<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年11月27日(金) イギリス Weybridge

出張でWeybridgeへ来ている。ロンドンの北、ヒースロー空港から30分ほどの田舎町だ。
一軒一軒、丁寧に建てられた家が狭い道に軒を連ねる。アメリカの、大量建築されたコピペしたような家々とだだっ広い道路とも違う、メキシコの毒々しいピンクとゴミだらけの道とも違う、綺麗で品の良い可愛い家と緑の田園の織り成す美しい町だ。

a0064654_247185.jpga0064654_2474671.jpg
1泊4日の強行軍だ。でも、楽しむことは楽しむのが僕の流儀。唯一ホテルに泊まった昨日は、昔、ここで暮らしていた同行のH君のお薦めで、シーフードレストラン、"Loch Fyne"へ。街の一角にあるこじんまりしたレストランだ。白ワインとシーフードプラッターを頼む。嫌いなムール貝は抜いてもらったので、食べたのは、生牡蠣、手長海老、蟹の脚、蟹味噌、小海老。大変な盛で、これを3人でシェアしてお腹一杯。生牡蠣が塩っぱくなく、ぷりぷりして旨かったが、唸ったのは蟹味噌。甲羅に蟹味噌と卵の刻んだものが盛られている。コクがあり、甘くてとてもおいしかった。

時差ぼけでふらふらになりながらも、呑兵衛仲間のH君とホテルのバーでビールを3杯づつ飲んで熟睡。幽霊が出るという噂のホテルだったが、出ても身体を揺すられでもしない限り起きないほどの深い眠りだった。

a0064654_2482954.jpga0064654_2484941.jpg
朝は、お楽しみの田園地帯ジョギング。今回は、オフィス以外の場所は一切行く時間がないが、ジョギングというのは、意外に楽しい観光でもある。グーグルマップであたりの地理をだいたい頭に入れ、まだ薄暗い通りに飛び出す。手が切れるかと思われる冷気だ。手袋を持って来ればよかったと後悔。車の往来が激しく、冷たい風を起こすので辛いが、表通りをはずれると迷子になる危険があるので、我慢して走り続ける。やがて比較的大きな横道があったので、交差点の目印を目に焼き付けながら静かな住宅地に入っていく。静かで、平和だ。吐く息が白い。やがて川にぶつかった。テームズ川の支流であろう。早起きした近所の人が鳥に餌をやっている。あぁ、眠いのを我慢して飛び起きてよかった。この景色、まるで一幅の油画のようではないか。

a0064654_2491952.jpg
昼ごはんは、会社の食堂。金曜日の今日は、Fish & Chipsがあり、お前はラッキーだと言われる。大ぶりの魚フライにタルタルソースをつけて食べる。フライドポテトも結構食べ、満喫。でもこれを食べるのは1年に1回でいいな、という感想。

一切の予定を終え、メキシコへの帰途に着く。ヒースローから18時間の長旅である。
[PR]
by gomanis | 2009-11-28 02:49

2009年11月18日(木) 結婚20周年!

a0064654_6565183.jpga0064654_6573259.jpg結婚20周年を迎えた。20年、と口に出してみると、これはなかなか重みのある数字だ。 
色々なことがあったが、2人とも大病もせず、元気に働き、生活を続けることができたことは、素晴らしい。シンガポール、インドネシア、中国、アメリカ、メキシコと環境も文化も全く異なる国々へ赴任したが、どこでも健気に適応し、エンジョイしようと努力し、支えてくれたカミサンには、感謝の言葉もない。

この日は、ReformaのChamps Elysees(後で知ったが、これでシャンゼリゼと読むのだそうだ)で記念ディナー。この日のカミサンはPalacio de Hierroで新調したドレスを着て髪もびしっと決め、僕が言うのもなんだが綺麗だった。

ここに来るのは2度めだ。着任して間もない頃に一度来たのだが、値段の割りに余り感動せず、それ以来足が遠のいていた。今回食べてみたら、俄然評価が上がった。前菜のエスカルゴ、カミサンのレタスサラダも旨かったが、白眉はカミサンの頼んだ牛のすね肉の煮込み。ぶっとい骨に付いた大きな拳ほどもあろうかという肉の塊。これに程よい味が染みこんでいる。肉汁とソースの旨みを堪能できる逸品だった。

食後は店からのプレゼントのケーキをいただき、更に、店の人の案内で4階まで上げてもらい、レフォルマの夜景をバックに記念撮影。

1年1年、大事に時を積み重ねて行きたいとつくづく思う夜であった。
a0064654_658122.jpg
[PR]
by gomanis | 2009-11-26 06:58 | 美食

2009年11月15日(日) La Hacienda記録更新!

思えば長い道のりだった。2007年8月に初ラウンド(しかも貸しクラブ)で出したベストスコア83がまる2年以上破れなかったのだ。2008年のここでのベストスコアは86、今年は、正月に出した84だった。それがいきなりの81(42, 39)、心底嬉しかった。

将来思い悩んだときに参考になるよう、いくつかの貢献要因を記録しておこう。

あ、そういう意味でこの稿は自分用です。読者の皆さま、特にゴルフに興味のない人には全くつまらない話だと思いますのであらかじめお断りしておきます。

1.ベン・ホーガンの本を読み直し、グリップを直した。左手の親指と人差し指が作るV字が右目を向くようにする。なおかつ、このときに親指と人差し指は隙間なく密着するのが、ボールに効率よく力を伝えるこつだ。V字はかなり鋭角になる。

2.テークバックの挙げかた、トップの位置。Out-inのカット打ちをする他人のスイングを見ていて、正しい挙げかたがわかった。降りてきて欲しい軌道に沿って挙げていけばよいのだ。これがいわゆるスイングプレーンになる。トップでは上記の左手の親指がシャフトの重みを感じる位置、これが正しいトップ。ここより右にずれても左にずれても力はボールに伝わらずどこかへ逃げていってしまう。

ここまでは、ゆっくりした動作の中なので、いつでもcheck & correctができると思う。

3.腰主導のダウンスイング。左の尻たぶをぐぃっと真後ろ(飛球線方向ではない)に引くことからダウンスイングを始める。というか、これしかしない。これ以外の注意点は、瞬時に終わるスイングの途中で実行することは無理。特にドライバーではこれが飛距離アップ、方向性安定に役立った。

4.アイアンを換えた。アスリートゴルファーを目指し、ミズノMP32を使い続けて来たが、ついに諦める時が来た。旅行先でレンタルクラブを借りるとどうも調子がいいと密かに思っていたが、やはり高ハンディキャッパー用のクラブは、打ちやすいのだ。何かを失った悲しみを心の奥に感じながら、実利第一のずうずうしい大人の選択。XXIO、親爺クラブの代名詞であろう。とーっても打ちやすい。

5.SWによる寄せの信頼性。この日のパーオンは4ホール。僕の飛距離ではこんなものだ。しかし5歩以内のパートライは12ホール。つまり8ホールは、寄せワンパーだった。第2打で確実にグリーン周りに付け(ありがとうXXIO)、SWで寄せる、これが必勝パターンだ。

6.マインドセット。すべてのホールでパーは獲れる、と自分に暗示をかけ、良いスコアで回る自分をイメージし続けた。

これらが上手く噛み合って、好記録につながった。次の目標は、サンディエゴで作った自己ベスト77を破ることだなー。
もう毎週、楽しくて楽しくてしかたないのだ。いやいや、良い遊びに出会ったものだとつくづく思う。
[PR]
by gomanis | 2009-11-18 10:37 | ゴルフ

2009年11月9日(月) 義母とのゴルフ

a0064654_9211568.jpg先月の半ばから、義母がメキシコに来ている。それなのに、ちょうど入れ替わるように僕の2週間にわたる日本出張が入ってしまい、お相手できなくて大変申し訳なかった。やっと帰って来られたと思ったら、今度はひどい風邪を引いてしまった。東京との気温差が大きすぎて身体がついていけなかったのだ。そういうわけで、先週一週間も全力でおもてなしできず、歯がゆい思いをすることしきりだった。

やっと回復してきたので、週末は一緒にゴルフ。義母は、御歳xxになるのだが、いたって健康で、ゴルフも大好きである。サンディエゴでも何度か一緒にラウンドしたが、今回は、フォロースルーが更に大きくなっていて、驚嘆。聞けば、日本で週に何回かレッスンを取っていて、そこのコーチにしっかりフォロースルーをとるように指導されているのだという。身体が柔らかいのも振り切れる理由のひとつだろう。

義母が元気でラウンドする姿を見るのは、若いもの(相対的にね)にとっても大きな励みになる。

カミサンもあまりやっていないわりには絶好調。La Haciendaでの自己新記録を更新した(48, 43=92)。このコースは特に女性には長いので、立派なスコアだ。次は80台目指してくれ。

僕も最近では、一番良いゴルフができた。距離、方向性に何の不安も感じず、ドライバーから寄せまで、自信を持って振れた。中にみなぎるものが違う、そんな感触だったのだ。86(43,43)はそれほど威張れたスコアではないが、中身は大満足。普段苦手なInでも一瞬30台が見えた。
[PR]
by gomanis | 2009-11-11 09:25 | ゴルフ

2009年11月1日 日本のこともろもろ

やっとLAXにたどり着きました。ここから4時間でメキシコ、やっぱり遠いなー。
日本滞在の後半編。

a0064654_5415999.jpgマイアミから里帰り中のO家を囲んでの爆裂一期宴会。F家、O家、O家、それにK一君とにぎやかな会となった。皆、少しづつ齢重ねている。時の流れというものを実感するひと時でもあった。O家とは年末休暇、また一緒にフロリダゴルフ合宿をすることになった。わくわく。


a0064654_5443936.jpg土曜日は、元同僚のT君と鮨心へ。人材開発の仕事に携わるT君の視点は、ユニークだ。この日も、鮨もさることながら、店長の中村君に感心することしきりだった。こんな若くして夢をかなえて今後はどうするのだろうと。鮨の味を極めるのか、店を増やす事業家を目指すのか、その辺に興味があるようだった。中村君は、今はとにかく旨い鮨を握りたいとのこと。個人的には、店を増やすよりも、もっともっと研鑽を積んでこっちを唸らせるような旨い鮨を握って欲しいな。中村君と奥様に深々とお辞儀をされ、見送られる。頑張ってね。また来ます。


最終、日曜日。宴会のときに思い切って誘ってみたら乗ってくれたO家と成田にあるグレンオークスCCへ。早朝にピックアップしてもらい、申し訳なかった。J子ちゃんとゴルフをするのは何年ぶりだろう?あまりやってないんです、という割に、やはり上手い。見よこの豪快なスイング。YOSは絶好調でぶいぶい飛ばす。基礎ができているのだな。僕は、普段出ないシャンクが出て沈没。96(45, 52)という不甲斐ない結果に終わった。成田空港まで送ってもらって別れる。ありがたきかな、爆裂の輪。J子ちゃん、YOSありがとね。お蔭様で、有意義な日本最終日となりました。
a0064654_5451578.jpga0064654_5452738.jpg
[PR]
by gomanis | 2009-11-02 05:46 | ゴルフ