<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年1月2日(金)~1月3日(土)Puebla小旅行

a0064654_13232674.jpga0064654_13161339.jpga0064654_13164589.jpgあまりメジャーではないが、行ってみると、目を見張るような内容の濃い遺跡だった。メキシコシティーから車で1時間半ぐらいなのに、今まで行く機会のなかったPueblaへ行ってきた。

ひとつは、Cholula(チョルーラ)遺跡。Teotihucan(テオティワカン)とも時期の重なる巨大ピラミッド跡だ。テオティワカンほどメジャーでないのは、ピラミッドがスペイン人によって破壊され、原型をとどめていないからだろう。しかし、ここは、ピラミッド内部に広がる地下通路の一部を歩けるのだ。総延長なんと8Kmというから凄い。9層のピラミッドの中を縦横に、また上下に広がる通路は、まるで迷路のようだ。案内人なして迷ったらと思っただけでぞっとした。
このピラミッドを潰して上に無粋な教会を建てたスペイン人、蛮行としか言いようがない。しかし、それが歴史というものだろう。


a0064654_13174767.jpga0064654_13181416.jpgもう一箇所は、Cacaxtla(カカシュトゥラ)遺跡。こちらも9世紀ごろまでに完成した宮殿跡。政治、宗教儀式の行われた場所であり、住居でもあったらしい。ここの見ものは、鮮やかに残っている壁画。カミサンが古代史講座というのに通っており、色々知識を仕入れている。壁画に限らず、古代遺跡は解説があるとないとでは興味の程度が俄然変ってくる。カミサンの解説を聞きながら見ると、なるほどこれが男であちらが女、こっちが戦士であっちが神官、といろいろなことがわかり面白い。マヤ人が攻め滅ばされた様子を活写した壁画など、攻められるマヤ人の腸がはみ出て鮮血が飛び散っている様子まで描かれていて、なかなか生々しい。この壁画、実は、マヤ人を攻め滅ぼした当の本人(オルメカ族?この辺の固有名詞はややこしくて覚えられない)が、マヤ人の絵描きを連行してきて描かせたものらしいのだ。敗者に敗北を徹底して示すこの手法、上述のスペイン人の蛮行にも通じるものがあるし、現代でも行われている愚行でもある。

この遺跡、壁画保護のためだろう、巨大な屋根で雨から守られている。壁のない体育館のような趣なのである。メキシコもなかなかやるではないか。カミサンの話だと、こういう壁画も時が経つとどんどん色褪せるので、見られるうちに見るべきだそうだ。いつ公開中止になるかも知れないのだ。


a0064654_13191316.jpgPuebla市内は、大聖堂、セントドミンゴ教会。19世紀、スペイン系メキシコ人のこれにかけた宗教的情熱、巨額の資本投下には素直に畏敬の念を覚えるのだった。

頑張れ、21世紀のメキシコ人!
[PR]
by gomanis | 2009-01-06 13:24 | 一般

2009年1月4日(火) だからゴルフはやめられない。

フロリダゴルフ合宿のあと、上昇気流に乗るなか、もう1ラウンドということでMオ君に付き合ってもらい、マイアミ近郊のBonaventure Country Club West Courseへ。平坦な市民コースだったが、やっと86が出て、溜飲を下げた。

メキシコに戻り、大晦日、2008年最後のラウンド。ホームコースのLa Haciendaへ。カミサンと2人の気楽なゴルフ。PGA Villageの特訓で得意クラブとなったSWの寄せを武器に87の好スコアで上がる。しかし、出だし1番、せっかくパーオンしたのに3パットでボギーにしてしまうなど、不満も残った。

どうしても上手くなりたい。この思い断ちがたく、旅行中もゴルフ雑誌、帰って来ても暇さえあれば中部銀次郎の本に手が伸びる。その中で啓発を受けたこと2点。

その1。『失敗したときのことはみんな覚えている。なぜ、あの時にしっかりとパット出来なかったのか。アプローチをやり損なったのか。セカンドショットをショートさせたのか。頭でクリアできない間は考え続けていた。失敗をなくすのは頭脳です。頭が解決しておかなければ同じような場面なり状況に直面した時にまた同じ失敗を繰り返す。技術以前のことです。』(中部銀次郎 ゴルフの心)
ジムでジョギングしながら、大晦日のラウンドの失敗ショットの原因を納得行くまで考えるのは、楽しい作業だった。そして3パットの原因がわかり、対策を考えた。

その2。『池の先左側160Yのところにグリーンのあるショートホール。6Iでまっすぐ飛べばよいが、右にそれたら池に入る。5Iならば右にそれても池は越えられる。グリーンオーバーしても池に入るよりはましである。5Iを選択することで、池というハザードがなくなるのだ。あとはダフらないスイングさえ心がければよい。』

1月4日の今期初ラウンドまで、La Haciendaのすべてのホールを一個一個、どう攻めるか、自分の技量でパーを獲るパターンがいくつあり、そのうちどれがダボのリスクを伴わないか、考え続けた。そしてすべてのホールのシナリオが書きあがった。

迎えた当日。ラウンド前にゲームプランにしたがって必要な番手の必要なショットをスペシフィックに練習する。これは、心躍る作業だった。ラウンド開始。パーはなかなか獲れないが、パートライは続くので苦にはならない。一箇所、予定外のティーショットが出て、大たたき、前半47。しかし、これにめげず、後半も計画通りのゲームを続けたところ、ついに戦略が花開き、予定を2打上回る37で上がることができた。37を出したのは2006年にサンディエゴEncinitas以来の快挙だ。上がってみればいとも容易く感じられ、あぁ、こういうふうにラウンドすればいいのだ、と思えるのが不思議なぐらいだった。

次も同じシナリオを試してみようと思う。これが上手くいけば一皮剥けた感じがより確かなものになるだろう。この一週間でゴルフが上手くなったような気がする。しかも、それは明らかにゴルフをやっていないときに、頭の中で上手くなったのだ。これだからゴルフはやめられない。
[PR]
by gomanis | 2009-01-06 13:12 | ゴルフ

2008年12月25日~30日 フロリダの美味いもの

何か物足りないと思ったら、食の話題を書いていなかった。フロリダでも夜な夜な美味いものを求めてさまよい歩いていたのだ。

a0064654_14151427.jpga0064654_14162294.jpg前半のゴルフ合宿は、主にゴルフ場周辺のレストラン。初日(25日)は、全米が休みモードで、レストランもほとんど閉まっている。唯一営業していて、1時間待って入れたのがTGI Fridays。この店、アメリカにいた頃から、嫌いではなかった。内装や壁一面に張られたアメリカングッズがいい感じなのだ。僕が食べたのは、皆でシェアしたCajun ShrimpとメインのPork Rib。Pork Ribは若干甘さが気になるものの、肉の味は、十分うまかった。一緒に食べたのは大食漢のH家夫妻。H君のPork Ribの食べっぷりも見事だった。


a0064654_14172188.jpg翌日はSam SneadというOak Grillを売りにするステーキハウス。Sirloinステーキを食べたが、ちょっと火が入りすぎ。でも、まぁ、こんなものか。雰囲気は良かったし、ワインもお手ごろな値段で良心的な店だと思う。ちなみにここは25日も営業。


マイアミに移ってからはひたすらアジア系料理。

a0064654_14335455.jpga0064654_14341959.jpg祭は、刺身、寿司が美味い、お気に入りの居酒屋。トロが一番美味いのだが、この日は、漬トロがなく残念。でも寿司各種は、美味かった。ただし、店のマネージメントは要改善。特に予約システムは完全に破綻している。7:30に予約したのに、30分近く待たされた。競争がないからああいう殿様商売をするのだろう。



最後3日間は、O家に泊めてもらった。Mオ君、Y子ムシさん、ほんっとにお世話になりました。改めて御礼申し上げます。
a0064654_1435831.jpga0064654_14354593.jpgで、祭の翌朝は、O家夫妻とマイアミ市内にある大利飯店で飲茶。いやー、これは美味かった。サンディエゴのジャスミン、パールは言うに及ばず、富臨(China Max)より上だと思った。ここの点心はワゴンで回ってくるシステム。金華ハムの入ったもち米炒飯、粽、海老腸粉、腐皮巻(湯葉巻き)、豚の排骨、大根餅、どれも本場の味で心から堪能した。店に行く途中、Yumiちゃんから電話が入った。この味、食いしん坊仲間のYumiちゃんにも食べさせてあげたかった。
a0064654_14364075.jpga0064654_1437283.jpg


a0064654_14184584.jpga0064654_14194699.jpg夜は、さっぱりとベトナムフォー屋へ。郊外にある店だったが、結構繁盛していた。生春巻き、ベトナム風お好み焼き、フォーを食べたが、それも美味かった。ベトナム風お好み焼きというのは、もやしの入った玉子焼き風のものをレタスに包んで食べる。身体にとても良い感じがした。。


a0064654_14202569.jpga0064654_14462614.jpgもう一軒、今回のハイライトは、Lauderhillという街にある韓国料理屋GABOSE。なんでもマイアミエリアで、唯一テーブルで焼ける焼肉屋という話。カルビ、牛タン、ブルコギの定番のほか、海老も頼む。どれも美味い。ビールを飲みながらカルビを頬張る。至福の時だ。〆に石焼ビビンバと冷麺を。これも美味かった。マイアミ市内から40分ぐらい。Sawgrass Millというショッピングモールの近くだ。



a0064654_1421012.jpga0064654_14394220.jpg今回の旅行で、最初と最後の食事に選んだのが、竜宮酒家。この店は、出張で行ったときに連れて行かれ、大のお気に入りになった四川料理の店だ。北方訛の中国語を話す壮年夫婦がやっている。店の壁には、ところ狭しと手書きで書かれたメニューの数々。ここでのお薦めは、水餃子。
本当に、掛け値なしの本場中国北方の味だ。ほかには辣子鶏、回鍋肉、椒塩蝦、炒飯などの家庭料理もすべて美味い。まったくアメリカに媚びていない、オリジナルの味だ。最終日の昼は、坦々麺と両面黄(上海風硬焼きそば)を食べる。坦々麺は噎せ返るほど山椒が効いている。辛くて旨い。それから、なんとなく頼んだ酸菜魚片湯(漬物と淡水魚のスープ)も味わい深い一品で、この店、侮りがたしの想いを新たにした。豆苗も、女性二人をして、「わたし1人で全部食べられる」と豪語させるほどの出来栄えだった。それからここでは、なんと火鍋があることを発見。隣のテーブルの韓国人が食べていた。1人前20ドルでシーフードと肉とどちらか選べる。勿論、2人で行けば両方楽しめる。

マイアミのアジア食はとても充実している、というのが、今回の結論である。マイアミ万歳!
[PR]
by gomanis | 2009-01-02 14:30 | 美食

2008年12月25日(木)~27日(土)PGA Village, St. Lucie

a0064654_12233198.jpgフロリダにはこういう場所がほかにもたくさんあるのだろうか。今回行ったPGA Villageは、僕のようなゴルフナッツにとって夢のような場所だった。街中がゴルフだらけなのだ。通りの名前もゴルフ絡み。例えば僕らが泊まったコンドミニアムはSand Shot Street沿い。レストランの名前はSam Sneadといった具合だ。

この中にゴルフコースが3つある。難しい順にWanamaker、Ryder’s、Dyeだが、どれもそれほど癖のあるコースではない。賢いゴルフを心がければ良いスコアが望める、というのは、終わってからの僕の反省でもある。

これらに加えて、最高だったのがLearning Centerという巨大な練習施設。芝から打てるドライビングレンジは勿論、アプローチ専用の練習場、エッジからの転がし専用グリーン、パッティンググリーン、それに6種類もの砂種の異なるバンカーなど。ゴルフパッケージに入っているので、僕らは只でこれらを利用できたが、22ドルを払えば誰でも利用できる。将来、再び行くことがあれば、まずはここでみっちりと練習してからラウンドに臨みたい。

宿泊は、ホテル、コンドミニアム両方ある。今回は、僕らは4カップル8人だったので、2BRのコンドを2つ借りた。2泊3Rで1家族420ドル。かなりお得なパッケージだと思う。

フロリダの青い空の下、伸び伸びとゴルフができて“アメリカ”を満喫した。
[PR]
by gomanis | 2009-01-02 12:23 | ゴルフ