<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年4月24日(木) 鳥茂 昭和に酔う

a0064654_134037.jpg『東京の古典酒場』という雑誌だったか、はたまたウェブで見たのか、記憶は定かでないが、前から来たいと思っていた店だった。これも、この2、3年、焼きトンが好きになってからだ。

会社のオフィシャルディナーでは、ほとんど何も口にせず、ひたすら空腹を我慢し、お開きになるのを待って、夜10時過ぎ、よだれを垂らさんばかりの勢いで、同僚のTS君と2人で暖簾をくぐる。五反田の有楽街の一角。一階はカウンターのみ。もうもうと煙が上がっている。女将さんと、息子と思しき旦那の2人で切り盛りしている。はて、雑誌には、気難しい親父がいると書いてあったような気がするが?記憶違いか。

店内は、とにかくあらゆるものが、この店の経てきた時代というものを纏い、燻され、脂にまみれ、昭和のヘビーな空気を醸し出している。56年前の創業だという。たとえば、壁にかかった木札。黒く、脂にまみれ、文字はまったく判読不能である。女将さんに聞くと、『掛売りお断り』と書いてあるのだそうだ。うーん、『今日は、つけといて』とそういう時代もあったのだろうな。また、反対側の壁には、昔使っていた縄暖簾がかかっている。これも脂をたっぷり吸い、縄と縄がくっついてしまっている。

a0064654_142413.jpga0064654_144399.jpgさて、その脂の元となっている串焼き。ここは、鳥茂と名乗るが、実はもつ焼き屋。煮込みをもらった後は、要領がわからないので、お任せで焼いてもらう。ハツ、コブクロ、軟骨、つくねなど。僕の目の前の炭火で、タレをつけては焼き、焼いてはまたタレをつける。もうもうと、脂をたっぷり含んだ煙が盛大に上がる。これでは、店中のものが黒くなるわけだ。味は、濃い。タレの味を楽しみながら、肉を噛みしめる。旨い、旨い。酒は、ホッピーを飲みたかったが、置いてないというので、芋焼酎をロックでもらう。小ぶりのグラスでいくらでも飲めてしまう。

左には、女性2人と男性1人、3人組の客。皆、50前で常連という感じ。陽気に騒いでいる。僕のすぐ隣には、40歳ぐらいのおっちゃん。完全に出来上がっている。連れがいたが、先に帰ってしまったらしい。女将さんにもう飲むなと叱られながら、もうちょっと、もうちょっととせがんでいる。その向こうには、若い男の客。1人で何か書類を見ながら飲んでいる。ウェブには、居心地は悪いがもつ焼きは旨い、と書いてあったが、そんなことはない。女将さんは上品で優しいし、旦那ももの静かだし、居心地はすこぶる良い。

テッポウが来た。腸のどこかだという。これがめっぽう美味かった。噛めば噛むほど、肉汁とタレの味が渾然一体となって口に広がる。臓物の臭みはまったく感じられない。もうひとつ感動したのは、お新香。蕪、黄瓜、人参の糠漬けだ。結婚して、義母の漬ける糠漬けを食べて以来、外で食べる糠漬けには、過度な期待は持てなくなってしまったが、ここの糠漬けには、同行のTS君と思わず顔を見合わせて唸ってしまった。もつ焼きの脂っこさを中和するさっぱり感も手伝ったかも知れない。

ガタン!と大きな音がした。見ると、隣のおっちゃんが床にこけている。椅子から転げ落ちたらしい。もう、しっかりしなさいよ、と女将さんがまた叱る。いいなぁ、こういうの。

最後は、野菜を焼いてもらう。銀杏、椎茸。さっぱりとして美味かった。たっぷり食べて、飲んで2人で¥11,000。僕が仙台で洟垂らしのガキだった頃に、ここでモツ焼きを頬張り、焼酎を飲んでいたオヤジがいたのだろうな、と時差ぼけと焼酎ですっかり霞のかかった頭で感慨に耽るのだった。

名代 鳥茂
品川区東五反田1-15-8-9
Tel: 03-3443-2211
閉店午後11時
[PR]
by gomanis | 2008-04-27 01:05 | 美食

2008年4月23日(水) 阿部の寿司

a0064654_1748916.jpg日本出張、今回は、2泊のみという慌しさだが、どうしても寿司が食べたくて、義母につきあってもらい、時差ぼけで朦朧としながらも阿部の寿司へ。

いつものように中村店長に暖かく迎えられ、生ビールをぐびっとやりながら今日のお薦めメニューを見る。この瞬間がたまらない。季節もので、筍焼きと新潟産山菜の天ぷらを頼む。日本では、こうして四季折々の旬のものを食べる喜びがある。筍は、野の香りが立ち、春を感じさせる。こりこりとした食感がまた良い。山菜は、薇(ぜんまい)、塩でいただく。このエグミ、どうだ。自然の恵みというものを実感する。




a0064654_17483472.jpga0064654_17485791.jpg寿司。いつものように白身から。金目鯛がしこしこして美味い。義母に付き合い、トロも。甘みが広がる至福の瞬間。青魚で小肌、鯵をいただく。これまた文句なしの旨さ。赤貝。色鮮やかにして芳醇。ミル貝は、磯の香りを楽しむ。ここは、寿司も、毎回、初めて食べるネタとの出会いがある店だが、今日の一品は、白海老だった。普通の海老よりは小さく、桜海老よりは大きい。その身の部分だけを数尾分、シャリに乗せて握ってある(視覚的にはコントラストが弱く、いい写真は撮れず。残念)。口に入れると、かなり濃厚で甘い。前回書いた白子に近いであろうか。でも海老の食感も残る。これも季節のものだそうで、今から夏にかけてのものだという。

それから秀逸だったのは、紫うに。殻ごと開いたうにに酢メシを乗せ、いくらを散らしてある。見た目もきれいで、うにの香りも強烈で、記憶に残る逸品だった。

さらに烏賊、桜海老の軍艦巻きなどをいただき、生海苔の味噌汁で〆る。今回も期待を裏切らない、満足の夜だった。中村さん、また来るのでよろしく。
[PR]
by gomanis | 2008-04-25 17:49 | 美食

4/19(土) 利口福酒家 美味い中華みつけた!

a0064654_2351333.jpgカミサンつながりでN家夫妻と知り合いになった。ゴルフ好き、食べるの大好き、飲むの大好きと3拍子揃った素晴らしいカップルだ。それとオアハカ旅行へ一緒に行ったHY子ちゃんのところの夫婦(この夫婦もかなり食いしん坊である。その話はまた別途)と一緒にゴルフ帰りに、N家なじみの中華料理屋に連れて行ってもらった。『利口福酒家』。場所はWorld Trade Centerの近く。英語名は『Rico Food』。”Rico”はスペイン語で美味の意味、これに中国語の”利口“を当て、”Food”と”福(中国語の音は”Fu”)の音をかけている。なかなかの趣向だ。どっちで命名し、どっちに訳したのか今度店主に訊いてみたい。

店内は、天井が低くテーブルが詰めて置かれており、典型的な“食堂”といった趣。世界中どこでも、中華料理には、外人受けするような、黒と赤を基調にし、屏風や吊提灯などの調度品に凝った店と、見た目より中身で勝負、中国人目当てといった大衆店に分かれる。メキシコシティーでは、たとえば『Blossom』やホテル日航の『峨眉』は前者に入るだろう。Intercontinentalに入っている『禅』(行ったことはないが)もそうだろう。こうした店の料理は、往々にして、上品で無難だが、“切れ”がない。中華の熱気というかエネルギーが感じられないのだ。後者の店のひとつとして一時Zona Rosaの『Sansan』に期待をかけて何度か行ったが、つぶれてしまった。あそこは、料理人が2世か3世だったのだろうか、全体に、本場の味の“とんがり”が感じられない無個性な味だった。
さて、利口福酒家。青島の大瓶がある。嬉しい。料理は、N家、H家のお薦めとうちの見立ての組み合わせで注文する。春巻、麻婆豆腐、酸辣湯、椒塩蝦、広東炒麺、東坡肉、重慶辣子鶏、蠔油菜心、香辣土豆絲、餃子。

a0064654_23513264.jpg春巻に蟹カマが使われていたり、香辣土豆絲が炒め物でなく揚げ物になっていたり、酸辣湯に鶏肉が入っていたりと、残念な料理の改悪は見られたが、味は、全体に良い。東坡肉のとろりとした甘みや、蠔油菜心の旨味は、ああ、メキシコでもこういうのが味わえるのか、と感動した。麻婆豆腐も山椒が利いていて美味かった。椒塩蝦は、味は申し分なかったが、うかつにも殻付きだった。今度は、殻を剥いてもらおう。
重慶辣子鶏。四川料理に“哥楽山辣子鶏”という、僕の大好きな料理があるが、それを彷彿とさせるものだった。鶏肉を賽の目に切ったものをからっと揚げ、皿が真っ赤になるほどの唐辛子と塩で味付けするという、荒削りだが、尖がりまくった逸品だ。味付けに汁気を使わず、あくまで鶏肉をかりかり食べさせるところが特徴だ。この点は、この重慶辣子鶏もその食感を十分に味わえ、嬉しかった。惜しむらくは、唐辛子の量が足りないことと玉ねぎとピーマンも入っていることだ。好き好きだろうが、僕には、この料理の尖がりを削ってしまっているようで残念だった。見た目も白と緑という余計な2色が入らないほうが美しい。

ここの料理人は、たぶん広東人なのだろう。次に行くときには、広東系の料理を多めに頼んだほうが楽しめるかもしれない。

この店のもうひとつ良いところは、中華ながら、おいしくて安いワインが置いてあるところ。中華料理は、ワインのセレクションがひどいところが多いのだ。でも、今回、美味いワインが飲めたのは、N家、H家のおかげ。なにしろ、この人たちは、“ワインはアルコールに入りません。”と豪語する。昼間から6人で4本空けたが、平然としている。僕は、すっかりへろへろになってしまった。

利口福酒家。今のところ僕の中で、メキシコで断然ナンバーワン中華だ。リピーターになろう。
[PR]
by gomanis | 2008-04-23 23:51 | 美食

2008年4月13日(日)、14日(月)オアハカ旅行、モレのこと

a0064654_23293369.jpga0064654_23301836.jpgいかん、いかん、また更新をサボってしまった。気を取り直して再開。

先日、初めて国内観光旅行に行った。行き先は、オアハカ(Oaxaca)。カミサンとHY子ちゃんは土曜日から行ったが、僕は、土曜日はゴルフをしたかったので、一日遅く、現地で集合。遺跡、鍾乳泉、サントドミンゴ寺院など、見所はたくさんある。歴史に思いを馳せ、それなりに感動したし、今後も、国内旅行をどんどんしようとモチベーションも上がった。ま、しかし、これらに興味のある方は地球の歩き方でも読んでください。

僕は、やはり食べ物の話を書きたい。
オアハカと言えば、食の都。中でも有名なのは、チーズとモレ。

オアハカチーズは、色が薄く、淡白な味。ストリングスチーズのように、指で縦に裂きながら食べる。ちょっと弾力のある食感と薄味、そして少しして広がる甘みが身上だ。これをオアハカでは、いろいろな料理に使う。代表的なのは、このチーズを溶かしたものに、チョリソ(ソーセージ)や水唐辛子を具に入れた前菜。チーズ好きにはたまらない一品。ワインにも、テキーラにもよく合う。ただし、欠点は、冷めると固まってしまうことだ。固まってしまったオアハカチーズは、それほど美味いものではない。市場で試食した一口のほうが美味かった、というというのが、皆の一致した評価だった。

モレ(Mole)。メキシコ料理を代表するソースの名称だ。チョコレート、各種唐辛子などをチキンスープで延ばしたものだという。真っ黒、ないし黒褐色をしている。使われる具材は、たいてい鶏肉。主張のないところがこのソースに合うのだろう。最初にチョコレートと聞いたときには、ゲゲっと思った。チョコレートが甘くて、唐辛子が辛いのだという。僕には無理だ、と思った。到底好きにはなれまいと。何度か恐る恐る食べてみたが、やはり、どんよりとした甘みの中に、ココアの苦味、ちくっと刺さるような塩味、そして口に残る辛味の組み合わせは、“これは美味い!!”と言えるものではなかった。

ところが、このモレ、至るところで出くわす。会社の食堂でも供されることがあるし、たいていのメキシコ料理屋にはいくつかのモレ料理が置いてある。オアハカは、料理が美味い。で、その美味いものの代表は、というとモレなのだ。メキシコシティーの近くにPueblaという町があるが、ここも美食の町。何が美味いのかというと、やはりモレなのだ。モレは、いわば、メキシコの国民食と言ってもいいだろう。メキシコ人に聞くと、各家庭に秘伝のレシピがあるという。これだけ広く親しまれているということは、きっとどこかに旨味があるはずだ。楽しみ方がわかるようになるはずだ。日本食で、何に例えれば良いのかわからないが、味噌汁とか納豆とか、そういうものだろう。外国人や子供は味がわからないが、食べ続けているうちに、その味がわかる、という類のものだ。生うにや鰹出汁のラーメンだって、きっと外国人にはハードルが高いはず。でも僕らは、味わいどころを知っている。考えてみれは、ブルーチーズや、中国の腐乳も同様だ。最初にこれらを口に入れたときの嫌悪感を思い出してみればよい。

能書きが多くなったが、オアハカへ行ったのを契機に、以上のようなことを考え、モレが好きになるまで食べ続けてみようと決心した。モレ百回だ。2日目の昼は、『La Olla』(鍋)という名店へ。頼んだのは、モレ2種類。黒モレと赤モレ。3人で相談し、万が一のときのために安全牌の海老も頼んでおく。赤モレは、少々甘すぎた。黒モレも多少は甘みがあるのだが、塩味というか、ほのかなカレー味もあるようで、ずっと食べやすい。両方あると、やはり赤モレを食べるのは辛いものがあった。うーん、モレの奥深さを垣間見るものの、やはり病みつきになるには、まだまだ年季を積む必要がありそうだ。

夜、メキシコシティーに戻り、倒れこむようにThai Gardenへ。豚肉入りのグリーンカレーと牛肉入りのレッドカレーを食べる。うーん、やっぱりこっちのカレーのほうが美味いなー!



a0064654_23385233.jpga0064654_233995.jpg
[PR]
by gomanis | 2008-04-23 23:39 | 美食