人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2010年11月 宮里藍ちゃんのファンになってしまいました

2010年11月 宮里藍ちゃんのファンになってしまいました_a0064654_13305120.jpg
とあるきっかけでLorena Ochoa杯LPGA tourプロアマに出ました。前日の発表を見ると、なんと宮里藍ちゃんと一緒の組。なんという幸運であろう。

実は、このプロアマ、上田桃子が出るという可能性も直前まであり、僕は、そちらを希望していた。そして宮里藍は、ある人から、とても愛想が悪いという評判を聞いていたので、一緒の組と聞いたとき、正直、一抹の不安も感じたのだった。

ところがどうであろう。ティーグラウンドで顔を合わせるなり、向こうから、例の甲高い声で「こんにちはー!」と笑顔で声をかけてきたのだ。不安は一瞬に吹き飛び、好感度200%アップである。藍ちゃん、小さい。身体全体が小さいだけでなく、顔が小さい。そして歯が白い。笑顔が、かわいい♪ 

5時間半のラウンドの間中、話す機会がたくさんあった。ほかのプレイヤーに気を使いながらも、やはり日本語で話せる特権で少しよけいに話ができた。礼儀正しく、芯のしっかりした女性であった。思うに、前述の愛想が悪かったというのは、彼女が米国ツアーに参戦したルーキーの年。それから5年、プロとしてファンサービスも仕事のひとつとしてこなせるように成長したということなのだろう。

身近で彼女のショットをたくさん見た。小さな体躯から繰り出される1打1打を、文字通り、息遣いの感じられるほどの距離で眺めていると、20歳かそこらで米国ツアーに飛び込み、生活を賭け、未来を賭けて戦ってきた人の5年の歳月の重みをまざまざと感じた。

メキシコのおっさんが、テキーラ片手に飛ばすくだらぬ冗談に合わせて笑いながらも、明日からの本番に、真剣に照準をあわせプレッシャーと戦い始めているのだろうな、と思った。

頑張れ、藍ちゃん。これからは応援します。
2010年11月 宮里藍ちゃんのファンになってしまいました_a0064654_13242945.jpg
# by gomanis | 2010-11-11 13:25 | ゴルフ

2010年11月7日 Yoshi、O田登場

爆裂のYoshiと、昔中国で一緒に苦労したO田君が、出張でメキシコに来た。大勢でのビジネスディナーの後は、2人を誘って我が家で飲みなおし。カミサンには来宅の可能性は伝えてあったが、僕が2人に急に家に泊まれと言い出したものだから、ベッドメイキングやらタオルの準備やらでにわかに忙しい思いをさせてしまった。

2010年11月7日 Yoshi、O田登場_a0064654_13275623.jpg2010年11月7日 Yoshi、O田登場_a0064654_13273334.jpgでも、旧知の2人とカミサンと4人で呑む酒は格別に旨かった。Don JulioのAnejoはブランディーもかくやと思わせるほどの上品な熟成のでき。昔話や近況報告などで話が弾む。気になっていたYoshiの長野単身赴任の様子も、聞けばそれほどストレスになっていないようで一安心。年末のフロリダゴルフ合宿に誘うと、結構乗り気。ぜひJunちゃんと相談して参加を決断してください!!

マニスもYoshiを覚えていたようで(ほんとか?)嬉しそうだった。

2010年11月7日 Yoshi、O田登場_a0064654_13281077.jpg
楽しく飲んだ日の翌朝は、ラーメンで喝!を入れ、3人で仲良く出勤だ。
# by gomanis | 2010-11-10 13:29 | 美食

2010年9月4日(土)~7日(火)第3回爆裂東海岸NJ編 vol.2 ゴルフ

 2010年9月4日(土)~7日(火)第3回爆裂東海岸NJ編 vol.2 ゴルフ_a0064654_1385870.jpg
ま、正直言って、えへん、と威張りたい気持ちだ(笑)。元祖爆裂の名手、Yっしー、Mオ君を抑えてのベスグロだからね。3日間のスコアが89,81,88と1度も90を叩かなかったのも嬉しい。実は、昨年12月の第2回爆裂東海岸戦も88,89,88だったので、これでこのコンペは、6R連続で80台をキープしているのだ。今回は、特に2日目の81が光る。

この日は、爆裂NJとの合同コンペであったことは前回書いた。ここで、ご当地一番の名人であるNKさん(写真左端、左2は元祖爆裂のY子さん、右2はNJの美人妻E子さん)と同じ組で回ることができた。H/C4!のNKさんと回ると、たくさん学ぶものがあるだろう、とユミちゃんが配慮してこういう組み合わせにしてくれたのだ。ありがとう!

気さくで優しい人だよー、との前評判をH家の2人から聞いてはいたものの、やはりH/C4というからには、ゴルフに対してはものすごく厳しい態度で臨んでいるんだろうなーといささか緊張して初対面の挨拶。ああ、NKですー、今日はよろしくお願いしまぁす。と若干関西訛りのとても暖かい感じの話し方にほっとする。女性2人と合計4人で回るが、この方は、なにしろ他人のプレーに対して肯定的なことしか言わない。ちょっと当たりが悪くても、大丈夫、大丈夫、パー5だから。バンカーに入っても、大丈夫、大丈夫、寄せワン行きましょう、てな感じだ。褒めて育てるタイプの名人なのだ。Yっシーによると、零度を切る真冬でもラウンドを続ける本当に根性の入ったゴルファー夫婦らしい。

で、この方のゴルフだが、一緒に回った人にしかわからないだろうが、感動します。身体は、僕とそう変わらない。少しがっちりした程度か。トップは小さく、所謂標準的なボディーターンのフォームではない。しかし、インパクトから少し先にかけて更にスピードが上がる感じで空気を切るようにヘッドが高速で駆けぬけていく。低いティーアップから打ち出された球は、シューっ!と音を立てながら飛び出し、少し先でビュン、ビュンと2段階ぐらい加速して更に高く舞い上がる。幸い、丸一日観察する機会に恵まれたが、どのショットも基本は同じ。コンパクトで軽く振っている(ように見える)のだが、ヘッドがすごいスピードで走ってビシッと叩かれた球は青空高く駆け上がり、狙ったところにトン、と落ちる。パー5は、1ホール除いてすべて2オン、しかも2打目は、4Iか5Iだ。聞けば、お歳は僕より3つも上。かなわないなー、と感服すると同時に、僕も練習してああいう球を打ちたいと思うことしきりだった。

逆にこれだけ技量の差があるので、僕は、却って自分のゴルフができた。基本はボギーオン、運がよければ1パットでパーというゴルフだ。それでも短いコースだったので、パーオンも8回、ラッキーバーディも2個あって、39+42=81というかなりできすぎのスコアで上がることができた。

次回の爆裂東海岸第4戦、ライバルたちは、万全の調整をして帰ってくるに違いない。負けてはいられない。僕もNKさんのようなショットを身につけて勝負勝負!だ。
# by gomanis | 2010-09-15 13:13 | ゴルフ

2010年9月4日(土)~7日(火)第3回爆裂東海岸NJ編

2010年9月4日(土)~7日(火)第3回爆裂東海岸NJ編_a0064654_13303156.jpg
人生感謝することはたくさんあるが、こうも楽しい旅ができると、いろいろな人や様々なことへの感謝で胸が一杯になる。アメリカのLabor dayの休みに合わせて行って来たNew Jerseyゴルフツァー、いやぁ、本当に楽しかった。マイアミから行ったO家と一緒にNJ在住のH家に泊めてもらい、3ラウンドのトーナメントだ。

9月4日(土):爆裂東海岸(6名)コース:Farmstead golf course
9月5日(日):爆裂合同会(16名)コース:The Architect Golf Club
9月6日(月):爆裂東海岸(6名)プラス2名:Sunset Valley Golf Course

というラインアップ。

まずはホストになってくれたYっしー、Yumiちゃんに大感謝。空港の送迎から始まってすべての移動の足、滞在中の食事、おやつ、酒盛りまで、至れり尽くせりのおもてなしをしていただいた。また、ゴルフも全部手配してもらい、こちらは、ただキャディーバッグを車に積んで、ティーグラウンドに立つだけ。なんという贅沢だろう。

また、こうやって集まったH家、O家の皆さんにも心から感謝。前も書いたが、せっかくできた爆裂の縁、大事にしたいし、皆、この縁を大事にしてくれる、それがありがたい。

今回のツアーを一層楽しくしたのが、上記2日目の爆裂合同会と称する大コンペだった。なぜ合同会というかというと僕らいわゆる元祖爆裂ゴルフの面々とNJ在住の爆裂東海岸の方々の合同コンペだったのだ。サンディエゴからNJに移ったトムともさんが東海岸で結成したのが爆裂東海岸の会。H家は、元祖でもあり東海岸でもある。コンペの打ち上げで、青い空と目に沁みる深緑の山を眺めながら、2004年にサンディエゴで産声を上げた爆裂の輪が、時空を超えて広がったのだ、と感慨深いものがあった。

皆、心優しく礼儀正しいゴルフ狂で、事後のメールでのお礼のやり取りがまた暖かいこと。12人ものそんな人々とお知り合いになれたこと、これまた感謝だ。この人たちは、リップサービスでまた会いましょうとかマイアミやメキシコへ行きますと言っているのではない、と確信した。ほんとうにまた会える気がする。いいなぁ、ゴルフ。

そして、もちろん天にも感謝。三日間、よく晴れてくれました。
考えてみると、皆、健康で時間が作れてたまの贅沢をするぐらいのお金があってと、いろいろなことが重なり合って実現したことなのだ。これが一番天に感謝すべきことなのかな。

いち早くブログをアップしたユミちゃんに元祖爆裂の何人かがコメントしている。本当に羨ましそうだ。そりゃそうだ。僕が逆の立場だったら、それこそ居ても立ってもいられないだろう。
次回は、12/29,30,31ぐらいにマイアミ集合です。日本の元祖組もNJ組もサンディエゴ爆裂蟹組もみんな歓迎です。もっと輪を広げましょう!!

ゴルフ編、食べ物編と続きます(ホントか!?)。
# by gomanis | 2010-09-11 11:29 | ゴルフ

2010年8月1日(日) 重慶火鍋

2010年8月1日(日) 重慶火鍋_a0064654_19221880.jpg去年の年末、マイアミの中国スーパーで買った重慶火鍋の素をついに開封するときが来た。などと書くと大げさだが、なにせ相手は重慶火鍋、食べたいような、ちょっと及び腰になるような微妙な間合いなのである。それはなぜかというと10年前に中国を離れて以来、すっかり辛いものに弱くなってしまったからだ。舌は、辛いものを欲しているのだが、下のほうがね、なんと言うか、、、次の日ね、つらいものがある、時が多い。ということで、翌日は一日オフィス、という日を選び、決行となった次第だ。

袋を開けてみると、暗赤色の火鍋の素が入っている。つーんと鼻を刺す刺激臭。おー、来てる、来てる。鍋に空け、指示通り鶏がらスープ1リットルと水500ミリリットルで薄める。白いスープに溶け出した火鍋の素が、渦を巻くように鍋の表面を赤く黒く染め上げ始める。具を解凍しながらスープが煮立つのを待つ。

ぐつぐつ言って来た。でかい唐辛子が5.6本、スープの中で踊っている。しかし、怖いのはそれ以外の、スープの全域に広がる唐辛子の種、山椒、その他得体の知れない香辛料の数々。カミサンと鍋を前にして対策を協議。やはり、このままでは無理だろうという結論になり、灰汁取り用の細かい網を使って危険物の撤去に取り掛かる。掬ってみると出るは出るは、小皿に二つほど、唐辛子の種を主とする激辛のもとが取れた。これでOK.

2010年8月1日(日) 重慶火鍋_a0064654_19221881.jpg食卓に移って煮ながら食べ始める。具は、メキシコの中華食材店でカミサンが見つけてきた魚肉ボール、椎茸入りの豚肉ボール、それに普通のスーパーで買ってきた豚肉、レタス、きのこ、水菜、香菜。お椀に香菜と胡麻油を入れ、これに浸しながら食べる。スープは、唐辛子類をかなり摘出したにもかかわらず、十二分に辛味が染み出していて、味はなかなか本物に近い。ボール系の具材も豚肉も旨い。ビールをぐびぐび飲みつつ舌鼓を打つ。野菜類は、スープをたっぷり纏うので、辛さがもろに来るが、頑張って食べた。

舌がひりひりしてきたあたりで、最後にうどんで〆る。うーん、うどんを食べてみると、相当塩辛かったことがわかった。市販の鶏がらスープが塩気がきつすぎたのだな。

次回は、やはり羊肉を捜してきて入れよう。火鍋はやはり羊肉に限る。それと鶏がらスープは、メイドに言って、塩分なしのものを作ってもらおう。

さて、翌日だが、危険物除去の甲斐あって、もう二度と食べませんごめんなさい状態までには至らなかった。めでたしめでたし。
# by gomanis | 2010-08-07 19:24 | 我が家の食卓