旬の菜 麻布ぽん

a0064654_16152448.jpg東京出張の機会に、念願叶い、麻布ぽんに行くことができた。ここは、何を隠そう僕の義姉がやっている店。昨年の12月にオープンしたばかりだ。もともと料理上手の義姉であったが、今回は、長い時間をかけていろいろ準備し、プロとしてデビューである。店に着くと、待ち合わせた義母がまだ来ていないので、お通しと自家製塩辛をいただきながら待つことにする。酒は、洌という山形の酒をもらう。初めて飲むが、きりっとした味わいの美味い酒だ。








a0064654_1616287.jpg店は白木のカウンターにテーブル席が数卓、それにたたみ敷きの隠れ個室がある。こじんまりとした中に清潔感が漂う。仲間と数人で来てゆっくり話しながら呑むのに良さそうな雰囲気である。義姉のほかは、女性の板前さんとフロア係りのお兄さんがいる。板さんは、いかにも真剣に修行しましたという雰囲気のプロ、フロア係りのお兄さんは、人当たりの柔らかいイケ面である。


そうこうしているうちに、義母が到着し、いよいよ料理を出してもらう。メニューの構成は、前菜をカウンターに並ぶ大皿料理から選び、その後でメインに行くようになっている。メインは“本日の市場から”と題された魚介類、肉類の料理、それに“本日のお造り”に各種刺身があり、好みに応じて注文すればよい。このほかに一品料理と珍味もあるので、足りなければ追加してもよい。僕のようにだらだら飲むのが好きな人用に、珍味というのもある。ここには前述のいかの塩辛のほか、からすみ、豆腐のもろみそ漬け、カマンベールのみそ漬けなどが並ぶ。食事が必要な向きには普通のご飯、赤だしのほか、変わりご飯、パスタもある。


a0064654_1616355.jpgさて、まずは、前菜。大皿料理は、「ちょっと盛5品」という頼み方ができるので、それにする。僕が選んだのは、北海道ミネラルたまねぎの焼き浸し、下仁田ネギのあつあつグラタン、京芋の黄柚子あんかけ、茨城産れんこんの梅酢ドレッシング浸しの5品。それから磯つぶ貝の煮付けを単品でもらう。こうした、厳選した野菜に丁寧な調理を施したものをいただくというのは、まことにもって日本的な贅沢だ。僕は、どうしてもタンパク質が好きなので、繊細な味に感動するところまでは行かなかったが、あくまで淡い控えめな味付けは、野菜好きの女性には受けるだろう。つぶ貝は、大好物である。これも薄味でおいしかった。








a0064654_1619509.jpga0064654_16202456.jpgせっかく日本にいるので、日本酒の後は焼酎に換える。義姉の奨めに従い、鹿児島の芋焼酎、伊佐美というのを飲んでみる。勿論、ロックである。あまり芋臭くなく、呑みやすい。「本日の市場から」、あま鯛の炭火焼、焼きはまぐり、それに好物の白子のかりかりソテーをいただく。あま鯛は、カラッと焼きあがっていて白身はしっとりしており、塩加減も申し分ない。メイン料理にふさわしい逸品である。次回も食べたいと思った。はまぐりは巨大である。風味が飛ばぬよう、レアに焼いてある。口いっぱいに磯の香りが広がる。白子も表面がかりかり、中はトロっとしていて、堪えられない甘さである。味は、全体に薄め。しかし、どの料理も隅々まで板さんの気合が感じられる。お造りにマグロ中トロをいただく。これも赤身に近い、淡白なトロである。しつこくないところが、他の料理と調和している。

a0064654_1621244.jpga0064654_1621136.jpg結構お腹が一杯になってくるのだがせっかくの機会なので、あれもこれもと欲が出る。義母も食べるのが好きな人である。シェアしながらどんどん頼む。一品料理から、かにとアスパラの湯葉巻揚げ、アボガドとパンチェッタのコロッケ、香の物盛り合わせをもらう。
僕は、湯葉はかなり好きなほうである。しかも湯葉巻揚げは、飲茶に行けば必ず頼むぐらい目がない。これも、揚げものの割りに、さくっとしていささかも脂こくない。パンチェッタというのは、生まれて初めて聞いたが生ベーコンのことらしい。一口大のコロッケであまり重くなく、ひょいひょい平らげてしまった。最後に、白いご飯と赤だしをいただく。

メニューは毎日変えているそうだ。しかし、薄味に潜む職人芸は、毎日変わらないのだろう。ちなみにお値段は、普通に食べて飲んで1人¥6000ほどとのこと。勿論、僕のようにあれもこれも食べて、すこすこ酒を飲んでしまえば話は別だ。

お義姉さん、ごちそうさまでした。また来ます。

旬の菜 麻布ぽん
港区西麻布2-25-12
西麻布エイトビル2F(西麻布交差点近く)
Tel.& Fax. 03-3486-0733
営業時間 5時から12時(ラストオーダー11時)
定休日:土、日、祝日
[PR]
by gomanis | 2006-02-03 16:31 | 美食


<< 品川 浜路 Maderas 煩悩の108 >>