麺を頼む。この炒麺が、堅焼きそばの上にあんかけが乗った絶品なのだ。豚肉の甘みとしゃきしゃきのモヤシが、旨みをたっぷり含んだあんかけスープを纏って焼きそばに絡みつく。香ばしさと旨さのハーモニーだ。こんな美味い炒麺は、なかなかお目にかかれない。紅酢をたらりとかけ回すと、今度は、甘みがきりっと引き締まり、やがて口の中で一層の甘みが広がるのだ。よい昼ごはんであった。

炒麺の話に自分で興奮してしまった。話をゴルフに戻そう。

今日集まったのは、NちゃんとKのI夫婦、AsakoちゃんとManちゃんのT夫婦、AっちゃんとSスケのW夫婦、それにウチの4組。皆さん、年齢は30歳前後、ゴルフ歴ほとんど1年未満の人ばかりだ。しかし、ブログなどを見る限り、相当、はまっているようで、ゴルフナッツと呼べる人も何人かいる模様。この人たちがより上手くなり、一層ゴルフにはまってくれれば、思う壺この上ない喜びだ。できる限り、力になってあげよう。

僕を囲んでのゴルフという設定にしてくれ、ちょっとこそばゆい感じがする。組も、前半、後半、それぞれ3人が入れ替わり、すべての人(カミサンを除き)が僕とハーフを一緒に回れるようにしてくれるという。気遣い、ありがたいことだ。

a0064654_15201130.jpgFront9は、Nちゃん、Aっちゃん、Manちゃんとのペアリング。
出だし、いきなりティーショットが右にプッシュアウト、クロスバンカーに入ったりして、ダボスタートになってしまった。続くショートホールでも一番打ってはいけない右のグリーン下のバンカーに入れてしまい、結局、6。出だし2ホールで3オーバーボギーというさえない幕開けとなった。この3連戦、すべて出だしでこけている。いかん、いかん。これでは、勝ちパターンに乗れないではないか。案の定、この後もアプローチがさえず、結局47で前半を終えた。

Manちゃんは、初心者の域は脱している。ショットの精度を高めれば、コンスタントに90台前半が出るようになるだろう。Aっちゃん、Nちゃんも大いに改善の余地はあるものの(当たり前だ)、よいコーチを見つけ、基礎を身につければどんどん上手くなっていくだろう。

Back9は、K、Sスケ、Asakoちゃんと同組。Sスケは、日本から前日帰ってきたばかりで、結構へろへろ状態だったらしい。力が抜けていいショットもいくつか見られた。Kは、ゆったりといいスイングをする。アーニー・エルスを髣髴とさせると言ったらほめ過ぎか。でも彼も、初心者の域は脱している。あとは、メンタルな部分が課題か。ただし、この課題は重いゾ。Asakoちゃんは、皆が言うように、スイングは切れがよく、きれい。コースマネージメントを考え始めれば、俄然、スコアが安定するだろう。

かくいう僕は、後半になるとドライバーが当たりだしたものの、やはりアプローチが悪く、なかなか寄せワンのチャンスがめぐって来ない。なんとなく不完全燃焼のまま、45で後半を終えた。合計92、Differentialは15.9。なんと言ってもアプローチ成功率12/21=56%はひどすぎる。9打損しているということだ。

ラウンド後は、旧Boochoで焼肉で打ち上げ。たらふく食べて飲んで、ゴルフという共通の話題で盛り上がり、楽しい一日のしめくくりとなった。皆さん、ありがとうございました。

さて、皆、結構、楽しかったらしく、次回があるかもしれない雰囲気になっている。本当にやるとしたら、今度は、H/Cも設定し、厳しく勝負勝負と行きたいものだ。僕も含め、皆さん、それまでに大いに練習しておきましょうね!
[PR]
by gomanis | 2006-08-25 15:31 | ゴルフ

8月18日(土) Surfside

a0064654_1341329.jpga0064654_13401956.jpga0064654_13403171.jpgVineyardで不甲斐ない成績で終わった日の晩御飯は、カミサンと2人で久しぶりにPacific BeachのSurfsideへ。なじみの板さんの前に座ると落ち着く。でも最近、日本人客が一層減っているようで心配。アメリカ人にめちゃくちゃ受けていると言うべきか。




a0064654_13404819.jpga0064654_13411053.jpga0064654_13412077.jpgお腹がすいていたので、つまみは鰹のたたきだけにとどめ、どんどん握ってもらう。鯵と鮪赤身から入り、ウニ、ひらめ、ミル貝。続いて甘エビ、エンガワ、鯖、イカと好物をもれなくいただく。 その後は、やはり一番おいしいウニに戻り、最後に納豆巻とサーモンスキンロースに赤だしで〆、というコースだった。


カミサンといろいろ話しながら、杯を傾け、時々板さんとも会話を交わす。楽しいひと時に今日のスコアも忘れ、明るい気分になれた。

そうそう、Surfsideがゴルフトーナメントを企画しているらしい。いつ、実現するのかわからないが、優勝は一年間、寿司食い放題とかにならないかな、と夢想することしきりだ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-24 13:46 | 美食

8月15日(水)飲兵衛の食卓

a0064654_13333877.jpg話は戻って先週の話。

月・火・木曜日を休肝日と決めてから、水曜日は酒盛りの日となった。やはり根が好きなほうだから、反動が来るのだろう。料理のほうも、つまみ系の創作料理が出てきたりして、楽しみな日でもある。

まずはビールで乾杯し、枝豆をつまむ。この日の献立は、大皿に〆鯖と味噌豆腐の二点盛り。味噌豆腐は市販のものだが、凍豆腐のような歯応えで、薄い味噌味がチーズにも似た風味を感じさせる。ちびちび齧りながら日本酒をすすると、いかにも飲兵衛という気分になる。最近の定番になりつつある。

野菜が不足になりがちなので、サラダも一緒に食べる。これは赤キャベツが基本だが、初の試みとして焼き椎茸の細切が載っている。サラダは、一般に酒に合わないと思っているが、この椎茸の香りで、あまり違和感はなくなる。

本日のメインは、鶏肉の香味焼き。醤油味を基調に、BBQ用のスパイスをまぶして焼いてある。このスパイスは、鮭の板焼き用のもので、唐辛子のほか、いろいろな香辛料がブレンドしてある。アジア系ともメキシコ系とも言えない、エキゾチックな味のする、不思議な調味料だ。魚用なので、マイルドなテーストで、淡い鶏肉にもよく合うし、日本酒ともけんかしない。

男山をぐびぐび飲んで楽しい飲酒日を過ごす。
[PR]
by gomanis | 2006-08-24 13:35 | 我が家の食卓

8月19日(土) プチ夏休み Day2 Vineyard すべては見栄のせい

a0064654_13341162.jpg会社のO君夫妻と4人でVineyardを回った。ここは、サンディエゴに引っ越してきたころは、家から近いこともあり、割と頻繁に行っていたのだが、プレーヤーを入れすぎるせいか、待たされることが多く、足が遠のいていた。イメージ的には、易しい部類に入るコースで、かなり好スコアを狙っていた。

それが終わってみると、95(48,47)。自分の下手さにいやになってしまう。原因は、2番ホールの第2打だ。左ドッグレッグの短いこのホールは、2打目が池越えになる。グリーンのエッジまで池になっているので、かなりのプレッシャーだ。ティーショットはSonartecのハイブリッドユーティリティで上手く打てた。残り、147Y。普段ならば、勿論、狙う距離だが、何しろ池越えだ。ライも草がなくて打ち辛そう。加えて最近は、ミドルアイアンの調子がとても悪い。右に刻んでいくかどうかさんざん迷った挙句、やっぱり“行っちゃう”ことにした。バフっ。ダフリ特有の鈍い手ごたえを残して、ボールは、力弱く、池でもなく、池の更に左の藪のなかに消えていった。打ち直しがまたトップで池にまっしぐら。こうなるともう初心者に逆戻りである。ああ、情けない。結局10叩いてしまった。

2番を終わって5オーバーボギー。昨日はここから頑張って80台まで戻したのだが、この日は、立ち直れず。これ以上沈まないようにするのが精一杯だった。Differentialは、確か20ぐらい。消しゴムで消してしまいたいようなレコードだ。

なぜ、あの場面で右のフェアウェーに刻めなかったか?147Yを刻むのは恥ずかしいという見栄以外の原因は思い浮かばない。不安は、確実にショットに出るのがゴルフというものだ。自信がなかったら、そのショットは絶対にしてはいけない。特に大たたきのリスクがある場合はなおさらだ。わかってはいるのだけれど。反省、反省。

O君は元大学ゴルフ部主将。長躯を活かした、スイングアークの大きなダイナミックなフォームである。練習を重ねただけあって、大変きれいなスイングだが、よく観察しているうちに、ひとつ気づいたことがあった。ウッド、アイアン、からショートアプローチ、はてはパッティングまで、同じスイングなのだ。リズム、目の位置、加速しながらインパクトと迎えるところ、フィニッシュの形まで、振り幅にかかわらず、同じ振り方をしている。大いに勉強になった。

a0064654_13344211.jpgゴルフには何の関係もないが、18番ホールの脇にホークを発見。すぐ目と鼻の先の枝に止まっていた。すげぇ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-23 13:36

8月18日(金) プチ夏休み Day 1 Torrey Pines North

a0064654_13293698.jpg仕事が一段落ついたので、遅ればせながら、一日ばかり休みを取って、楽しむことにした。カミサンがつきあってくれないので、一人でTorrey Pinesへ。久しくプレーしていないNorthを選ぶ。

ばらばらに来たアメリカ人3人と一緒の組になる。1番パー5の2打目がラフに行ってしまい、見つからない。大して難しいエリアとも思われなかったのだが、ラフは結構深く、残念なことにロストボールになってしまった。こういうとき、一人で来ていると大変困る。皆、知らない者同士なので、冷たいこと冷たいこと。誰も一緒に探してくれやしない。結局このホール10で上がる。いきなり4オーバーボギーだ。

自分でえらいと思ったのは、これでめげず、最善を尽くそうと、一所懸命にプレーしたことだ。 ドライバーのできは、全くよくなかったが、左右にぶれず、フェアウェーキープ率だけはよかった。また、アプローチとパットが好調で、地味ながら、丹念に寄せワンを拾っていった。

上がってみれば2番からは6パー、11ボギー、ダボなしの88。Differentialのほうは、最初のホールが2打アジャストとなり、86で12.3。一応“勝ち”と言える範疇に帰結した。前に、今の技量では、無難に始め、アンダーボギーを重ねていくしか勝ちパターンはないと書いたことがあったが、こういうパターンで“勝った”のはとても喜ばしい。今後の励みにもなるだろう。

今日のゴルフのもうひとつのテーマは、“身体いじめ”だった。朝5キロを走ったあとプルカートでセルフでまわると身体はどう反応するか、実験したかったのだ。もちろん、初めてのことだ。結果は、上り坂など、辛いところもあったが、割と楽に完走できた。スイングも、腰の切れが悪くなるなどの現象もなく、影響は見られなかった。これも嬉しい収穫だった。

a0064654_13301544.jpga0064654_13303585.jpg晩御飯は、庭でBBQ。コロナビールに椰子の木のある風景、最高である。カミサンの今日の創作メニューは、椎茸に梅干と何かをつめて刻み海苔を載せ、BBQで焼くというもの(何かは忘れた)。焼き時間はごく短く。椎茸がしっとりしているうちにいただく。さっぱりとしていて、きゅぅっと酸味も効き、しゃれた前菜となった。ほかには、海老の香味焼き。これは、最近定番になりつつある、オリーブオイル、香味野菜に漬け込んだ海老。ビールにもワインにも合う旨いつまみだ。





a0064654_13352091.jpgメインのステーキを食べていると、浦野絵須子さんから電話。餃子を作ったのでおすそ分けしてくれると言う。これは、ラッキー。最近、久々に絵須子さんの手料理が食べたいなどと勝手なことを言っていたばかりだったのだ。塀越しの受け渡し。これが、なかなかご近所さんならではで、よいのである。白い皮に焦げ目が食欲をそそる。醤油とラー油のたれで、カミサンとぺろりと平らげた。お味のほうは、勿論、絵須子さんのことである、裏切らない。大変おいしゅうございました。

中断していたステーキの残りもおいしく食べ、ほろ酔い気分で中に入る。ソファでマニスを侍らせ、背中など撫でているうちに金曜日の夜は更けていく。
[PR]
by gomanis | 2006-08-22 13:43 | ゴルフ

8月11日(金) 納豆チャーハン

a0064654_13252015.jpgYumiちゃんのブログにに刺激を受けたこともあり、カミサンに納豆チャーハンを作ってほしいと前からリクエストしていたところ、金曜日の朝に作ってくれた。

最近、はまっている、健康によいという五穀米が使ってある。白米よりもパラパラしていて、チャーハンに合う。具は、卵、わかめ、ゴマに加え前の日のサラダの残りの赤キャベツ、それに雑魚が入る。納豆をチャーハンに入れると固まって大変なのではないかと思ったが、案外、簡単にばらばらになると言う。

納豆という、きわめて個性の強い具が入っているので、当然、この風味が圧倒的な存在感で全体を支配する。これにワカメやキャベツの食感が多彩さを添える。雑魚とゴマは、食感だけでなく、風味を豊かにする役割も果たしている。見た目は美しいものではないが、味のほうは、納豆好きの日本人には病みつきになる旨さである。

これで栄養をつけ、昼からTorrey Pinesに挑戦だ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-22 13:25 | 我が家の食卓

8月13日(日)日本式焼肉 鈴屋

日本式の焼肉屋がオープンしたと聞き、Asakoちゃんのブログで住所を調べ、カミサンと行ってみた。出張未亡人のTomoさんもジョインする予定だったが、たまこの具合が悪く、残念ながら来られなかった。

場所は、Claremont Mesa、I163の東側、大阪キッチンと同じモールだ。

a0064654_058141.jpga0064654_0582552.jpg店内は、10卓ほどあろうか、こじんまりした感じだが、内装工事が終わったばかりです、といった新しさがただよう。生ビールが美味いというので、頼んでみる。キリン。うーん、噂通り、ジューシーで美味い。美味いビールというのは、麦の香りというか、果実のような酸味とコクがあるものだ。

メニューは日本語だが、従業員はメキシコ人と日本人と両方いる。みな、きびきびと働き、サービスもとても好感が持てる。

上カルビ、上タン、上ミノをもらう。いくつかの点で、この店、大変気に入ったのだが、まず、盛と値段がリーズナブルなこと。1オーダー、6切れぐらい盛ってあって$6~$7ぐらいだ。韓国系のところにいくと、たいてい、大盛りで、一皿$20近くする。大勢で行くならいいが、夫婦2人で行くには、ちょっと多すぎるのだ。

さて、肝心の肉だが、上タンは、最上級という評価。サンディエゴに来て食べた牛タンの中で、間違いなく一番おいしかった。適度な弾力と柔らかさのバランス、そして、噛んだ時の、まったく臭みのない、純粋な肉の甘みだけを味わえる質の高さ。思わず唸る一品だった。

カルビもミノも旨い。牛タンの味が鮮烈だったのでちょっと霞んでしまったが、十分に楽しめる旨さだった。

仕上げにキムチチャーハンと冷麺をいただく。冷麺は、出汁にもう少しコクが欲しかったのと、麺ももうすこし腰が強くあって欲しかった。キムチチャーハンはお奨め。米粒がモチモチしていて、具材もちょうど良い量が入っていて、大変おいしかった。ただ、結構辛いので、辛いのが苦手な人は要注意。

日本式の焼肉屋ができたのは嬉しい限りだ。

鈴屋
TEL:858-505-0611
月~土 17:00-24:00、日 15:00-22:00
5447 Kearny Villa Rd.,#A San Diego
[PR]
by gomanis | 2006-08-21 01:01 | 美食

8月11日(金) すき焼き

a0064654_0204467.jpg週末の夜、すき焼きを食べる。すき焼きは、心躍るものがある。
まず、見栄えだろう。食卓の中央にでんと置かれた鍋は、平和で華やかだ。週末の到来を迎えるのにまことにもってふさわしい。

そして主役の肉。適度に脂の差した牛肉はジュウジュウ煙を上げ、出汁をかけられるとあっという間に全身色が変わる。火が通り過ぎないうちに鍋から上げ、溶き卵を絡めて食べる。この最初の一切れがたまらない。肉の旨みが口いっぱいに広がり、出汁の醤油味と生卵の甘みが絶妙のハーモニーをかもし出す。

前半で次に美味いのは、意外に葱だったりする。葱は入れっぱなしにしておくと、やがてくたっと煮つまり、輪切りにした断面の幾重にもなる層の間に出汁が染み込み、いい感じになる。これにも生卵が欠かせない。ほのかに残る粘膜のねばっとした食感と香味が、出汁を十二分に吸って深い味わいになる。肉を食べる間の箸休めとしてもよい。

一般に食べる、白菜とか春菊、椎茸といったものには個人的にはまったく興味がない。栄養のバランスで食べたほうがいいんだろうな、という程度だ。

仕上げに食べて、肉と同じぐらい美味いのは、白滝だ。熱々になるまで、出汁の中でぐつぐつ煮る。箸で一掴みを卵に絡めて食べると、非常にこしの強いそばを食べている感覚だ。しかもそばのように、噛んでいるうちにぐちゃぐちゃにならず、最後までプリプリしているところがまた良い。これも出汁をいっぱい吸ってそれ自体、濃い味に仕上がっているので、卵の甘みが一層引き立つ食材だ。残念なのは、白滝を食べるころには、卵もだいぶ出汁が混ざってしまっていて、元来の甘みをずいぶん失っていることだ。

昔は、ここで卵をもう一個割って2人で分けたりしたものだが、最近ではそこまではしない。カベルネを1本空け、ちょうどいい心持だ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-21 00:29 | 我が家の食卓

Twin Oaks もう少し

a0064654_14195176.jpg日曜日、会社の定期コンペで久しぶりにTwin Oaksでラウンドした。結果は、86 (42, 44)。Differentialは12.3で、採用になったものの、5月に出した一桁のDifferentialが消えて、Trend Indexは12.0まで後退してしまった。トホホ。

しかし、かなりいい感触をつかんだラウンドだったので、後味は、悪くない。

出だし、いきなりの3連続パーで、今日は行けるとの感触。東京から来たエライ人と一緒のカートだったが、気にしちゃいられない。自分のスコアのために全力を尽くすのみである。しかし、その後、意外にスコアが伸びなかったのは、気負ってアイアンが乱れだしたからだろう。また、数少ないパーオンしたホールで、すべて3パットでパーを逃した。嬉しい時も心の平静が必要なんだね。

しかし、ドライバーがそこそこ安定し、アプローチもよく、パットも合計では悪くなかった。2nd ショットのアイアン、特にグリーンを狙うショートアイアンが改善すれば、再びシングルも見えてくるだろうと思う。

今週末は、土日ともラウンドの予定が入っており、うきうきだ。
[PR]
by gomanis | 2006-08-17 14:19 | ゴルフ

鶏団子鍋

a0064654_14141427.jpga0064654_14142798.jpg先週の話になるが、鶏団子鍋を食べた。カミサンが、ひき肉を使わず、鶏肉の塊から叩きに叩いて作ってくれたのだ。こうして作った団子は、肉汁たっぷりで堪えられない旨みがある。潰したところにいろいろ調味料を入れるのだろうが、今日の団子はいつにも増してしっとり粘りがある。訊いてみると、エノキを入れたのだそうだ。なるほど、よく見ると、細かいエノキが鶏肉の間に見え隠れする。クリアスープでいただく鶏団子、僕の大好物である。薬味に、いただきものの『ゆず辛子』を使ってみる。小匙に少々だけ入れてみるが、ゆずの香りの中に、鮮烈な辛みがある。鶏肉の出汁をきりっと立たせる逸品だ。

白ワインとともにいただく、大変美味しい鶏団子だった。ごちそうさま。
[PR]
by gomanis | 2006-08-17 14:14 | 我が家の食卓