<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2007年5月22日(火) 僕がJack Daniel'sをこよなく愛する理由(わけ)

a0064654_13231635.jpgミネアポリスに来ている。取引先とのディナーを終え、ホテルに帰ってきた。今回の出張はディナー自体が目的のようなものなので、これで出張目的は達したことになる。さて、ホテルに帰ってきて何をしよう。どこか遊びに行く元気はとうにないし、部屋に帰ってメールをやるのも芸がない。やっぱりここは、取引先とのディナーで遠慮した分、飲もう。ホテルの一階にあるこじんまりしたバーへ行き、1人で渋く(?)カウンターで飲(や)る。頼むのは、迷うことなくJack Daniel’s。ダブル、ロック。

サンディゴの自宅にいるときも、Jack Danielが圧倒的に多い。一時期アジアに駐在していたときはChivas Regalとかスコッチが多かったが、今思うと、あれは仮の姿だった。本来、僕が求めているのはバーボンの味。なぜ、Jack Daniel’sなんだろう?

その昔、まだ22/23歳だった頃、僕は、中国に留学していた。22歳で本科は終え、学位も取って卒業したのだが、日本に帰りたくなかった僕は、別の大学へ横滑りし、ふらふらしていた。昼はテニスに夢中になり、夜は、勉強しない仲間とブリッジに興じながら酒を飲み、馬鹿話にきゃははと笑い転げる享楽的な日々を送っていた。しかし、そうは言っても生活費は稼がなければならない。正直に言うと、親から仕送りは受けていたし、奨学金もあった。でもそれでは、贅沢はできなかった、そして、僕は贅沢が好きだった。

伝があり、日本の、ある建築設計事務所の通訳のバイトをやることになった。その会社は、北京で新しくできるコンプレックスの設計業務に食指を動かしていて、中国側の施主と、契約交渉を行う必要に迫られていた。数ヶ月に一度、北京に来て交渉を行う。その通訳に雇われたのが僕である。4年間、本科でみっちり勉強して、中国人ともプライベートでもさんざんつきあって、言葉はかなり自信があった。中国語のみならず、日本語もたくさん本を読んでいたので、結構“いけてた”と思う。数ヶ月ぶりの交渉再開のとき、中国側が、”nice to see you again(中国語で)”というのを、『ご尊顔をまた拝することができて大変光栄に存じます』などと訳すと、雇い主の日本人は大喜びした。誤訳ではない、発言者の顔色、声色を理解し、その情緒の度合いを正確に伝えようと思っただけである。

こうして、毎回、10日ぐらいにわたって、1日8時間ぐらいの通訳業務をこなした。中国側がつけた通訳は、勉強不足で役に立たず、結局、僕が日中、中日、全て訳をやるのが恒常化した。それは、頭が火を噴きそうになるようなストレスだった。

でも、今から思うと、ビジネス責任を負っていた日本からの出張者のほうがよほどストレスを感じていたのだろう。彼らは、常に2人一組だった。設計の責任者と経理の責任者。
毎日、ネゴの後は、疲れた身体を引きずって、ホテルのバーへ行った。時にはビリヤードをやりながら、時にはバーのテーブルを挟んで、本日のネゴの総括をした。このときである、経理の責任者が、いつも、Jack Daniel’sのOn the rockを頼んでいたのは。学生である僕の分も頼んでくれた。

皆の労を労って乾杯する。8時間、しゃべり続けたところに、Jack Daniel’sが、咽喉を焼きながら落ちていった。枯れ草の匂いが鼻の奥を刺す。Jack Daniel’sが、僕にとって特別な存在になった瞬間だ。労働の終わりを告げるベル、それがJack Daniel’sであった。労働の報いを即物的に感じさせ、大人の社会を垣間見させる媒体、それがJack Daniel’sでもあった。

爾来、労働を終えた喜びを噛みしめたくなるたびに、あの枯れ草のような匂いが鼻を抜けていく快感を追体験したくなった。そして、大きな喜びの日も、ささやかな喜びの日も、この追体験を求めるようになる。でも、皮肉なことに、働くことを重ねるごとに、経験を積むごとに、労働を完了した喜びは薄くなっていく。どんなに、感動を演出しようとして、Jack Daniel’sを飲んでも、昔日の感動は蘇って来ないのである。a0064654_1323423.jpg
[PR]
by gomanis | 2007-05-23 13:28 | 美食

2007年5月12日(土) 母の日 Twin Oaks, Rancho Valencia

a0064654_16181973.jpg本当は、明日が母の日であるが、都合により、一日早く、今日、ゴルフとちょっと気張ったディナーでお祝いした。

義母がサンディエゴに来始めて4回め。昔、LAに赴任していたこともあり、アメリカはやはり懐かしさと親しみを覚えるのだろう、加えて、娘(うちのカミサン)がいることもあり、毎年一月ほど遊びに来る。今年は、今までで一番といっていいぐらい体調が良いらしく、到着して2週間余りの間に、僕の理解が正しければ、二連荘を含め、すでに6回ゴルフをしている。しかも、ほとんど疲れを見せない。日ごろの養生が良いのだろう。しかもショットも今回が一番良いようだ。あの歳にして年々進歩、素晴らしいことだ。

今日は、Twin Oaksでプレー。グリーンの練習をしようとしてはたと気がついた。パターを家に忘れてきた。。。いつかの爆裂コンペ以来のポカだ。カミサンが一打ごとに貸してくれると言うが、それもお互いに面倒だろうし、なによりペースを崩させては申し訳ない。自分で何とかすることにする。1番ホールは上手くパーオン。比較的パターに近い形状の、19度のユーティリティーを使ってパッティングをしてみた。だめだ、距離感が全くわからないし、まっすぐ打てない。3パットでボギースタート。2番ホールからは、3番アイアンに換える。ロフトを殺すように、ハンドファストに構え、短く持つ。左脇の下からにょっきりシャフトが生えてくる感じである。
打ち方は、パターと全く同じ。転がる様をイメージし、視覚と身体のフィーリングが合ったところでストロークする。パターよりも反発係数が高いのだろうか、思ったより、勢いよく転がる。しかし、だんだん慣れてきて、違和感なく打てるようになった。上がってみれば、33パット。10歩ぐらいの中距離は、パターがあればもっと寄ったのにと思う場面が2度ほどあったが,
急場の策としては、上出来だ。グロスも87、Differntialは13.1。それから特筆すべきは、アプローチ成功率。14/14で100%。サンディゴに来て記録をつけ始めて初めての快挙だ。

a0064654_16191487.jpg夜は3人で定番のRancho Valenciaへ。母の日ということで子供連れを含め、大変賑わっていた。シャンペンで乾杯し、おいしくディナーをいただく。僕は、前菜にホタテのソテーとパセリのリゾット、メインはWood GrillからPrime Rib Eyeを選ぶ。相変わらずの上品な味で美味かった。義母は、クラブケーキと12オンスの骨付きフィレミニヨン。カミサンはフォアグラと、同じく骨付きフィレミニヨン。フィレは、本当に柔らかく、絶品だった。ワインは、ナパのPlumpjackというカベルネソーベニオン。控えめに3人で一本に留める。デザートが美味かったな。フルーツの盛り合わせとバニラシャーベット。それにChambordというラズベリー酒を振り掛ける。なんともリッチな味になる。義母の、シンガポールやロサンジェルス時代の昔話など聞きながら楽しいディナーだった。お義母さん、いつまでも若々しくお元気で。
[PR]
by gomanis | 2007-05-13 16:24 | ゴルフ

2007年5月5日(土)・6日(日)爆裂蟹+番外編 連荘ゴルフ

a0064654_14353866.jpgコンペの様子は、Tomoさんが詳細に紹介してくれているので、ここでは、自分のゴルフの話をさせていただきます。

前回紹介した『禅ゴルフ』を読んでから、ゴルフがすこぶる楽しい。しめしめ、狙い通りだ。スコアは、土曜日Redhawkが93、日曜日Steele Canyon (Meadow/ Canyon)が89。めちゃくちゃ良いわけではないが、大たたきをする予兆は微塵もない。こんなゴルフを続けていけば、いずれスコアも下がり出すに違いない。

大きく改善したのは、ゲームの考え方そのものだ。どういうゴルフをしたいのか、と言い換えてもよい。目標は高く、貪欲に、しかし、その欲がショットに悪影響を及ぼさない。そういう、ついこの間まで不可能に思えたことが、じつは、やりようによっては実現可能なのだということが、ちらりと垣間見えたところだ。目標スコアの設定、戦略の策定、ホール毎のゲームプランと各ショット時の心のあり方という4つのレイヤーが明確に区分けできるようになった。特に、最後の、各ショットに際して何を考えるかというのが非常に大事なようだ。

『禅のゴルフ』で教えているのは、『今』に集中しなさいということ。この一打、どこに打ちたいのか。落下地点をイメージし、転がる様をイメージする。弾道をイメージし、その弾道を生み出すスイングをイメージする。あとは、そのスイングを再現することに集中すること。ティーショットの時に、前のホールの入らなかったパットのことを考えてはいけないし、今日はもう90が切れないなどということも考えてはいけない。それは、過去のことだからだ。同様に、このホール、バーディーを取れば、80台が狙える、などとも考えてはいけない。それは未来のことだからだ。大切なのは、目の前のこのショットを、イメージ通りに、狙った場所に運ぶこと、それだけである。2日間で182回ストロークしたわけだが、半分以上は、これが実践できたような気がする。それでもまだ半分は邪念が入る。

この方法は、特に、距離が短く、二次元でイメージしやすいパッティングに絶大な効力を発揮した。どのルートをたどり、どのぐらいのスピードで転がり、何秒後にカップインするのか。これをイメージすることは、極めて有効だった。長いパットならば、OK圏内に止まる様を想像するだけでよい。そのx秒後にカップインする球を打てるような素振りを行い、しっくりきたら打てばよい。入らないまでも、ぐっと寄りやすくなる。これで、土曜日は30パット、日曜日は31パットだった。

ゴルフが上手い人は、皆、こういうことを自ら会得して実践してきたのだろう。遅ればせながらわかってきたので、後は、実践あるのみだ。天気もサンディエゴらしく日差しが眩しくなってきたし、今週末もまた楽しみだ。
[PR]
by gomanis | 2007-05-11 14:36 | ゴルフ

2007年5月3日(木) 禅ゴルフ

a0064654_14461757.jpg前回、強いゴルファーになりたい、東京でメンタルトレーニングの本を探す、と書いたが、さすが日本。結構あった。その中で、はまっているのが、『禅ゴルフ』。アメリカ人が書いた本だが、“禅”は、あの禅問答の禅である。

どの辺にはまったか?たとえば、こんな寓話が出てくる。
ある若者が、粘土でできた仏像を持っていた。代々伝わる家宝で、大事にしていた。ある時、若者は、その仏像を金で覆うことを夢見るようになる。そして一所懸命働き、稼いだお金をずべてつぎ込み、ついに像を金で覆うことに成功する。だが、若者が満足したのもつかの間、金は、ところどころ剥げ、粘土が顔を出し始める。若者は必死に働き、金を購い、仏像の修繕に追われた。ところがどうしたことか、金は、粘土に馴染まないらしく、貼っても貼っても剥げ落ちる。
ある日、長く旅に出ていた若者の祖父が帰ってくる。祖父は、金の剥げた仏像を手に困惑する若者から仏像を受け取ると、愛しげに眺め、濡れた布で粘土の部分をこすり始めた。すると、粘土の下から、純金の仏像が出てくるではないか。像は、もともと金で造られたものだったが、昔、泥の中に落ち、粘土で作ったように見えていただけだったのだ。若者は、金を貼るよりも、泥を落としさえすれば、もっと楽に、長く幸福を味わえたのだ。

話は、ここからゴルフに移っていく。迷えるゴルファーは、自分のよいスイングを持っているのに、ラウンドに出ると、自信の欠如と失敗に対する恐怖から、泥をまとったおかしなスイングをしてしまっている。また、よくない部分に目を向け、金箔を貼ろうとしている。なぜ、金箔を貼るのを止め、泥を取り去り、本来持っている、よいスイングを開放してやらないのか、という教えである。おわかりだろうか。

この本がユニークなのは、我々のスイングを肯定するところに立脚しているところだ。誰もが、それぞれのレベルに応じて、“完成されたスイング”を持っている。練習場で打てるナイスショットが誰でもあるでしょう。それです。萎縮せずにそれを表に出してやればいいんです。と言っている。自分のスイングを肯定することによって、自信を持ちなさいという理屈である。

どんなゴルファーも自信が持てるマインドセットの話が前半続くが、後半は一転して実利的な話に入る。呼吸法や、ラウンド前のパッティング練習のプロセスなどにも言及している。他のHow to本と違い、1ページ1ページ、深い思考を求められる良書だ。哲学的であり、実利的でもある。

これを読み始めてから、心穏やかにラウンドできるようになった。明日の爆裂蟹も楽しく廻れそうだ。ふふふ。
[PR]
by gomanis | 2007-05-05 14:48 | ゴルフ

2007年4月23日(月)  阿部の寿司

阿部の寿司
a0064654_13311321.jpga0064654_13384753.jpg日本滞在も終わりに近づいた頃、満を持して寿司を食べに阿部へ。カミサンと義母と一緒である。
寿司も勿論美味かったが、特筆すべきは前菜だろう。旬のたけのこを2種類いただく。刺身と焼いたものである。刺身のほうは、新しい筍だけに、あくまで柔らかく、心なしか土の中のぬくもりを感じさせるものがある。焼いたほうは、無論、香ばしく、これはこれで、大変おいしい。日本人に生まれてよかったとつくづく思う。






a0064654_1332386.jpg生牡蠣。ぷるんとしていてほのかに磯の香りがする。レモンと浅葱でさっぱりと。身は、しっかりと厚く、海のミルクの名にふさわしく、豊かな味わいである。牡蠣はアメリカでも食べられるが、レストランを選ばなければ鮮度が悪いものが多い。加えて、殻にへばりついて痩せた牡蠣に当たることも多く、がっかりさせられる。












a0064654_13322068.jpgホヤの刺身。これは、間違いなく日本でしか食べられない。橙色に光る身を口に入れるときゅっきゅっと音が鳴るような噛み応えがする。そしてホヤ特有の強烈な香り。旨いものだ。










a0064654_13324440.jpg蚕豆。ぴちぴちと身が詰まっていて、畑の香りがよい。指で皮を剥きながら、どんどん食べてしまう。幸せだ。これで、やっと前菜を終え、握りに入る。どれも、大変美味かった。写真は、鰯。










a0064654_13332014.jpg
[PR]
by gomanis | 2007-05-05 13:54 | 美食

2007年4月24日(火)丸富の鰻丼


丸富の鰻丼
a0064654_1335725.jpg
前にも書いた青物横丁の鰻丼屋。朝ごはんを我慢し、11時の開店を待つように入る。厨房には、串を打たれ、焼くばかりになっている鰻の山。手前に大きな炊飯器がある。店主は、通りに面した焼き台に向かい、元気良く鰻を焼いていく。店外に突き出た換気口から、煙が盛大に流れていく。

注文は、いつもの並と味噌汁。真っ白なご飯に香ばしく焼かれた鰻の蒲焼。山椒をかけ、箸で2つに裂き、更に少しづつ身を切りながら食べていくのだが、鰻というものは、結構、皮が切れにくく、最初の一切れを食べるまでがもどかしい。焼き立てを熱々のうちに食べたいのに、皮を切っているうちに冷めてしまうのではないかと焦ってしまうのだ。こんな風になるのは、食い意地の張った僕だけだろうか。一口目が口に入った瞬間の歓喜はどうだ。香ばしさ、ぱりぱりの皮、鰻の身のちょっと泥臭いような独特の香りとそれを打ち消すような濃い口のタレ。熱々のご飯と一緒にはふはふ言いながら食べるのは、至福の瞬間だ。

味噌汁がまたいい。湯気を立ててどんぶりで出てくる味噌汁は、たっぷりのボリューム。カミサンが持てないと悲鳴を上げたほど熱々だ。具は、豆腐と油揚げ。出汁も効いて、素朴だが、とても美味い。店内は、カウンターのみ。9人も座れば一杯になる。開店とともに満員になった店内では、皆、満足そうに鰻丼を頬張っている。店外では、入りそびれた客が、羨ましそうな顔をして席が空くのを待っている。親父は常連と会話を交わしながら、鰻をぱたぱた焼く。平和な光景だ。

a0064654_13344716.jpg
[PR]
by gomanis | 2007-05-05 13:45 | 美食