人気ブログランキング | 話題のタグを見る

稲葉

カミサンと取引をした。今週、土日両方ゴルフをさせてもらう代わりに、義母をLAXに送った帰りに、South Coast Plazaに寄って買い物をするというものである。買い物と言っても、カミサンは、それほど買い物好きではないからほんの2時間のことであるし、僕は、買い物につきあわず、アイスラテでも飲みながらベンチで本を読んでいればいいということになっているので、悪いディールではない。

まずは腹ごしらえ、ということで稲葉でそばを食おうということになった(もうひとつ候補に挙がったのはミツワの中にある山頭火であったが、主にカロリーの比較でそばになった)。

稲葉_a0064654_15233726.jpg稲葉_a0064654_152347100.jpg木の床。テーブル同士を隔てる薄い垂れ絹。白い紙製のテーブルクロス。これまた真っ白のブラウスに対照鮮やかな藍色のエプロンをつけたウェートレス。日本だと新興住宅地の一角にありそうなたたずまいの蕎麦屋、それが稲葉だ。一度だけ夜に来たことがあったが、居酒屋としてもとても居心地がよかった。近くのホテルに泊まって、ゆっくりと飲めたらどんなにいいだろうと、来るたびにいつも思う。

注文は天ざると決めていた。ここの天麩羅は美味いのだ。量は、、、いろいろ考えてえいやと決断し板そばにする。二人前の量だという。構わない、腹が減っている。カミサンは、やはり天ざるの普通盛にする。

ほどなく、きれいに籠に盛られた天麩羅と巨大な板に乗った蕎麦が運ばれてくる。

板の上に四山、盛られている。まずは、この蕎麦からすする。のど越しが良い。二口食べたところで、やはり海老の天麩羅がどうにも気になって仕方がないので、手を出す。さくっと揚がっており、衣にほのかな甘みが感じられる。卵であろうか。ここの天麩羅は美味い。純日本風の、プロが揚げた天麩羅を味わえるのは、こことEncinitasの和敬ぐらいであろうか。野菜の天麩羅も軽く揚がっていてさすがである。

蕎麦に戻る。一山の蕎麦は、頑張れば三口で食べられるぐらいだろう。しかし、汁が薄味なので、麺の量を加減しなくてはならない。二山平らげたところで、おなかがいっぱいになってきた。それから、カリフォルニアの気候のせいなのだろうか、蕎麦があっという間に乾いてしまう。乾くと、くっついて団子になって取りづらくなってくる。勿論、味も落ちる。頑張って三山食べたところで、最後の一山は、カミサンにも手伝ってもらってようやく完食した。

かなり満足度の高い天麩羅と蕎麦だった。ただし、次回は大盛りぐらいにしておこう。

I-Naba South Coast

Address: 2901 W. MacArthur Bl., #108,
Costa Mesa, CA 92704

Telephone No.: (714) 751-6201

Business Hours: Lunch
11:30am-2:00pm (Tue-Fri)
11:30am-2:30pm (Sat & Sun)
Dinner:
6:00pm-10:00pm (Tue-Fri)
5:30pm-10:00pm (Sat)
5:30pm-9:30pm (Sun)
by gomanis | 2006-07-14 15:29 | 美食


<< Arrowood 勝ちパターン... 富臨(China Max) >>