人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2008年7月21日(月)ギリシャの料理について

2008年7月21日(月)ギリシャの料理について_a0064654_324729.jpg2008年7月21日(月)ギリシャの料理について_a0064654_3245839.jpgギリシャに4日滞在したら、その料理の傾向が見えてきた。

まず、全体のレベルだが、かなり高いと思う。食べた料理、すべて美味かった。特にやはりシーフードが美味い。たとえばPlaka Giolocosという店で食べた昼食メニュー。前菜が、イカフライ、蛸のソテー、小エビをボイルしたもの。イカフライは、世界中、どこにでもあるFried Clamariだが、ふわっと揚がっていて美味い。蛸は固く焼きあがっており、歯ごたえが良い。海老が泣けた。薄桃色の小指ほどで皮付、頭付で皿に盛られている。これにレモンを絞って食べるのだが、ほのかな磯の味が素朴で実によかった。フォークとナイフで頭だけはずし、胴体は皮ごとむしゃむしゃ食べる。美味い、美味い。いくらでも食べられる。

メインは、ロブスターと50センチぐらいはあろうかという巨大な魚を豪快に丸ごと焼いたもの。

2008年7月21日(月)ギリシャの料理について_a0064654_328711.jpg2008年7月21日(月)ギリシャの料理について_a0064654_326379.jpgロブスターは、蒸したものを食べやすいように縦に半分に切ってある。身は、ぷりぷりしている。褐色の脳みそも甘くてとろりとしている。メキシコ人を見ていたら、ミソは食べないようなので、美味いよと教えてあげたが、やはり嫌いだという。もったいないので、その人の分も食べさせてもらった。

魚は、白身で脂が乗っており、歯ごたえがある。そのままでも薄い塩味で美味いが、現地の人に教えてもらったのは、コップ1/4ほどのオリーブオイルにレモン汁を絞り、これをフォークでかちゃかちゃ混ぜて魚にかけて食べるもの。ギリシャっぽくてよかった。オリーブオイルが決め手なのだろうな。魚も、頭を誰も食べようとしないので、半分もらって頬肉などを堪能した。メキシコ人は、意外と魚の食べ方を知らないなという発見。

ギリシャは、サラダも美味い。どこでサラダを食べても、たっぷりのオリーブオイルがかかっている。身体にも良いと思うと、野菜をわしゃわしゃ食べるのも快感だ。

こういうものを毎日食べていると、どれも美味いのだが、一方、恋しくなるものがある。
チリだ。ロブスターも白身魚も、酢漬けの唐辛子があったらどんなに美味いだろうと思った。酢漬けがなかったら、生の唐辛子を刻んで醤油に落としても良い。ギリシャでは、スパイシーなソースは一切使わないようで、どの店で聞いても、たいてい置いてあるのはタバスコぐらい。これが残念といえば残念だった。

ステーキ、豚肉のBBQなども食べる機会があったが、やはり、どれも味は淡白だ。胡椒もごくごく控えめ。あるいは、まったく使っていないのかもしれない。
ワインは、白は、シャルドネとローカル種のブレンドが多いということだが、ソービニョンブランのようにフルーティーなものが主流。これは、これで美味い。赤は、スムーズで飲みやすい。淡白な料理に合わせてワインも発達したのかもしれない。
2008年7月21日(月)ギリシャの料理について_a0064654_323570.jpg
by gomanis | 2008-07-22 03:28 | 美食


<< 2008年8月16日(金) チ... クレタ島 >>