<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年6月27日(日) ゴルフ、今年前半を振り返って

昨日の会社コンペで、今年前半のゴルフが終了した。つまり、今年が半分過ぎてしまったということだ。月日の経つのは本当に疾い。

今年のゴルフは、満足の行く進歩を見せていると思う。グロス平均が、88.4。これは、マメに記録を取り始めた2003年以来最も良い数字。昨年通年よりも1.9打縮まっている。中身を見ると、改善したのは2点で、100Y以遠のショットとアプローチがそれぞれ0.8打と0.7打改善している。100Y以遠は、主にドライバー。その証拠にFWキープ率が昨年の52.8%から54.4%に上がっている。

技術的には、ベンホーガンの基本に返るのと、ヘッドの重みを感じてクラブを放り投げるようにスイングすることを心がけているのが奏功しているようだ。勿論、前にも書いたが、アイアンを、易しいXXIOに変えたのも大きい。易しいクラブが、スイングを力の入らない、良いものにしている。

他方、進歩が見られないのがパッティング。ここまでの平均は32.3。昨年から0.1打しか改善していない。僕のような寄せワンゴルファーは、これが28とか29でないとおかしいのではないか。問題は、いまだにストロークに安定性、再現性がないこと。転がりが一定でないので、ラインを読んでも実行が伴わない。これが、今、ラウンド中、一番辛いところだ。最近は、とにかくヘッドをボールの先まで走らせて、強い転がりを出すことが癖になるように練習している。転がりが一定になったら、ラインの読みが当たるか当たらないかだけの勝負になる。そうしたらどんなに楽だろう。

もう1つは、メンタルコントロール。これは、永遠の課題だ。いかに最初のホールをボギーで収め、心穏やかにラウンドを始めるか、ダボ、トリ、3パットの後、どうやって速く忘れて平常心を取り戻すか。これは、今後も”修行”が続く。

今年は、70台を5回出すという目標もあるのだが、一度も出ていない。80ちょうどが3回出ているのだが、あと1個のパーが取れない。これなど、明らかにマインドセットの問題。どこかで下手なゴルフをしている。1度、”勝ち方”がわかると割と容易に80が切れるような気がしているのだが。。。

後半戦、最初のラウンドは、今週の土曜日、ホームコースのLa Haciendaだ。楽しみ、楽しみ。
[PR]
by gomanis | 2010-06-29 19:59 | ゴルフ

2010年6月6日(土)これは美味い!清河の韓国河豚鍋

a0064654_1952639.jpga0064654_1955812.jpg
久々に衝撃の味に出会った。

レフォルマのAngel(アンヘル)の塔から南にちょっと下がったところにある清河(Chong Ha)という韓国料理屋。ここの河豚鍋は、絶品だった。河豚は、皮も骨も付いたままのぶつ切り。スープが出色。葱、もやし、香菜、赤唐辛子などが入った、ほんのわずかに黄色味がかった清湯。淡い塩味ながらダシがよく効いている。見た目ではわからないが、胡椒もたっぷり入っていて癖になる味だ。これで河豚を煮て、お椀に取って何もつけずいただく。河豚の淡白な風味が殺されない、しかし個性のあるスープ。うーん、韓国料理は奥が深いな。

ほかには、刺身もある。ホヤや牡蠣の刺身など、酒飲みにはたまらないが、調子に乗って追加注文すると大量に来るのでほどほどの量で止めておいたほうがよい。僕らは、牡蠣は鍋にも入れて、河豚鍋のあとは牡蠣鍋を楽しむという贅沢をした。

最後は、ご飯と卵をもらって雑炊。くゎーっ!!濃厚な出汁が染みこんだご飯、たまりません。。。
a0064654_197305.jpg
[PR]
by gomanis | 2010-06-29 19:08 | 美食

2010年6月27日(日) World Cup ~夢破れ~

メキシコ、やはり敗れました。相手がアルゼンチンじゃ、仕方ないか。ボールを持つと一人でも野獣のようにぐいぐい攻めあがるアルゼンチン。対照的にボールをもらうと借りてきた猫のように戸惑うメキシコ。誤魔化すように意味のないパスを廻すだけ。どう攻めるか決めてなかったのかヨ、と突っ込みを入れたくなりました。

そんなで、ソカロに集まった推定8万人の群集もスーパーがっかり。でも騒ぎになることもなく、おとなしく解散したのでした。4年に1度のお祭りもこれで幕です。

日本は、火曜日、対パラグアイ。祭りはまだ続くようです。
a0064654_9583024.jpg
[PR]
by gomanis | 2010-06-28 09:58 | 一般

2010年6月17日(木) Twitter

ちょっと趣向を変えてTwitterのことを書いてみたい。いろいろ発見があるのだ。

サンディエゴの元同僚にその存在を教えられてSign upしたのは、2008年だったが、日本語環境がなく、大して面白いとも思わず放っておいてあった。それが、最近は日本でブームということで、先週からReactivateした。動機はいろいろある。

1.職業的必要性。新しいコミュニケーションプラットフォームとかそれに使われる端末とかビジネスへの応用とかは、一応の知識は身につけていたい。まして、今回、また日本ではマーケティングツールとしてもてはやされている。どこをどうやればマーケティングツールになるのか、興味津々。

2.好奇心。参加すること自体、どんな感触なのか試してみたかった。ブログのときと同じ。ブログは大正解だった。今や生活の一部だ。

3.有名人の肉声が聞けるという野次馬根性。

やってみて1週間強。一言で言うと、面白い。面白すぎて、ブラウザの立ち上げ画面をTwitterのホームにしてしまったくらいだ。

参加した感触は、例えて言うなら渋谷の交差点で流れ行く人波に、おーい、と小声で呼びかける感じ。ものの本には、SNSは友達と行くカラオケで歌うこと、ブログはストリートで歌うことと書いてあったが、ちょっと違うな。僕のブログは、自分用、ないしごく限られた人のためのものなので(読者の顔がだいたい見えているという意味で)それこそ仲間内のカラオケという意識が強かった。Twitterこそは、ストリートで歌うこと、というか人の洪水の横顔に語りかける感じだ。文字通り、99.999%の人は、耳も貸さずに通り過ぎていく。しかし、皆、誰かの呟きを聞きたくてやっているわけだから、中にはフォローしてくれる人もいる。僕も当然、面白そうな人をフォローしようと試みている。

ほとんど無数といえる人の中から誰をフォローするか。僕の取った作戦は、とにかくゴルフつながりで、言い方は悪いが、芋づる式にフォローを増やしていくこと。面白そうな人がいたらその人がフォローしている人、または、その人のフォロワーを根こそぎフォローしてしまうのだ。最初は、乱暴かと気がひけたが、こうでもしないと一人ひとり吟味していた日には、一日に2人見つかるかどうか。とりあえず増やして様子を見ようと思っている。

フォローするとフォローし返してくれる人が結構いる。僕は今408人をフォローしていて220人にフォローされている。これらはほとんどが最初の2、3日で出来上がった数だ。その後、フォロワーの数は、フォローの数に追いつくのかと思って観察しているが、そういうことはなさそうだ。

フォローをこれ以上増やしたくもあるが、考え中。読みきれないのだ。僕がアクセスするのは一日数回。毎回アクセスするたびに1,000個以上の”つぶやき”がアップされている。読みきれるものか。

そういう意味では、時差は大きなハンディキャップだ。Twitterは、新しいツイートから順に表示されるので、メキシコで僕がツイートしても日本の人からすると何時間も前のことになり、たいがいの人は、そこまで遡って読まないと思われる(僕がそうなので)。最近30分のを斜め読みするだけで結構時間がかかるのだ。

そういうわけで、全然読みきれていないのだが、それでも世の中にはいろいろなことを考える人がいるものだと興味が尽きない。

気が向いたら、またTwitterの発見その2を書くかもしれません。

ところで、Twitterをやることによってブログの良さも再発見しました。それもまた今度。だから両方続けます。
[PR]
by gomanis | 2010-06-18 14:31 | 一般

2010年5月28日(金)~31日(月) O家来訪

a0064654_77069.jpgサンディエゴ以来の友人、O夫妻がマイアミから遊びに来てくれた。4月のH家に続く爆裂仲間の来訪だ。嬉しい、嬉しい。

友人が来て何が一番楽しいかというと、やはり酒を飲みながらの語らいに尽きる。メキシコシティーのお勧めレストランに連れて行って喜ぶ顔を見るのもなにやら誇らしく嬉しい気分になるし、普段しない観光というものをするのも悪くはない。でも一番は、語らい、言ってみれば心の交流だ。

もうひとつは、やはりゴルフ。ゴルフで始まった付き合いだからお互いに上手くなったり下手になったり、でも一緒にラウンドするのが、僕にとっては至上の喜びと言っていい。

それが、今回は、うーん(腕組み)?勿論、楽しい時を過ごしたのだけれど、次回はもっと楽しいかな?という感じになってしまったのだ。

a0064654_783120.jpga0064654_785461.jpg
美味いものはたくさん食べた。La Casa de Pastorのタコス。D.O.のイベリコハム、岩塩魚。
a0064654_79421.jpga0064654_710203.jpg
San Angel InnのEscamole(蟻の卵)、Sopa de Mariscos(シーフードスープ、海老がぷりぷりでした)、鶏のモレ。O夫妻も美味い美味いと喜んで食べてくれたのだ。

それなのに、それなのに。Y子さんが腹を壊してしまった。医者の診断だと食中毒だったらしい。本人は非常に苦しみ、本当に気の毒なことをした。なにがいけなかったのか?いまだにわからない。夜の部はY子さんがいないと、やはり盛り上がりに欠けるのだった。

a0064654_7112183.jpg観光もした。A型夫妻のOさんは、律儀に事前に映画「Frida Kahlo」も観ていて、Diego Riveraの壁画の価値も予習してきている。ソカロの国立宮殿も大聖堂も十分にエンジョイしたようだ。

a0064654_7115281.jpga0064654_7133555.jpg
a0064654_7141093.jpga0064654_7285964.jpg
滞在中にちょうどプロレスの興行があり、これも楽しかった。日墨交流400周年の特別興行で日本からは藤波辰巳、メキシコ側からはミル・マスカラスという往年の大スターが出演、もとい、出場し、大いに観客を沸かせた。O夫妻も大興奮である。Mオ君なんかマスクまでお土産に買っていた。


a0064654_7153454.jpga0064654_716516.jpg
ソチミルコ観光は、マニスも参加し、尻尾を丸めて恐る恐る川面を見ようとする姿で笑いを取っていた(望んだわけではないだろうけど)。

UNAM(国立自治大学)もドナドナモードのMオ君と対照的に、Y子さんは、精力的に壁画を鑑賞していた。マニスは、ちっとも壁画を見上げず、ひたすら首(こうべ)を垂れて食い物を探していたけど。

それなのに、それなのに。Y子さんは夜になるとダウンしてしまうのだった。過密スケジュールでもなかったのだが、高地反応か、過労か、夜の部の参加は叶わなかった。次回に期待するところだ。

ゴルフは、当初、1日ぐらいやらない?と小声で言ってみたのだが、カミサンには真っ向から否定され、Y子さんも今回は観光優先です、と強く宣言され、僕の声はかき消されてしまった。Mオ君のささやきはあったのか、なかったのか。

しかし、心優しいカミサンは、土曜日は、朝の会(ホームコースの定例)に行っていいわよ、と言ってくれ、皆がテオティワカン、グアダルーペ寺院(僕は行ったことがない)へ行っている間、ゴルフをすることができた。よかった、よかった。O夫妻もこの部分については僕の週末からゴルフを奪うことをとても気にかけていてくれたので、ご厚意に甘えてそうさせてもらいました。

次回こそ、と思うのだった。まぁ、観光も行くべきところは皆行ったし、幸いマイアミは近いのだから、今度は夜の部とゴルフをメインに再訪してください。自己チューだけど心からそう願っています。
[PR]
by gomanis | 2010-06-10 07:16 | 美食

2010年5月17日(月) 頑張れ吉野家

a0064654_4184271.jpg日本出張最後の話題。

日本へ行くたびに、早朝の街を走り、カロリーを十分に消費したあとに自信と安心感を持って吉野家の牛丼を食べるのが楽しみだった。ところが今回は異変が。

その1。走ると膝が痛む。左膝の外側がじんじんと痛み出して30分も走れない。やはり今年、だいぶサボってきたので脚が走れる状態にないのだと思う。仕方がないので、途中から歩く。高輪のあたりは、江戸時代の屋敷跡の石垣などがあって歩いても楽しいのだが、体力を消費できないのが残念。昼間は歩くのには不都合はなかったが、下りの階段は苦痛だった。痛み出してからも5分ぐらい、無理して走り続けたのがいけなかったな。

その2。品川高輪口の吉野家が閉店していた。会社の同僚によると、すき屋、松屋との競争に押されてかなり不利な状況にあるらしい。数年前の狂牛病騒ぎのときに、”格好つけて”アメリカ産の牛肉にこだわったのが原因だ、とこの”事情通”の同僚は語った。それが本当かどうかはわからないが、確かにすき家のほうが客が入っているようだ。

仕方がないので、港南口の店へ。体力をあまり消費しなかったので牛丼はマズイかなー、と思ったら、”軽盛”という新メニューがある。肉もご飯も”並”の2/3に抑えてあるという。これはいい。軽盛汁だくに生卵、味噌汁。完璧な朝ごはんだ。

吉野家、はやい、やすい、うまいの原点を貫いて生き残って欲しい。頑張れ!
[PR]
by gomanis | 2010-06-05 04:23 | 美食

2010年5月21日(金) 大井町の飲み屋 藤半、堅

a0064654_5584778.jpg大井町は、呑兵衛をわくわくさせる街だ。山手線から一駅離れるだけでこうも違うものか。この、こじんまりしながらも選択に迷うほど飲み屋が軒を連ねるのがよい。駅を降りて品川寄りの改札を出て東側のごちゃっと赤提灯が暖簾を連ねている一角もいいし、旧丸井のほうの出口を出たところにも坂道沿いに落ち着いた感じの居酒屋が並んでいる。下神明のほうに続くガード下も相当魅力的だが、あちら側だけは行ったことがない。

今回の東京出張は、なぜか2度も大井町で飲む機会があった。

藤半(とうはん)。北海道料理を売りにする居酒屋。小樽出身の同僚H君が探してきた。この地で営業すること30何年というから固定客もいるいい店なのだろう。

a0064654_60687.jpga0064654_602690.jpg
生牡蠣、ウニの刺身。うめぇー!北海道料理ではないが、泥鰌のから揚げ。僕の好きなつまみ5本の指に入る大好物。かりかりで塩味。ほんのり内臓の苦味。最高だ。ジャガイモ、ほくほくしてたまらない。


a0064654_612350.jpg鰊の塩焼き。北海道といえば鰊でしょう。これも東京の人はあまり食べないが、僕は子供のころから好き。脂の香ばしさがたまらない。運よく数の子まで入っている。旨い、旨い。H君の昔話など聞きながら酒も進む。〆には、和風ラーメン。これだけは、今一だったかな。残したら、女将が、なぜ食べないのかとしつこく聞く。自分の店の食べ物に対する自信とこだわりを感じた。麺がちょっと、と正直に言うと引き下がってくれた。正道を歩む、良い居酒屋だ。




堅(けん)。東口のごちゃごちゃを横目にみながら線路沿いに通りすぎたところにぽつんとある。これは、東京に行くたびに必ず一緒に飲むNさんの行きつけの店。カウンターのほかは、2人用の小さいテーブルのみの、ほんとにこじんまりした店。ご夫婦でやっている。

a0064654_621371.jpga0064654_624231.jpg
Nさんも僕以上の歳なので、腹にたまるものをがんがん行くタイプではない。季節のものを少しづついただく。タラの芽の天婦羅。うーんこのエグミがたまらない。茗荷と焼き油揚げの和え物、ねぎぬた。さっぱりとした日本の風味。、岩手地鶏のぱりぱり焼き。
a0064654_632069.jpga0064654_635161.jpg
長芋のお好み焼き。蛤焼き。うめぇー。水茄子の漬物。

大将夫婦は、トロント、バンクーバーと渡りあるいて来たという。ユカタン(メキシコ)にもいたことがあって蛸の卸売りのようなことをやっていたとのこと。食品関係の仕事が長く、日本に帰ってきてこの店を開いて8年という。この経歴のおかげか、外国人の客も多い、メキシコ大使館員の常連客もいるのだという。

女将さんの選んでくれる芋焼酎を飲みながらNさんとゆっくり杯を傾ける。心地よい、大人の時間だった。
a0064654_642182.jpg

[PR]
by gomanis | 2010-06-02 06:04 | 美食

2010年5月22日(土) 我が家の食卓から

a0064654_647797.jpg日本出張から我が家に帰り着くとほっとする。ドアtoドアで19時間ぐらいかかるからなー。メキシコは、とても遠いのだ。

こういう日は、時差ボケもあるし身体もへとへとに疲れているので、美味いものを軽くつまみながら酒を飲んで寝てしまうのに限る。

今日の献立は、蚕豆、蛸ブツ、茹で海老のマリネ、牛肉と大根の煮物に胡瓜の中華風浅漬け。どれも僕の大好物だ。茹で海老がプリプリで美味かった。牛肉もこってりしてワインによく合うこと。積もる話などしながらこうして過ごすと全身に心地よく酔いが回り、極楽の境地で眠りに入れるのだ。軽くつまみながらと言ったが、食べるうちに食欲も増してきて、最後は、ブロッコリーのパスタまで完食。翌日のゴルフに思いを馳せてベッドにもぐりこむ至福のとき。

a0064654_647519.jpg
[PR]
by gomanis | 2010-06-01 06:48 | 我が家の食卓